ドラマ『G線上のあなたと私』第1話あらすじ&ネタバレ

はじめに

ドラマ『G線上のあなたと私』は、いくえみ綾による日本の漫画作品を実写化したドラマで、2019年10月15日からTBS系「火曜ドラマ」で放送されていて、主演は波瑠です。

キャスト&スタッフ

原作:いくえみ綾『G線上のあなたと私』
脚本:安達奈緒子
演出:金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介
監修:上地芙実(バイオリン)、秋久知美(バイオリン教室)
出演者:波瑠、中川大志、桜井ユキ、鈴木伸之、真魚、滝沢カレン、森岡龍、永野宗典、小西はる、矢崎由紗、小木博明(おぎやはぎ)、夏樹陽子、松下由樹
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
エンディング:緑黄色社会「sabotage」

※ここからネタバレ注意!

第1話「私には何もない」あらすじ&ネタバレ

とあるショッピングモールで女性バイオリニストの久住が演奏をし、それに感動した大人の3人久住が教えているバイオリンの体験教室に行き、そこでバイオリンを毎週月曜に習いに行きます。

小暮也映子(波瑠)、北河幸恵(松下由樹)、加瀬理人(中川大志)の3人はそれぞれ自己紹介をしますがなんかぎこちない。

也映子は、会社を辞めたことを親に責められていて家では居場所がない。

ある日、バイオリン教室に行く途中で也映子は会社の同僚だった女性たちに偶然会い、元同僚たちは也映子に同情やら戸惑いのような顔を浮かべてそそくさと去っていく。

也映子は「私はもう大丈夫なのに…」と心で呟いた。

バイオリン教室では、加瀬は久住のことをじっとみているのを也映子は見逃さなかった。

理人は也映子の演奏がなってなかったと言われ、カチンときた也映子は、理人に「おならみたいな音」と言って反論した。

教室の帰りに3人はカラオケでバイオリンの練習をすることになった。

カラオケに着くと也映子と幸恵はとりあえず注文を取りそのままなし崩し的に歌で盛り上がっていた。

時間になり理人は延長を頼み、3人はやっと練習に入った。

也映子と幸恵は理人と久住はどんな関係なのかからかいながら聞いた。

理人は言いたくなさそうにしていたが二人の圧に根負けし、久住のことを話す。

久住と理人の兄は婚約していたが、兄が別の女性を妊娠させてしまい、別れることになったと告白する。

それを聞いた也映子は、婚約していた男が別の女性と付き合っていると会社を寿退社することになった直前に聞かされ、也映子はレストランでおもいっきり彼を殴った。

そして、会社には別れることになったことは辞めた後に言って欲しいと彼に頼んでいて也映子はそのまま会社を辞めてしまった。

そして、会社を辞めたあの日に久住の演奏を聴き突然バイオリンが弾きたくなったと告白する。

理人が家に帰ると兄が部屋に入ってきてバンドを始めたのかと理人に聞く。

理人は久住とあんな別れ方をしたことを快く思っていなく、兄を軽蔑していた。

兄は妊娠した女性と実家で暮らしていて理人は居心地が悪そうだった。

3人はバイオリン教室でビブラートが弾けないと也映子と幸恵がいい、理人が教えようとするが、也映子はふざけてばかりで一向に練習がはかどらない。

とその時、久住が体調を崩して休むという連絡が入り教室は休みになった。

理人は久住の部屋に行き、彼は久住と兄が婚約していたことを話してしまったことを謝り、也映子と幸恵がそのことを久住に聞きに来るかもしれないと心配したが、久住は理人と自分はあくまでバイオリン教室の先生と生徒の関係でしかないときっぱり理人に言った。

理人は玄関のドアノブに栄養ドリンクと風邪薬を置いていった…。

一方の也映子と幸恵は理人のことを話していて理人が久住のことが好きでバイオリン教室に通っていると也映子がからかっているところへ、理人がカラオケの部屋のドアの前で黙って立っていた。

そして翌日、加瀬は突然教室で個人レッスンに変更したいと言いだし、也映子は止めようとし、「久住が好きで教室に通ってるんじゃないんですか」と聞くが、加瀬は「バイオリンが上手くなりたくてきてんだよ!」と叫びエレベーターで去っていく。

ある日、也映子は理人の家に来て理人と公園に行き、カラオケでからかったこと、そして教室でのやり取りのことも謝った。

そして、也映子は加瀬の兄に婚約破棄された久住と、自分が彼氏に婚約破棄されたことは同じだと理人に話したら、理人は久住がどれだけ兄のことを愛していたかを小暮に話し、それだけ深く人を好きになったことがない也映子が同じだとは思えないと理人は怒った。

也映子は理人に謝りに来たつもりがまた傷つけてしまったことを悔いていた。

理人がまた教室に来ることはないとわかってはいたが、それでも也映子は「また教室に来てください」と別れ際に言った。

そこに理人の兄が来て、兄は理人が久住のバイオリン教室に通っていることにきづいてしまって、兄は理人が久住のことが好きなのに気づき笑ったところ、理人は怒りが抑えられなくなり思いっきり兄を殴った。

翌日、理人と幸恵は久住が演奏していたショッピングモールに也映子に呼び出されてきていた。

也映子は演奏会のチラシを見せ、「私と演奏会に出てください」と二人に頼んだ。

也映子は自分には何もなくこれまで何の目標もなく過ごしてきてバイオリンの演奏会だけが唯一の目標だから演奏会のために精一杯練習をしたいんだと理人に訴えかける。

理人は一度は拒否したが、幸恵も演奏会に出るといい、也映子はカラオケで歌を歌わずに一生懸命練習するからと食い下がり、理人は「やるとなったらきびしいですよ!」と也映子にいい、理人も演奏会に出ることに決めた。

こうして3人は、演奏会目指して教室で練習を始めるのだった。

感想

僕は主演の波瑠が婚約直前に別れを告げられた何の取り柄もない小暮也映子を演じていて、波瑠の魅力が前面に出た役だと僕は感じました。

中川大志も、朝の連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインの夫役で今話題になっていますが、それ以前に、ドラマ『家政婦のミタ』では一家の長男役で注目を集めていてあの演技で僕は中川大志に興味を惹かれました。

そして、バイオリンに惹かれた主婦の北河幸恵を演じた松下由樹は、『ナースのお仕事』シリーズが一番有名で、この作品ではヒロインの女子のナース役で注目を集めていて僕はこの作品が大好きでいつもテレビで見ていました。

この3人が出演するということで、今後のこのドラマの展開を楽しみながら毎週チェックしていきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕のドラマレビューを見て少しでもこの『G線上のあなたと私』に興味を持っていただけたら幸いです。

まだご覧になっていない方はこの機会に是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする