おしん 46週あらすじ&考察 チェーン店の出店と百合の結末

はじめに

前回では、禎は突然大学をやめて店で働くようになり辰則と結婚すると言いだした。

おしんは禎を何とか大学を卒業させたいと反対したが禎の気持ちを聞き二人の結婚を認めた。

結局おしんの家族は誰も大学を卒業できなかったか…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【おしん・45週】あらすじ 仁は禎に辰則と結婚してくれないかと頼んだがおしんは禎の学費くらい何とかすると禎に話す。 仁に...

【おしん 46週】あらすじ

昭和42年の春を迎えて、久しぶりに家族みんなが集まるのでおしんと初子で食事を作っていた。

仁、希望、禎のそれぞれの家族がおしんの家に集まった。

仁はおしんにチェーン店を出さないかと持ちかけた。

希望は展覧会に出品した作品が特選を獲ったと聞きおしんは喜んだ。

おしんはチェーン店を出す条件として希望に窯を持たせて独立させてあげたいと話す。

希望は独立する気はないとおしんにはっきり言ってチェーン店開店のために頑張るとおしんは決意する。

百合と希望には出来るだけのことをしてあげたいとおしんは初子に語る。

おしんは希望の師匠・栄造に希望を独立させてあげたいと告げた。

40年かけてやっと加代との約束を果たせるとおしんは心のなかで思っていた。

栄造からのお許しが出ておしんは何とか希望を独立させようと窯を作る土地を探していた。

仁は銀行から金を借りるときにおしんの実印をおしんの許可なく持っていった。

そして、女が包丁を持っておしんを出せと言ってきて、彼女はおしんに土地を取り上げられたと騒いでいた。

女の土地は仁が勝手に買い上げたものておしんはそのことに気づき仁を叩いたーー。

 

【おしん 46週】感想&考察

仁って本当に金儲けのことしか考えてないんだな(・ω・`)

おしんは希望が特選を獲った話を聞いて涙を流して喜んでたのが印象に残ったシーンだな。

希望に窯を持たせてあげたいという気持ちは変わらないんだな(*´∀`*)

仁は金を積んで好立地の土地を手に入れたいと考えていた。

おしんが仁に言われたのはもう歳だから店に出なくてもいいんじゃないかというものだった。

仁は希望の独立のために資金を出す気はなくてまったく兄弟なのに何でこうも違うのかねー(・ω・`)

何か騙し討ちみたいで仁、卑怯だなo(`ω´ )o💢

おしんは女性に駆け寄り穏便にすましてほしいと警察に頼みこんだ。

帰ってきたおしんは仁に説教して女性には別の土地を与えると言って聞かなかった。

チェーン店を開店させる資金を銀行から借りなければならなくておしんは頭を悩ませた。

おしんは希望の作品を浩太に持っていって浩太は作品を見てやっぱり加代の息子だとうなづいていた。

株券を浩太に差し出してこれで希望の独立資金を融資してほしいと頼んだ。

浩太は加代のために融資をすることに決めた。

二号店、三号店の建設がはじまり、希望の窯の建設も順調に進んでいた。

一号店から働いていた従業員を支店の店長にしてはどうかとおしんは仁に伝えた。

希望の窯と家の建設が進んで百合は家族3人で暮らせれば十分だとおしんに話す。

おしんは浩太が希望に融資をしてくれたことを話す。

そして、浩太は希望の母の加代と昔恋人だったと言い唯一信用できる相談相手だと打ち明ける。

二号店、三号店がオープンして初日から盛況で仁たちはもう四号店を建設する話をしていた。

そして、仁から百合が事故にあったと聞かされたおしんと初子は病院に急いだ。

病院に駆けつけると百合がすでに亡くなっていて初子は必死に百合に呼びかけたが返事は返ってこなかった…。

新しい家に亡くなった百合が帰ってきて希望は百合を抱き寄せた。

その時、圭が起きてきて「お母さん!」と叫んでいた。

おしんは告別式の準備で忙しくしていて辰則が仁夫婦も呼んできたと伝える。

しかし、おしんは告別式に出られた義理じゃないと仁に怒鳴りおしんたちは告別式に向かった。

百合は生きている間は一度もおしんの家を訪ねなかった、それだけ心の傷になっているってことか(・ω・`)

新しい家ができた途端に交通事故で亡くなるなんて、何でおしんの周りの人たちは次々にいなくなるんだ?

まとめ

『おしん 46週』では、仁がおしんにチェーン店を建設したいと言ってきて仁はチェーン店を出すための土地を無理やり買い上げた。

その土地の所有者の奥さんが包丁を持って殴り込みに来ておしんは仁にビンタした。

そして、百合と希望の新しい家が出来上がって百合が喜んだのもつかの間、百合は交通事故に遭い亡くなってしまう。

おしんは百合を亡くした悲しみを抱えながら告別式に向かう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする