トップナイフ 8話あらすじ&感想 左腕を恋人だと思い込む患者!

 

はじめに

前回では、人の顔の部分が誰のものなのか識別できない状態のエステサロンの経営者・祥子。

瑤子は彼女を“相貌失認”と診断して付き添うが祥子は何者かにつきまとわれていて…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 前回では、ドッペルゲンガーが見えるという東都総合病院にいた元医者の大澤卓司を西郡が診察した。 だが、大澤はもう...

【トップナイフ 8話】あらすじ

幸子(広瀬アリス)が担当する脳出血の患者・前川(金田明夫)は、麻痺した腕を他人の腕と思い込んでいた。

いわゆる“エイリアンハンド”と診断され、さらに左腕を擬人化し「愛する若い女性」と言い出す。

前川の目には確かに自分の左腕が若い女の姿に見えている様子。

献身的に介護をしてきた前川の妻・ 純子(原日出子)はたとえ幻覚であっても若い女にうつつを抜かす夫の裏切りに、ショックと怒りを感じる。

一刻も早く手術をする必要がある前川だが、純子は夫への復讐なのか、手術の同意書を拒絶するのだった。

深山(天海祐希) を頼ろうとする幸子に、今出川(三浦友和)は珍しく厳しい口調で自分で同意書を取るよう叱咤する。

今までにない今出川の剣幕に焦りを感じて純子を説得しようと試みる幸子。

しかし、長年の夫婦関係で、前川に抱く純子の複雑な心情を前にした幸子はかける言葉が見つからなかった。

脳外科に来てからの3ヶ月間、全く結果を出せていないことを人知れず悩んでいた幸子。

彼女は、犬飼(福士誠治)や真凛(森田望智)の励ましを受けながら、前川にもアプローチするものの…。

そんな中、病院に深山の別れた夫・沢城(小市慢太郎)とその妻・薫(酒井美紀)が訪れる。

深山の元に家出したまま戻ってこない娘・真実(桜田ひより)を心配する沢城。

ようやく真実と打ち解けてきた深山は複雑な心境で対応する。

一方、近い将来アメリカに戻る予定の黒岩(椎名桔平)は、姿を消した保
の母親を探すがなかなか見つからない。

心を開かない保との関係にも手を焼いていたのだったーー。

【トップナイフ】キャスト&スタッフ

原作:林宏司『トップナイフ』

脚本:林宏司

演出:大塚恭司、佐久間紀佳、茂山佳則

出演者:天海祐希、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和

音楽:横山克、鈴木真人

エンディング:JUJU 「STAYIN’ ALIVE」

チーフ・プロデューサー:池田健司

プロデューサー:鈴木亜希乃、茂山佳則

制作:AX-ON(協力)

製作:日本テレビ

【トップナイフ 8話】感想&考察

黒岩は保の母親が見つからずに困っていた。

瑤子と真実はやっとできたふたりだけの親子の時間を楽しんでいたが家に連絡しようとはしなかった。

前川の妻の純子に犬飼が“エイリアンハンド”だと説明した。

エイリアンハンド症候群(Alien hand syndrome)とは、自己の意思あるいは意図とは無関係に上肢が動作するなどの運動障害である。

前川の場合、左腕に麻痺が残ったが脳がそれを認識できずに若い女性だと思い込んでいると瑤子は話す。

前川は幸子が担当することになり幸子は同意書を渡しにいった。

だが、純子は手術には同意しないと頑なに拒んだ。

エレベーターで黒岩と一緒になった瑤子は担当するオペが終わったらアメリカに行くと黒岩は話す。

瑤子は元夫と再婚相手の薫が現れて真実が家出したと伝える。

幸子は手術を拒否されたことを犬飼と真凛に伝えて前川が亭主関白で苦労させられたからその恨みだろうと幸子に告げる。

熟年夫婦って一緒にいるうちにそうなっちゃうのか、怖いね(・ω・`)

本人に同意書を書かせようとした幸子だが、前川はまだ恋人だと思い込んでいた。

純子が病院を訪れて急に同意書にサインすると幸子に伝える。

前川の病室にきた純子は“ヤマモトアツコ”という名前を聞いて顔色が変わった。

同意書にはサインしないとまた心変わりして”復讐”だと瑤子と幸子に告げて帰っていった。

復讐って一体どういうこと、”ヤマモトアツコ”って誰なの?

前川は今もアツコの妄想に取り憑かれていた。

幸子は今出川に本当は病理医になりたかったと告白する。

生身の人間を相手にするのはわけわからないと幸子は言うが、今出川は矛盾を抱えているのが人間だと教える。

人間を相手にするのが怖いという幸子の考え、少しわかる気がするな(*´∀`*)

黒岩は家で保の面倒を見て慣れない子どもの世話にとまどっていた。

幸子は病院に泊まりこんで海外の論文を読み込んでいて解決策を見つける。

前川の耳に冷水を入れて三半規管に刺激を与えて症状が和らぐことを発見して幸子はそれを今出川に伝える。

その時、純子が病院にきて今出川と話をして「人は、どうして人を好きになるんでしょうね?」と今出川に尋ねた。
 
幸子は前川の病室にきてアツコのどこが好きなのか聞く。

すると、前川はアツコのことを楽しそうに話しはじめて幸子は冷水を前川の耳に入れる。

突然前川は取り乱して急に元に戻ったがまたすぐ妄想にふけってしまう。

純子に駆け寄った幸子はアツコの正体が純子だということに気づいた。

“純子”は”アツコ”とも読み前川と出会った時のことを話しはじめる純子。

純子は前川にアツコという名前を伝えたが付き合いはじめてからも前川がふざけて”アツコ”と呼んでいたと懐かしそうに幸子に話す。

でも、今の前川のことは好きではなく純子は昔の思い出のまま過ごさせてあげたいと思っていた。

前川は手術をすることになり幸子は夫婦って不思議ですねと瑤子と今出川の前でつぶやいた。

日本に残ることに決めた黒岩は今出川に伝えて家に帰る。

その頃、「Bar カサブランカ」では幸子は来島の元カノを見て動揺していた。

一方、瑤子と西郡は今出川のオフィスにきて今度入院してくる患者は今出川の奥さんなのかと尋ねた。

今出川は瑤子たちに治してほしいと瑤子と西郡にお願いした。

今度の患者は何と今出川の奥さん、どうなることやら⁉︎

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『トップナイフ』第8話では、前川という患者が突然左腕を自分の恋人だと思い込んで担当の幸子は慌てる。

何とか手術の同意書を書いてもらえないかと前川の妻の純子に頼むが頑なに断り続ける。

だが、その恋人が純子だったことが判明して夫婦はやり直すために手術をすることを決断する。

第9話では、今出川の妻が入院してきて瑤子たちは対応に追われる。

瑤子は娘の真実を家に帰そうと説得しようとするが…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする