アリバイ崩し承ります 4話あらすじ&感想 時計台殺人事件のアリバイ崩し

はじめに

前回では、時乃は善幸から”アリバイ崩し”ではなく”アリバイ探し”を依頼される。

ホステスの河谷純子のアリバイ探しを依頼して時乃は見事アリバイ探しをして犯人のアリバイ崩しも成し遂げた。

時乃(浜辺美波)の名推理に注目です!

⬇︎前回のあらすじはこちら

【アリバイ崩し承ります・3話】あらすじ ピアノ講師・河谷敏子が殺された…。 事件発覚の翌日、マッサージ店の店長・芝田和之...

【アリバイ崩し承ります 4話】あらすじ

「助けてくれ!」

美谷時計店の店主・美谷時乃(浜辺美波)のもとに、旅行中の那野県警捜査一課管理官・察時美幸(安田顕)から、緊迫した電話が入った。

聞くと、察時が宿泊しているペンションで殺人事件が起きたため、大至急、時乃にアリバイ崩しを頼みたいという。

時乃は初めての“出張アリバイ崩し”の依頼にはりきっていた。

とそのとき、ドライブデートの誘いにやってきていたボンボン刑事・渡海雄馬(成田凌)をそそのかしてペンションに向かい、そこで察時と合流する。

察時によると、ペンションの時計台で宿泊客の1人が遺体で見つかった。

地元刑事の稲葉茂男(デビット伊東)らは、察時を含めた宿泊客4人とオーナー夫妻の計6人を疑っているという。

しかも、被害者が殺害されたと見られる時刻にアリバイがないのは、将来の夢は警察官だという中学生・原口龍平(大西利空)ただ1人だけだった。

このままだと犯人扱いされてしまう龍平の夢を壊したくない察時

彼は、真犯人のアリバイを崩してもらうため、こっそり時乃を呼び寄せたのだった。

はたして時乃は、初めての“出張アリバイ崩し”を成功させて、真犯人を見つけ出すことができるのかーー?

【アリバイ崩し承ります】キャスト&スタッフ

原作:大山誠一郎

脚本:いずみ吉紘

監督:河合勇人、星野和成

出演者:浜辺美波、安田顕、成田凌

製作総指揮:横地郁英

プロデューサー:浜田壮瑛、山本喜彦

製作:テレビ朝日、MMJ

【アリバイ崩し承ります 4話】感想&考察

善幸が現場に駆けつけると宿泊客の男性がダンベルで殴られていて遺体で発見された。

時乃は善幸からの電話を受けて山梨のペンションの「時計荘」に雄馬と向かった。

地元の刑事の稲葉茂男は時乃と雄馬を見て怪訝そうな顔をした。

善幸は事情を説明して時計台で男性の遺体が見つかり第一発見者は善幸だった。

善幸も容疑者の一人で中学生の原口龍平が疑われていて彼の夢は警察官だった。

善幸はペンションで宿泊客みんなと顔を合わせて被害者の黒岩もいた。

食事が終わって善幸は龍平と警察官のことについて話した。

そのあと、夜中に黒岩が時計台に行くのを善幸と龍平が目撃していた。

その後黒岩は戻らず、部屋を出た善幸は宿泊客の野本と会いバーに行った。

翌朝になっても黒岩は帰ってこなくて心配になった時計荘のマスターの里見と時計台に向かう善幸。

そして、黒岩の遺体が発見されて凶器はそばに落ちていた鉄アレイだった。

足跡は黒岩のものと犯人がペンションに置いてあった長靴のものと二つあった。

善幸が窓の外を見ていた夜の11時10分以降に殺された可能性がありアリバイがないのは部屋で寝ていた龍平だけ。

雄馬は宿泊客に聞き込みをして時計台には窓もなく鍵もかかっていなかったことを確認した。

雄馬は父親の秘書が警察から聞き出して得た情報を善幸と時乃に話す。

黒岩は偽名で正体は特殊詐欺グループのリーダーの白田公司だった。

黒岩が逃亡犯だったことがわかり龍平のためにも犯人を捕まえると決意する善幸と雄馬。

本日の時乃(浜辺美波)のサービスショットは温泉♨️

時乃は犯人のアリバイが崩せたと善幸に伝えた。

すると、稲葉がペンションにやってきて龍平を連行しにきた。

龍平の祖母は特殊詐欺グループに大金を騙し取られて自殺していて動機は充分にあると稲葉は雄馬に語る。

稲葉が龍平を連れて行こうとすると善幸が止めに入った。

龍平のアリバイが見つかったと言い、時乃の推理を話しはじめた。

夜11時前に犯人は黒岩に呼び出されて時計台にいた。

黒岩は犯人に自分の正体がバレて犯人を殺そうとした。

でも、犯人に抵抗されて黒岩は殺されてしまう。

犯人は夜11時10分以降に時計台を出てそのときには善幸は時計台を見ていなかった。

幸運が重なり犯人にアリバイが成立して犯人は黒岩と靴のサイズが同じの野本だった。

黒岩は犯人を殺そうとしていて自分の足跡をつけたくなくて長靴を履いた。

しかし、野本に殺されて野本は自分の靴と長靴を入れ替えてさも黒岩のほうが先に時計台にきたように偽装した。

野本は黒岩と幼なじみで黒岩のナイフをすり合わせる癖に気づいたからだった。

野本は逮捕されて去り際に黒岩はグルメだと善幸に告げる。

善幸は時乃に報酬を渡して龍平は雄馬に善幸のような刑事になりたいと話していた。

善幸がいつのまにか龍平の憧れになっていて、まさかあの推理が時乃によるものだとは知る由もなく(*´◒`*)

まとめ

『アリバイ崩し承ります』第4話では、時乃は善幸に呼び出されて山梨のペンションに向かった。

宿泊客の中学生の原口龍平が容疑者になり善幸は時乃の力を借りて見事に事件を解いた。

第5話では、身元不明の白骨化した遺体が発見されて、その遺体は未解決事件の被害者のもの。

この未解決事件は捜査一課係長の牧村の因縁の事件だった!

捜査線上に白骨遺体の息子の天才大学生の和田英介が挙がった。

果たして英介が犯人なのか、時乃が犯人のアリバイを崩す。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 前回では、時乃は善幸に呼び出されて山奥のペンションに雄馬ときた。 そこでは黒岩という男性の遺体が時計台の中で見...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする