ランチ合コン探偵 8話あらすじ&感想 エレベータの謎とゆいかの過去

はじめに

前回では、ゆいかと麗子は経理部の部長の亀田の家で鍋合コンにすることになり亀田の知人の本間に亀のピースが命を狙われている話を聞く。

ピースは金持ちの老婦人のペットでピースの面倒を見れば遺産の3000万が手に入るという話をゆいかは本間から聞かされる。

その女性の子ども達3人が本間に遺産を受け取らせないためにピースの命を狙っていると本間はゆいかに話す。

果たしてピースの命を狙ったのは誰なのか?

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 前回では、ゆいかは予備校の数学講師の勝俣から窓に置かれたぬいぐるみの謎の話を聞かされる。 いつものようにゆいか...

【ランチ合コン探偵 8話】あらすじ

ゆいか(山本美月)が通う心療内科の医師・律子(知念里奈)と、合コン場所に必ず現れる謎の男・龍之介(坂口涼太郎)につながりがあると知った麗子(トリンドル玲奈)。

ゆいかが心配でならない麗子は、桜井(瀬戸利樹)に相談する。

桜井は麗子から、志乃(手塚理美)も関係していると聞き、心当たりを調べることを約束した。

麗子は、合コンをして龍之介をおびき出そうと考える。

ゆいかと麗子は、とあるイタリアンレストランでランチ合コンをする。

今回の相手は、食品会社に勤める谷川と松尾。

2人とも感じの良い男性だが、麗子は合コンモードを封印して龍之介がいつ現れるかと待ち構える。

谷川は、会社で起こる“七不思議”の話を始める。

谷川たちの会社のビルで毎晩、誰も乗っていないエレベーターが最上階まで上がって停止しているのだという。

最上階には屋上に出る扉があり、その扉は開け放たれた状態になっていた。

ゆいかはこの謎に興味を持ち、詳しく事情を聞く。

約1ヵ月半前、谷川たちの会社の営業部員・武田が会社の屋上から飛び降り自殺した。

武田は上司の営業本部長・北條からパワハラを受け、精神的に追い詰められた末の自殺と見られた。

武田の死後、北條は役員に昇進。北條の昇進が決まった翌日から、エレベーターがおかしな動きを始めた。

しかも、エレベーターが最上階で停止し、屋上への扉が開け放たれているという状況は、武田が自殺した時とまったく同じだった。

社員の間では、北條を恨む武田が幽霊となってエレベーターを動かしているのではないかと言われていた。

ゆいかが推理を深めるうち、ランチはデザートへ。しかし、龍之介は一向に現れない。

罠を張っていたつもりの麗子は、次第にあせり始めていた。

エレベーターを動かしているのは、本当に武田の幽霊なのか? 

武田の自殺の真相とは?

そして、ゆいかの過去をめぐる秘密は、龍之介から明らかにされるのかーー!

【ランチ合コン探偵】キャスト&スタッフ

原作:水生大海 『ランチ探偵』 『ランチ探偵 容疑者のレシピ』

脚本:阿相クミコ、守口悠介、赤松新

監督:菊川誠、朝比奈陽子

出演者:山本美月(天野ゆいか)、トリンドル玲奈(阿久津麗子)、瀬戸利樹(桜井健斗)、池谷のぶえ(小島和子)、坂口涼太郎(鈴木龍之介)、金井浩人(吉川颯太)、平田雄也(北村和馬)、知念里奈(白石律子)、木村祐一(亀田広)

音楽、仲西匡

エンディング:つぼみ大革命 「恋愛ランチ」

チーフ・プロデューサー:前西和成

プロデューサー:沼田賢治、斎木綾乃、森安彩、久松大地

制作共同テレビ:(制作協力)吉本興業

製作:読売テレビ

【ランチ合コン探偵 8話】感想&考察

嘘とつかない人間はいない、ゆいかはそう語り今回の事件にも隠された嘘があるといって話しはじめる。

ゆいかは経理部にはきていなくて麗子は心配で桜井に相談した。

龍太郎がスパイだったことを知りその話を聞いていたゆいかの前でとっさにごまかした麗子。

麗子はランチ合コンをして龍太郎をおびき出そうとする。

イタリアンレストランでランチ合コンをすることになり膳菜フーズ宣伝部の谷川恵一と営業部の松尾史郎と会う。

麗子は辺りを見回したが龍太郎はいなくて合コンどころではなかった。

谷川は麗子のことを気に入り麗子に積極的になっていた。

会社の一階の店の味が落ちていると会社の社員たちが噂になっていた。

会社の噂にはエレベーターの謎があって屋上までひとりでに上がるというものだった。

そして、営業部の武田が屋上から飛び降りて自殺をした話をして営業部本部長の北條からのパワハラが原因を思われた。

パワハラも今問題になってるからこういう上司の下で働きたくないな( *`ω´)

遺書もなくて本当の原因はわからないと谷川はゆいかに伝える。

エレベーターが動き出す二週間前に北條が出世してその時からエレベーターが動き出したとの噂だった。

武田が飛び降りるのを見ていた目撃者の女性が間違いなく自殺だったと証言した。

会社の一階のレストラン「ピエモンテ」のマスターも目撃していた。

会社の監視カメラにも怪しい人物は映っていなかった。

麗子は龍太郎に聞こえるように本当に武田は自殺したのかなと大きな声で言って麗子は龍太郎に取り調べをした。

龍太郎を尋問してある方の命令で動いていて真実を知ったらゆいかにも自分にも危険が迫ると言ったがそれ以上は聞き出せなかった。

麗子は席に戻りゆいかはエレベーターの謎が解けたとみんなに伝える。

人間は知られたくないことを隠すためにカモフラージュをして人の目をそらそうとするとゆいかは語る。

武田が自殺したのは本部長の北條のせいだと社員に思い込ませようとするのが犯人の目的だと話す。

「ピエモンテ」のマスターがエレベーターを動かした犯人だと谷川たちに言い謎を解くには一人足してみるのが重要だと告げる。

その一人はA子(仮)でA子は武田の恋人だとみんなに言い武田はストレスを抱えながらも彼女のために一生懸命仕事をした。

しかし、マスターとA子が浮気しているのをたまたま目撃してしまって精神的ショックが限界にきた。

そして武田は屋上から飛び降りたのだと自分の推理を話し終えた。

A子は社員にマスターと浮気していたことを隠すためにマスターを協力した。

A子とマスターは武田が自殺したのは北條のせいだと社員に思い込ませようとした。

ここまでしたのはA子に新しい恋人ができたと谷川と松尾に告げる。

A子は新しい恋人と「ピエモンテ」のマスターを会わせたくなくて意図的に武田の嘘の噂を流したとゆいかは話す。

そのA子というのは松尾と付き合っているリカという女性だと松尾に伝えて松尾はショックを受けて店を出る。

谷川はたとえつらい真実でも知った方がいい、その話を聞いた麗子はゆいかに真実を知りたいとゆいかに尋ねた。

麗子と桜井は律子のクリニックを訪れてゆいかの記憶のことについて聞いた。

だが律子は”パンドラの匣”を開けることになると麗子と桜井に忠告した。

麗子と桜井は真実を聞き出せなかったとゆいかに謝って桜井は幼馴染の「あーちゃん」からもらった石をゆいかに見せた。

その石を見たゆいかは「この謎は大き過ぎます、解きたくありません!」と動揺して店を出て行った。

一方、麗子は和馬に呼び出されて婚約破棄したことを話して麗子に話したいことがあると伝えた。

ゆいかの過去の記憶とは果たして何なのか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『ランチ合コン探偵』第8話では、ゆいかはひとりでに動くエレベーターの謎に挑み、麗子はゆいかにつきまとっている龍太郎の正体を探ろうとする。

龍太郎と律子はゆいかの過去のことを知ると危険が迫ると麗子たちに忠告してゆいかに過去何があったのかはわからずじまい…。

第9話では、”神隠しの謎””スポーツジムの盗難事件の謎”にゆいかが迫るがゆいかはいつものような推理力を見せることができないでいた。

果たして盗難事件とゆいかの過去の謎を解くことはできるのか?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする