恋はつづくよどこまでも 7話あらすじ&感想 金持ちのライバル上条登場!

はじめに

前回では、みおりという恋のライバルが現れて七瀬は浬は自分には釣り合わないんじゃないかと心配していた。

大阪に出張することになった浬を尾行して流子が気を利かせてホテルの同じ部屋で二人は泊まることになってしまい…。

七瀬と浬の恋の行方がすごく気になる💗

⬇︎前回のあらすじはこちら

【恋はつづくよどこまでも 6話】あらすじ 循環器内科のナースステーションで、佐倉七瀬(上白石萌音)の予定をあけてほしいと頼んだ...

【恋はつづくよどこまでも 7話】あらすじ

天堂浬(佐藤健)の元恋人の妹・若林みおり(蓮佛美沙子)が天堂に告白した。

それを見た佐倉七瀬(上白石萌音)は自天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった。

みおりの告白を目撃し、不安な胸中を天堂や流子(香里奈)に打ち明ける。

そんな七瀬の気持ちをくみ取った流子は、天堂との遊園地デートを提案した。

七瀬は初めての遊園地デートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから宣戦布告をされた。

一方、日浦総合病院には、七瀬とひょんな出会い方をした上条周志が、VIP待遇で特別室に入院してくる。

七瀬の純粋な姿に好感を抱いた上条は、七瀬を専属で看病するように指名。

さらに、天堂が七瀬の彼氏だと知ると、まるで天堂を挑発するかのような行動を次々と起こしていたーー。

キャスト&スタッフ

原作:円城寺マキ 『恋はつづくよどこまでも』

脚本:金子ありさ

演出:田中健太、福田亮介、金子文紀

出演者、上白石萌音、佐藤健、毎熊克哉、昂生(ミキ)、渡邊圭祐、瀧内公美、吉川愛、堀田真由、香里奈、平岩紙、片瀬那奈、蓮佛美沙子、山本耕史

音楽:河野伸

エンディング:Official髭男dism 「I LOVE…」

時代設定
2015年 –

チーフ・プロデューサー:磯山晶

プロデューサー:宮﨑真佐子(編成)、松本明子

製作:TBSスパークル、TBS

【恋はつづくよどこまでも 7話】出演者の裏話

1第7話から清原翔が出演することが決定して、清原が演じるのは難しい症例の病を抱え、日浦総合病院に入院してくる上条周志。

男性ファッション誌の『MEN’S NON-NO」の専属モデルとして人気になった清原は、CMや映画、ドラマにも出演している。

そして、2019年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』でヒロインの奥原なつの兄を演じて一躍注目の的になった。

今も数々の作品に出演するほか、情報番組ではプレゼンターに就任するなど活躍の場を広げている。

そんな清原がこのドラマで演じる上条は七瀬と浬の関係を揺るがす存在になっていく!

清原はTBSのドラマには何度かゲストで出演していて、このドラマの現場はとても入りやすいと話した。

恋愛ドラマはあまり経験がなく新鮮な気持ちで眺めていると語る。

七瀬役の上白石萌音は誰にでも優しく気さくに接して礼儀正しくて育ちの良さが出ていたとコメントした。

清原翔は朝ドラの『なつぞら』でなつの兄の照男を演じて話題になって、僕もこの作品が大好きなのでまだ”てるお兄ちゃん”として見ています(*゚∀゚*)

【恋はつづくよどこまでも 7話】感想&考察

七瀬が泣いていたときに来生は彼女に抱きついて告白したが七瀬は動揺して帰っていく。

家に帰ってきた七瀬は浬の家を訪ねて浬に先生は自分とは釣り合わないと伝えたが今更何言ってんだと怒った。

七瀬は浬と遊園地デートすることになりはしゃいでいた。

来生と七瀬は病院で話をしてそれを聞いていた酒井は嫉妬して帰っていった。

酒井は来生のことが好きだから、七瀬とは恋のライバルか(・ω・`)

スカイツリーの前を歩いていると、七瀬は上条と会い彼は彼女と別れるために七瀬を恋人だと嘘をついた。

翌日、七瀬は特別室に呼ばれてそこには上条が入院していた。

上条は七瀬を専属にしてほしいと頼んで七瀬は浬に謝っていた。

七瀬の前で胸の痛みを訴えた上条は事あるごとにに七瀬を病室に呼んでいた。

差し入れを送ったり友達を病室に呼んだり子どもたちに寄付をしたりしていた。

七瀬は御曹司の上条のことを看護師仲間たちと話していて流子は上条の気持ちがわかると話す。

一方、上条は七瀬を独占していることを浬に謝り浬は入院中は不安になるから仕方ないとだけ言い去っていった。

デート当日、七瀬と浬はふたりでソフトクリームを食べて七瀬の口にクリームがつき浬はキスをした。

夜になり七瀬と浬が観覧車に乗っていると浬は固まっていて高所恐怖症だとわかり七瀬は笑っていた。

前に浬が七瀬と付き合うことは限りなくゼロに等しいと言っていたことを思い出して奇跡が起きたんだと浬に話した。

七瀬、浬と付き合うことになってよかった💖

病院で七瀬は上条からナースコールを受けて急いで病室に向かい病体が不安定だと小石川はみんなに伝える。

七瀬は上条に自分には何もないんだと言われて相応しい人間になればいいと上条に言われた言葉に救われたと七瀬は伝える。

この言葉が七瀬を救って今、上条を支えようとしている七瀬(^O^☆♪

浬が上条の病室に行くと上条は七瀬のことを馬鹿にして怒った浬は上条と取っ組み合いになる。

冷静沈着の浬もさすがに怒るな、でも上条も浬に嫉妬心があってこんなこと言ったんだろうな(´;ω;`)

七瀬は浬が風邪で寝込んでいると聞き急いで家を訪れて看病をした。

そこで浬は上条にやきもちを焼いていると気づいて七瀬は嬉しくてなって浬の手を握った。

翌日、浬が循環器内科にいると上条がやってきて患者への暴力と精神的苦痛を理由に訴えてきた。

上条に訴えられた浬、果たしてどうなってしまうのか?

まとめ

『恋はつづくよどこまでも』第7話では、七瀬と浬は遊園地デートをすることになりそこで浬の意外な素顔が明らかになる。

そして、上条という患者が特別室に入院してきて七瀬を専属にすると宣言した。

第8話では、浬が上条に訴えられたことで担当を外されることになりさらに病院もやめさせられるのではないかと七瀬は心配する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

【恋はつづくよどこまでも】前回のあらすじ 前回では、七瀬は初めての遊園地デートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする