シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 6話あらすじ&考察

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・6話】あらすじ

ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配された。

ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われる。

何者かがミスパンダと飼育員さんになりすまし、殺人を犯した。

直輝(横浜流星)は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員さんを突き止めなくてはならない状況に陥る。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。

門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野菜名)は大きなショックを受けていた。

春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンが心配でならない。

直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。


神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)を訪ねる。

神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と二人に聞く。

すると、陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答える。

陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがなかった…。

ミスパンダを正義の味方ともてはやしていた世間の声は一転し、ミスパンダへのバッシングが高まる。

直輝は警察の追手を逃れながら、偽ミスパンダと偽飼育員さんが誰なのかを探っていた。

神代から情報を得た直輝は、陽一と恭子に対する疑惑を深め「人殺ししましたよね?」と彼らに迫る。

レンのもとに、あずさ(白石聖)が訪ねてくる。あずさはレンに直輝との関係を問い詰める。

そんな中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れ――!

キャスト&スタッフ

脚本:佐藤友治、蛭田直美

演出:遠藤光貴

出演者:清野菜名(川田レン)、横浜流星(森島直輝)、山崎樹範(門田明宏)、吉田美月喜(東山楓)、中田圭祐(小園武史)、祷キララ(前川雪乃)、山口紗弥加(川田麻衣子)、佐藤二朗(Mr.ノーコンプライアンス)

エンディング:ビリー・アイリッシュ 「bad guy」

チーフ・プロデューサー:岡本浩一

プロデューサー:福田浩之、馬場三輝、千葉行利

制作:(制作協力)ケイファクトリー

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・6話】感想&考察

ミスパンダがニセモノにはめられて指名手配されて佐島法務大臣からも切り捨てられた。

佐島はミスパンダを殺処分するように直輝に命じた。

一方、レンは門田が殺されたと聞きショックを受けて泣いていた。

門田の裏の顔を知ったらレンはどう思うだろう❓

神代はハブとマングースと会いショッピングモール爆破事件の被害者遺族の陽一と恭子に取材した。

神代は浜口が殺されてどう思ったかと聞き二人は殺してくれたミスパンダに感謝すると話す。

ハブとマングースに呼び出された神代はミスパンダの知っている情報を話すよう要求された。

神代は陽一と恭子の取材映像を直輝に渡した。

直輝のいる喫茶店のテレビでミスパンダが早く捕まるように祈っていると会見で語っていた。

それを見た直輝はレンにもう会えないとメールしてレンは落ち込んだ。

レンを訪ねてきたあずさは直輝のことを根掘り葉掘り聞き、直輝が婚約者であることを明かす。

あずさはレンを質問攻めにしてレンは謝っていた。

「直輝を弄ばないでください」とあずさはレンに頭を下げて頼んでいた。

レンが一人でもうあがっちゃってバカみたいという顔をした時、かわいそうだった(・ω・`)

直輝は陽一と恭子の弟の墓に手を合わせていて、陽一と恭子に人を殺しましたよねと聞いた。

その時警察が来て直輝は逃げて、神代から連絡がありミスパンダが逮捕されたと聞いた。

陽一と恭子が逮捕されて直輝はニセモノが蹴りを受けて怪我をしたはずなのに陽一は怪我をしていなかった。

神代は岩城啓太という元警察官の資料を見せて服毒自殺をして亡くなったと報告した。

薬品の扱いにもたけていた岩城なら爆弾を作れるかもしれないと直輝は考えた。

直輝は神代に引き返せないくらい真っ黒だと告げて去っていった。

佐島法務大臣の部屋を訪れた直輝は今回の事件が佐島によって仕組まれたものではないかと指摘する。

佐島がやったという可能性も確かに濃厚だなー(´∀`)♬

にしても佐藤二朗、シリアスな場面でも面白いなww。

囲碁喫茶「GOBAN」にやってきた直輝にレンは直輝に会えて前向きになれたと感謝していた。

直輝はレンに催眠をかけてミスパンダに変身させた。

ミスパンダはゴリラを人質にとりそのゴリラは何と佐島大臣だった!

ハブとマングースが現場に駆けつけてミスパンダに銃を向けた。

熱々のおでんって、まるでダチョウ倶楽部www。

ハブとマングースは突然布に包まれて映像が切れた。

一方、神代は岩城の家に行き息子の啓太をはめたのは警察だと伝えた。

ショッピングモール爆破事件の真犯人は岩城啓太で彼は自殺した。

ミスパンダは捜査一課の三津谷と坂下(ハブとマングース)が浜口を殺した犯人だとネットで明かした。

直輝は佐島に土下座して人質役を引き受けてもらった。

神代は啓太の母親のインタビューをテレビで報道してマスコミは一課長を問い詰めた。

佐島は浜口を殺した凶器を一課長に見せて検察に渡そうとした。

だが、コアラ男の件で警察に恩があり凶器を一課長に渡した。

直輝はミスパンダのところに行くと彼女は自分を「川田リコ」だと言い出した。

まとめ

『シロでもクロでもない世界でパンダは笑う』第6話では、ミスパンダと飼育員さんが指名手配された。

レンは門田が殺されたと知って悲しみ、神代は被害者遺族の陽一と恭子を疑っていた。

そんな中、ミスパンダが逮捕されて激震が走る。

川田リコになったミスパンダはこれで最後の「ミスパンダ」になる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする