テセウスの船 6話あらすじ&考察 心、ついに真犯人と直接対決!

はじめに

前回では、タイムスリップして再び現代に戻った心は、記者で妻だった岸田由紀の橋梁を得て父親の無実を証明できる松尾からの連絡を受ける。

そんな中、木村さつきは心の姉の村田藍に「正体を知っている」と告げてある謀略に協力させる。

そして、心は突然松尾から証言はできないとの連絡を受けて松尾に証言をしてほしいと頼みにいくが…。

『テセウスの船』は中盤になって視聴率が上昇して犯人が誰なのかでネットは大盛り上がりψ(`∇´)ψ

僕も犯人が誰なのかすごく気になる💗

⬇︎前回のあらすじはこちら

【テセウスの船・5話】あらすじ タイムスリップした平成元年から再び現代に戻ってきた田村心(竹内涼真)。 心は、犯人を止め...

キャスト&スタッフ

原作:東元俊哉『テセウスの船』

脚本:高橋麻紀

演出:石井康晴、松木彩、山室大輔

出演者:竹内涼真(田村心)、榮倉奈々(佐野和子)、安藤政信(車椅子の男)、貫地谷しほり(田村鈴)、芦名星(佐々木紀子)、竜星涼(長谷川翼)、せいや(霜降り明星)(田中正志)、今野浩喜(徳本卓也)、白鳥玉季(佐野鈴)、番家天嵩(佐野慎吾)、上野樹里(特別出演)(田村由紀)、ユースケ・サンタマリア(金丸茂雄)、笹野高史(石沢秀夫)、六平直政(井沢健次)、麻生祐未(木村さつき)、鈴木亮平(佐野文吾)

音楽:菅野祐悟

エンディング:Uru 「あなたがいることで」

時代設定:1989(平成元)年1月7日 – 2020(令和2)年1月

プロデューサー:渡辺良介、八木亜未

製作:大映テレビ、TBSテレビ

【テセウスの船 6話】あらすじ

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)。

彼女が、木村さつき(麻生祐未)によって殺されてしまった。

姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑う。

だが、さつきの元に毒入りのジュースが届き、そして、事件を嗅ぎ回るなという警告がきた。

それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。

木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。

しかし、それは心を陥れる真犯人の罠であった。

そして、ついに真犯人から心に招待状が届いた。

心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

【テセウスの船6話】評判

第3話の放送を受けて”真犯人”探しが盛り上がりを見せてますます見逃せない展開になってきた日曜劇場『テセウスの船』。

その盛り上がり見せた『テセウスの船』が2020年1月29日に都内某所で「考察大会」が実施された。

参加したのはこれまで8000人以上の探偵を輩出した「ガル探偵学校」の生徒と、講師を務めるのは現役の探偵という推理のプロである。

探偵は職業柄素顔を公開できないので全員マスクとサングラスを着用という変わった光景での参加となった。

そして、会場には主演の竹内涼真も登場した。

さらにドラマプレゼンとして映画コメンテーターの赤ペン瀧川も登場した。

瀧川はドラマに登場する人物たちの「怪しすぎる行動」を得意の3分プレゼンで披露した。

会場には原作者の東元俊哉から届いた手紙も公開された。

それによると、主演の竹内涼真への労いの言葉とともに「ドラマは原作と犯人が違うと聞いています」という衝撃の事実が判明する。

僕もこの言葉を聞いたときに衝撃を受けて、原作では木村さつきの息子の木村みきおだった。

果たしてドラマでも木村みきおが犯人なのか?

僕も気になってつい考えちゃいますね♪( ´θ`)ノ

今後の展開がすごくきになるからこれからも心の行方を追っていきます❗️

【テセウスの船】視聴率上昇は女優・上野樹里の功績?

『テセウスの船』が中盤にさしかかって視聴率を伸ばしている。

ドラマは無差別殺人犯として逮捕された父親の佐野文吾(鈴木亮平)の事件の真相を息子の田村心がタイムスリップをして追いかけていく。

視聴率上昇が続き、その影の立役者と言われているのがこのドラマに特別出演をしている上野樹里。

上野樹里が演じる由紀はピンチに陥った心を幾度となく救ってきて、視聴者からは「上野がかっこよすぎ!」「爽やかすぎる!」と絶賛の嵐。

ただ、演技に癖のある上野樹里を特別出演させることに抵抗があった制作スタッフ。

原作では由紀は”やわらかい笑顔で慈悲深い女性”が上野樹里のイメージと果たして重なるのかが不安視された。

僕も『のだめカンタービレ』の時の彼女を見ているから”やわらかい”イメージはあまりないな(*´∀`*)

まあ今では『テセウスの船』の由紀もハマってきてドラマを食い入れように見てますけどね♬

そんな不安をよそに番組プロデューサーは上野を口説いて見事出演にこぎつけた。

NGなしの一発勝負!女優・上野樹里の底力

製作陣はいつ主役の竹内涼真が”主役食い”されるかわからない不安を抱えていた。

製作陣のそんな不安が的中したのか昨年末、事件の真相を究明するために武内と記者役の上野が被害者の集会に乗り込んでいくシーン。

その撮影で上野は、被害者から顔面にコップで水をかけられるカットの撮影をしていた。

そこでADは、「メイクや衣装を濡らしたくないから』と上野に言い”NGなしの一発勝負”を要求した。

そして幾度もリハーサルが行われて本番を迎えて、被害者役の俳優がコップの水を上野にかけると周りには緊張が走ったーー。

演出家の「はい、OKです!」の言葉とともに上野はガッツポーズをしてそのまま控室に消えていった。

周りのエキストラも唖然をしてみていたという…。

女優・上野樹里の底力を見た気がしましたね(*゚▽゚)ノ

竹内涼真も迫真の演技を披露しているから僕も一気に引き込まれていた💖

【テセウスの船 6話】感想&考察

心は病院から連絡があり鈴の意識が戻ったとの報告を受けた。

病院にやってきた心はさつきが松尾を殺したと証言していて鈴は必死に否定した。

音臼小事件の犯人が木村さつきじゃないかと由紀と鈴に話した。

自分に繋がる証言をさせないためにさつきは松尾を殺したと推理した。

心はさつきが運ばれた病院に向かいさつきの病室に行くとさつきは毒入りのオレンジジュースを飲まされて殺されていた。

このままでは犯人にされると思い病室から全力で逃げた。

心は真犯人にさつきが殺されたとつぶやき家に届いた封筒の中を見ると中には犯人が描いたと思われる絵が入っていた。

これは心への警告だと思ったが心は諦めようとはしなかった。

さつきの家に行くとみきおは心と由紀をさつきの部屋に連れて行った。

そこには犯人のものと思われる不気味な絵が飾ってあった。

そして、みきおは青酸カリの入った瓶を見せて真犯人を絶対に許さないと心に告げた。

心はさつきの手帳を見つけてみきおの聞いた目撃証言の男を探したが見つからなかった。

その時、心は文吾の弁護士から連絡を受けて文吾と面会する。

文吾は心に金丸が犯人に繋がる証拠をつかんでいたと伝えた。

そして、明音の首のあざが気になっていたと話したと文吾は心に話す。

その話を聞き心は金丸の部下の森刑事の家に行き明音の首のあざを確認した。

由紀が編集部に戻り心が聞き込みを続けると田中正志が怪しいという証言をえる。

田中の自宅に向かった心は田中の遺体を見つけて彼はすでに殺されていた。

そこに警察官が駆けつけてきて心は田中を殺害した容疑で連行された。

その事件をネットで見た由紀は田中のアパートの前の防犯カメラに不審な男が映っていると警察署に訴えた。

心は釈放されて家に戻って休んでいると郵便が届き封筒を開けると中には慰霊碑に明日の日付と“END”という文字が書かれていた。

さらに、目から血を流した男か慰霊碑の前に立っていた。

心はみきおに絵を見せてこれは犯人が自分を殺して音臼小事件のことを終わらせるって意味だと伝える。

犯人に会って決着をつけてくるとみきおに真剣な顔で伝えた。

心は自分がタイムスリップして事件を食い止めようとしたことを由紀に打ち明ける。

現代に戻って由紀と出会い救われたと心は由紀に告げた。

明日、事件に関わる重要なことがあると由紀に伝えて心は由紀のもとを去ろうとした。

去り際に由紀は「また、会えますよね?」と心に尋ねて心は黙ってうなづいた。

心が慰霊碑の前に立ったとき、何者かが後ろにきて心は振り返った。

そこにはみきおがいて真犯人を見つけたらどうするかと尋ねた。

心は犯人に自首されると話したが「それは無理だよ」とみきおは言った。

みきおはナイフで心の腹を切りつけてみきおは立ち上がっていた。

真犯人は自分だとみきおは告白して心を押さえつけて殺そうとした。

そう、明音の首のあざは小学生の時のみきおがつけたあざだったのだ!

その時、サイレンが鳴り心は事前に警察に自分が音臼小事件の犯人だと通報していた。

心はみきおが事件の犯人だと告白する会話をレコーダーに録音していた。

みきおはその場を立ち去り心が傷を負う中みきおを追おうとすると心は霧に包まれた…。

心はまた過去に戻り事件まで2日を切っていた。

急いで文吾のところに行きみきおか犯人だと伝えようとするとオレンジジュースが病室に置かれていた。

その頃、小学生のみきおは心が録音した自分の声を聞いていた。

僕はずっとみきおが犯人だと思ってた\(//∇//)\

だけど、医者をどうやって騙したのかが気になってしょうがない!

まとめ

『テセウスの船』第6話では、心はいよいよ真犯人に接近を試みて真犯人は何と木村みきおだった。

心はまた過去に戻ってみきおを止めようとするが…。

すごい展開になってきたな、次回は小学生のみきおが心の母に襲いかかる❗️

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする