シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 7話あらすじ&考察

はじめに

前回では、ショッピングモール爆破事件の真犯人が捜査一課のハブとマングースであることを暴いたミスパンダ。

だが、火を見たのをきっかけにミスパンダはリコに戻ってしまい直輝は驚いていた。

もとに戻ったリコはこのあとどうするのか気になるなー💓

⬇︎前回のあらすじはこちら

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・6話】あらすじ ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配された。 ミスパ...

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 7話】あらすじ

レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。

リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱した。

直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。

すべてを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。

さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。

彼女にとって、門田は恩人だった。

リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。

直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることになった。

リコは再び眠りにつき、レンが戻った。

レンは直輝と別れた悲しみに耐え、囲碁に打ち込む。


直輝は、門田を殺した犯人を突き止めるため、門田の自宅に潜入した。

門田の書斎には、激しく争った形跡があったが、犯人につながる手がかりは見つからない。

神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。

あずさは無事に発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていない。

当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。

神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の闇に関わっているのではないかと推理する。


一方、リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。

直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。

リコは直輝から「誰が犯人でも後悔しないね?」と告げられる。

ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ、犯人の正体に迫っていく――!

キャスト&スタッフ

脚本:佐藤友治、蛭田直美

演出:遠藤光貴

出演者:清野菜名(川田レン)、横浜流星(森島直輝)、山崎樹範(門田明宏)、吉田美月喜(東山楓)、中田圭祐(小園武史)、祷キララ(前川雪乃)、山口紗弥加(川田麻衣子)、佐藤二朗(Mr.ノーコンプライアンス)

エンディング:ビリー・アイリッシュ 「bad guy」

チーフ・プロデューサー:岡本浩一

プロデューサー:福田浩之、馬場三輝、千葉行利

制作:(制作協力)ケイファクトリー

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 7話】感想&考察

川田リコは記憶を取り戻して門田の記憶がフラッシュバックした。

門田に川田レンにしてほしいとお願いしてリコは催眠をかけられてレンになっていた。

リコは自分の姿を見て驚き直輝はもう一つの人格の“自意識を持たないモンスター”「ミスパンダ」と名前をつけたとリコに教える。

ここにいるのはあんたのせいだとリコは直輝を殴って門田のところに行こうとした。

すると、直輝は門田が殺されたことを伝えた。

リコはもう一度催眠をかけて”レン”になろうとしたが本当にこれでいいのかと直輝は尋ねる。

レンが幸せそうだと聞いて催眠でレンに戻ろうとしたら誰が門田を殺したのか気になっていた。

たった一人の恩人の正体を知らずに今まで生きてきたわけかー(・ω・`)

直輝の催眠でリコはレンに戻り直輝に別れを告げたことを思い出していた。

一方、神代はコアラ男の誘拐事件のことを調べていて佐島とコアラ男の交渉の記録がどこにも見つからないと直輝に伝える。

しかも、この事件を追うなと上から圧力をかけられたと直輝に報告した神代。

この事件にはとんてもない闇が潜んでいると神代が言っていたけど、世間の注目を集めるための佐島の自作自演だったりして(=゚ω゚)ノ

直輝は門田の家に忍び込んで荒らされた門田の書斎を見た。

佐島のもとを訪ねた神代はコアラ男の件について取材をした。

門田レンは囲碁の大会が終わり直輝に催眠をかけられて「ミスパンダ」になった。

ミスパンダこと”リコ”は直輝にあることを頼んで犯人をおびきだそうとした。

リコはパンダちやんねるで病院に潜入してそこで幽霊のようなものを見た。

リコに直輝は事情を話して門田のパソコンが派手に壊されているのに気付いて犯人はレンとリコについての報告書が目当てだと考えた。

だから、パソコンに報告書があるように見せて犯人をおびきだすと直輝は話す。

犯人がハンマーを持って病院にやってきてリコは犯人のフードを取った!

一体門田を殺した犯人は誰なんだ∑(゚Д゚)

フードの下は麻衣子でリコは驚いていた。

囲碁喫茶で春男は妻の佳恵にすべての事情を話す。

麻衣子にレンが本当はリコだと明かして彼女は門田のもとに来た。

彼女はレンのままにしてほしいと門田に頼んだが、門田は罪悪感からそれはできないと伝える。

門田は論文を発表したらレンの記憶を消去すると麻衣子に告げた。

その話を聞いた麻衣子は逆上して門田の背中を刺して殺した。

リコは麻衣子に顔をさらして必死に呼びかけていた。

だが、麻衣子は信じなくてレンと呼びかけてた。

火事の時、火をつけたのは麻衣子で彼女はリコを殺そうとした。

でもレンはリコを助けにきてリコはレンを見殺しにした。

麻衣子は直輝にリコの記憶を消してとお願いしたが直輝はリコのことを一度でも見ようとしたんですかと訴えた。

それを聞いた麻衣子は最初から一人ならこんな苦労をすることはなかったと直輝に話す。

麻衣子の前から姿を消したリコは誰からも必要とされないと直輝に告げる。

しかし、直輝はミスパンダは世間の人から愛されてるから君にもその可能性があると叫んだ。
 
誰からも必要とされていないと思っていたけど直輝はリコを必要としていたんだ…。

その訴えを聞いたリコは直輝の復讐を手伝うと約束した。

リコはレンに戻り門田を殺したのは麻衣子だと春男から伝えられる。

そして、コアラ男は”森島哲也”だとテレビで報道されて直輝は激しく動揺した。

そのニュースを見ていた佐島はパンダ男と会っていた時の記憶を思い出して「さあ、早くシロクロつけてくれよ」と呟いていたーー。

まとめ

『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う』第7話では、リコは門田を殺した犯人を直輝と探しに行った。

犯人はリコの母親の麻衣子であることが判明して麻衣子は警察に自首した。

そんな中、直輝はコアラ男の犯人が自分の父親だというニュースを見て衝撃を受けた。
 
第8話では、直輝は父親が本当にコアラ男なのかを確かめるためにレンをもう一度”ミスパンダ”にしようとしていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする