絶対零度 7話あらすじ&考察 女社長の裏の顔 シーズン4・2020年版

【絶対零度シーズン4 7話】あらすじ

ミハンルームで作業をしていた香坂(水野美紀)は、部屋を訪れた井沢(沢村一樹)に声をかける。

香坂は家族を持ってはいけないと思い生きてきて、井沢が抱える悲しみに寄り添うことはできないと語る香坂。

でも、犯罪を未然に防ぎたいという思いは同じだと香坂は井沢に話す。

香坂はまもなく開催される東京サミットとその先にあるオリンピックがミハンの重要性をアピールできるいい機会だと語る。

井沢たちミハンは、大手フィットネスクラブの社長・仁科紗耶香(佐藤江梨子)を危険人物として捜査する。

5年前に社長だった夫の輝幸(青戸昭憲)を強盗に殺された紗耶香も巻き込まれて瀕死の重傷を負った被害者だった。

夫の死後に、会社を引き継いだ紗耶香は着実に業績を伸ばして経営者としての才能を発揮していた。

しかし、紗耶香は解剖では決して検出されない危険な毒物を密かに購入していた。

井沢はスポーツインストラクターに扮して、山内(横山裕)と小田切(本田翼)はジムの会員として潜入捜査を始めた。

最初に捜査線上に浮かんだのは紗耶香の会社が所有する実業団チームでコーチを務める辰巳(阿部亮平)だ。

辰巳は、紗耶香を脅迫し、金銭を要求していた。

しかし、調査を進めると、彼は男気のある性格で、お金にも困っていないことがわかる。

一方、山内たちは、紗耶香の秘書・江波(本宮泰風)が格闘技経験者であることを見抜く。

彼女はいったい誰を殺そうとしているのか!

そんな中、新たな人物が紗耶香に接触する。

それは科学捜査研究所の主任研究員・真鍋(宮川一朗太)だった。

真鍋は、どんな手間も惜しまず被害者のために真実を追究する人物。

これまでに真鍋は数々の難事件を解決に導いていた。

そして彼は、輝幸と紗耶香が襲われた5年前の事件も担当していたことがわかり……。

彼女は聖女か、それとも悪女か?

謎が謎を呼ぶ展開の中、紗耶香が殺害を狙った意外な人物とは?

そして、井沢らミハンチームがたどり着いた真相の先には、衝撃の展開が待っていた――!!

⬇︎前回のあらすじはこちら

【絶対零度シーズン4・6話】あらすじ 神学校に通う17歳の高校生の浅井航(清水尋也)は美術館で知り合った26歳の専業主婦の松永...

キャスト&スタッフ

脚本:浜田秀哉

音楽:横山克

主題歌:家入レオ『未完成』

企画:稲葉直人

プロデュース:永井麗子、関本純一

演出:石川淳一、品田俊介、木村真人、小林義則

制作:フジテレビ

出演者:沢村一樹(井坂範人)、横山裕(山内徹)、本田翼(小田切唯)、森永悠希(吉岡拓海)、高杉真宙(篠田浩輝)、上杉柊平(北見俊哉)、マギー(早川誠二)、粗品(門田駿)、水野真紀(香坂朱里)、柄本明(加賀美聡介)

【絶対零度シーズン4 7話】感想&考察

井沢は家族が殺された日のことを思い出して苦しんでいた。

ミハンルームで香坂は井沢に犯罪を未然に防ぎたいという思いは同じだと井沢に告げた。

ミハンが新たに危険人物にはじき出したのは仁科紗耶香というフィットネスクラブの社長。

彼女は検出されない毒を闇ルートで入手していて井沢たちはこの毒を誰に使うのか考えていた。

実業団チームのコーチの辰巳と言い争ったあとに毒を手に入れたことからターゲットは辰巳と断定した。

井沢たちはフィットネスクラブに潜入して辰巳が紗耶香を脅迫していることがわかった。

彼女は脅迫されている何かのために辰巳を殺そうとしていると井沢は考えた。

そして、小田切は辰巳がスキーをしている写真を撮ったのは篠田だと気づいた。

小田切は篠田に会いに行き辰巳が人を脅迫するような人じゃないと話した。

辰巳の口座を調べたが金には困っていなくて目的は金じゃないとわかった。

そんな中、紗耶香は科学捜査研究所の主任研究員・真鍋と接触を図った。

山内に真鍋にお世話になったことがあり真鍋はどんな手間も惜しまず真実を追究する。

なぜ二人が会っていたのか僕も気になる(・ω・`)

井沢は早川に紗耶香の家の強盗事件について尋ねた。

すると早川は真鍋が飛沫血痕に違和感を覚えたと話していたと伝えた。

加賀美は小説家に扮して紗耶香の女友達に話を聞いた。

彼女たちによると、紗耶香の夫の輝幸には紗耶香と出会う前に婚約者がいたことが明らかになる。

その婚約者が亡くなって紗耶香は輝幸と結婚して妊娠したが流産したと加賀美と吉岡に話す。

調べによると紗耶香は輝幸の婚約者とは同級生だった。

婚約者の安斎はナッツアレルギーで紗耶香がアレルギーを引き起こして彼女を殺して社長夫人の座についた。

小田切は篠田と辰巳の家を訪れて辰巳は安斎の死に疑問を持っていた。

辰巳は偶然輝幸の墓の前で真鍋に会って不審な死を遂げているのが輝幸だけではないと伝えた。

何か真実を知っていると確信した辰巳、井沢は辰巳の部屋に盗聴器があることに気づいた。

井沢は紗耶香がターゲットを辰巳から真鍋に変更したと香坂に伝えた。

紗耶香は山内たちが監視していることに気づいて女子更衣室の裏口から逃げた。

紗耶香がとんでもない悪女だともう少し早く気づいていればー(*´ー`*)

井沢は紗耶香と真鍋のいる倉庫に駆けつけたが真鍋の吸ったタバコに毒が混入されていた。

真鍋は倒れて山内は彼に駆け寄り紗耶香は真鍋の死に様を見て笑っていた。

紗耶香は出て行き井沢たちは真鍋を救えなかったことを悔やんでいた。

ミハンルームに戻り、香坂が毒の入手ルートを調べているが難航していた。

そして、タバコから毒は検出されなかったと報告した。

井沢は部屋を出て行き、香坂は山内に井沢の家族を殺した凶器が井沢のもとに送られたことを伝えた。

井沢の家族を殺した真犯人がいると聞かされた山内は井沢のもとに行く。

井沢は宇佐美から井沢の家に忍び込んで家族を殺そうとした時に先客がいたことを聞かされていてそいつが真犯人だと井沢は山内に話した。

その夜、紗耶香は夜道で帰ろうとした時に突然何者かに頭を銃で撃ち抜かれていた…。

果たして紗耶香を殺した犯人は誰か、井沢の家族を殺した真犯人は一体誰なのか?

まとめ

『絶対零度シーズン4』第7話では、フィットネスクラブの社長の仁科紗耶香がミハンがはじき出した次なる危険人物だとわかり井沢たちは捜査を開始する。

検出されない毒物を手に入れた彼女は夫の輝幸を殺した真相を知る真鍋を殺した。

その紗耶香は何者かに撃ち殺されて、犯人は果たして誰なのか気になります!

第8話では、仁科紗耶香が何者かに殺されてその犯人がミハンの中にいることがわかり誰が犯人なのか期待が高まる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする