絶対零度 8話あらすじ&考察 シーズン4 仁科たちを殺した犯人は? 

はじめに

前回では、ミハンが次に危険人物にはじき出したのは大手フィットネスクラブの社長・仁科紗耶香だった。

彼女は検出されない毒を裏ルートから購入していて井沢たちは早速捜査をするが、仁科は科学捜査研究所の主任研究員の真鍋を自分の犯罪を隠蔽するために殺した。

犯罪を防ぐことができなかった井沢たち、この後仁科は衝撃の展開に!

⬇︎前回のあらすじはこちら

【絶対零度シーズン4 7話】あらすじ ミハンルームで作業をしていた香坂(水野美紀)は、部屋を訪れた井沢(沢村一樹)に声をかける...

【絶対零度 8話】あらすじ

ミハンが探知していたものの、捜査できていなかった3人の危険人物が失踪していた。

地権者から土地をだまし取り、殺害しようとしていた不動産詐欺師。

借金を返せない相手に保険金をかけて殺そうとしたSNS闇金の経営者。

水上バイクで女性をひき殺した事故をもみ消したうえ目撃者の命まで狙った政治家の息子。


井沢(沢村一樹)たちの元へやってきた公安部部長の曽根崎(浜田学)。

彼はかつて、法で裁けない犯罪者を闇に葬っていたミハン捜査員の田村薫巡査部長の話を持ち出した。

田村の役目が引き継がれていると指摘する。

実は、井沢たちが逮捕することが出来なかった大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香(佐藤江梨子)も失踪していた。

凶悪犯が拉致され、殺害されている!

ミハンメンバーの誰かが一連の連続失踪事件に関わっているのか。

まるで井沢が犯人だと言わんばかりの口ぶりで話す曽根崎。

それに対して香坂(水野美紀)は、ミハンメンバーの中に殺人者がいないことを証明するために真相を突き止める、と宣言する。

3件の失踪者を調べると、彼らが拉致されたと思われる場所には、いずれも防犯カメラがなかった。

だがミハンは、ドライブレコーダーなど足を使った捜査で、犯人と思しき人間が映った画像を入手する。

その画像とミハンメンバーを歩容認証で照合してみる。

浮かび上がる意外な人物、犯人はいったい誰なのか?

そして、物語は未来の謎へと繋がっていく――。

キャスト&スタッフ

脚本:浜田秀哉

音楽:横山克

主題歌:家入レオ『未完成』

企画:稲葉直人

プロデュース:永井麗子、関本純一

演出:石川淳一、品田俊介、木村真人、小林義則

制作:フジテレビ

出演者:沢村一樹(井坂範人)、横山裕(山内徹)、本田翼(小田切唯)、森永悠希(吉岡拓海)、高杉真宙(篠田浩輝)、上杉柊平(北見俊哉)、マギー(早川誠二)、粗品(門田駿)、水野真紀(香坂朱里)、柄本明(加賀美聡介)

【絶対零度 8話】出演者の裏話

フジテレビ系ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』の出演者の裏話を明かす。

小田切唯とは真逆!失敗続きの本田翼

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』で小田切唯を演じている女優・本田翼。

捜査員役の本田が犯人と格闘するシーンは迫力満点だが、いざドラマを離れると失敗は多いようだ。

対人面では挨拶に難があり、本田は2月10日に都内で開催された「LINEモバイル」の記者発表会に出席した。

その席で本田は撮影現場にお偉いさんが来ても知らずに軽い挨拶をしてスタッフに注意されていたことを自ら告白した。

そして、2019年12月4日放送のバラエティ番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(日本テレビ系)に出演した本田。

その時にはカップ焼きそばを作る際に起きた失敗談を告白していた。

カップ焼きそばを食べようとした本田は湯切りをする前にソースを入れてしまった。

出来上がったのは超薄味のカップ焼きそばで本田だがそんな失敗も可愛いを僕は思う💖

霜降り明星・粗品、監督に怒られる

捜査一課の門田駿を演じている霜降り明星の粗品は2月23日に放送した日本テレビ系の『シューイチ』に相方のせいやとVTR出演していた。

そこで粗品は現在出演しているドラマの撮影秘話を明かした。

VTRでは、粗品がフジテレビ系のドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』に出演してさらにせいやもTBS系の日曜劇場『テセウスの船』に出演している。

2018年にM-1で優勝した霜降り明星の二人は現在俳優としても活躍して話題になっていた。

粗品はインタビュアーにドラマ初挑戦についての難しさを語っていた。

そして、一回監督に怒られた話しはじめて、取り調べのシーンの時に声を荒げた時に粗品がツッコむ時の手を出す動作をしていたと明かして、周囲の笑いを誘っていた。

霜降り明星も今やドラマに出演するようになってファンの僕としては嬉しいかぎりだな(*´∀`*)w

【絶対零度 8話】感想&考察

小田切は篠田と付き合うことになりミハンから呼び出され井沢たちとミハンルームに向かった。

そこには公安部部長の曽根崎がいて仕置人の田村の意思が受け継がれていることを伝える。

ミハンが感知した3人の危険人物が失踪したことを香坂は井沢たちに話す。

ミハンの情報が外部に漏れた可能性は低くミハンチームの中に犯人がいると曽根崎は疑っていた。

香坂はこの中に犯人がいないことを証明するために真相を突き止めることを決意。

井沢と吉岡は仁科が失踪した場所を突き止めようとしていた。

仁科のほかに失踪した3人は人の命を何とも思っていないような悪党だった。

山内、小田切、吉岡の3人はドライブレコーダーに何か映り込んでいるのではないかと考えてしらみつぶしに探す。

一方、井沢は町田が殺された現場に来ていた。

町田を殺した犯人はミハンの法制化を願っている人物だと井沢は香坂に考えを話す。

井沢はイノシシ退治のために仕掛けたカメラに何か手掛かりがあると香坂に伝える。

映像を確認したが顔は認識できず、歩容認証システムを使って人物を特定しようとした。

ミハンメンバーの歩容と照合したが誰も一致しなかった。

“歩容認証システム”なるシステムがあるなんて知らなかったなぁ(*´ω`*)

防犯カメラに一致する人物がいたが顔はわからなくて車がどこに向かったのか特定して早川と門田は仁科の遺体を見つけた。

井沢たちがミハンルームに行くと歩容データも防犯カメラ映像も消えていた。

法務省官僚の北見は吉岡が部屋にいるときに歩容データも防犯カメラ映像も消していたことが明らかになる。

加賀美は北見を追跡しようとしたが追跡できるデータはすべて消えていた。

北見は犯人を庇おうとしているのではないかとみんなに言い北見の部屋に向かった。

だが、北見はすでに逃亡したあとで加賀美が北見のデータを復元して昔北見はミハンと繋がりがあることがわかった。

北見はストーカー被害にあっている女性を助けてその男は北見にターゲットを変えた。

男が北見にナイフで襲い掛かったときにフードをかぶった何者かが北見を助けて男を階段から突き落として殺した。

北見がその何者かを庇っていると考えた井沢。

加賀美はある倉庫で男の子の写真を見ていたときに北見が加賀美に銃を向けた。

映画館で神経ガスをバラ撒いた事件のことを話して加賀美はその事件の現場にいた。

写真の男の子が今回仁科たちを殺した犯人のものだと僕は考える!

井沢が倉庫に駆けつけて北見を取り押さえて取り調べ室で北見のバックにいる人物のことを聞いた。

山内たちが調べたところによると北見はいくつものペーパーカンパニーに出入りしていたことがわかった。

化学物質を使って爆弾を作ろうとしていると気づいた井沢たちはペーパーカンパニーを出入りしている車両を調べた。

車両のある倉庫に向かった井沢たちは東京サミットでテロを起こそうとしていることが判明。

そのことを知った香坂は動揺していて取り調べ室に行き北見と話をした。

井沢がミハンルームに戻ると香坂がテロに関わっている証拠が見つかった。

そして東京サミット当日、井沢はサミットの会場に向かいその8時間後に香坂の死体の前に血だらけの井沢が立ち尽くしていた。

井沢はSWATを倒して逃走して曽根崎は井沢を射殺するように命令した。

ミハンルームに入ろうとした曽根崎の後ろに井沢が立っていて彼は曽根崎の首を掴み締め上げようとしていたーー。

まとめ

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第8話では、井沢は仁科たちを殺した犯人の捜査をしていて北見がその犯人の共犯者であることが判明。

北見が出入りしていたペーパーカンパニーには化学物質を集めていた形跡があって爆弾を作れるほどの量を集めていた。

第9話の最終章では、東京サミットで爆弾テロが行われると知った井沢たちは会場に行きテロを阻止しようとする。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

前回のあらすじ 前回では、ミハンが危険人物にはじき出したものの法では裁けなかった犯罪者を闇に葬っているのがミハンの中にいると曽...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする