アリバイ崩し承ります 3話あらすじ&考察 美人ホステスは犯人なのか?

【アリバイ崩し承ります・3話】あらすじ

ピアノ講師・河谷敏子が殺された…。

事件発覚の翌日、マッサージ店の店長・芝田和之(木村了)が捜査一課を訪ねてくる。

芝田は、事件が起きた日の朝、敏子が自分の店でマッサージを受けていたこと。

さらに、敏子はホステスの妹・河谷純子(橋本マナミ)と揉めていたことを証言した。

那野県警捜査一課の管理官・察時美幸(安田顕)と刑事・渡海雄馬(成田凌)は、純子の家を訪問した。

夢遊病に悩まされているという純子。

彼女は「パジャマの袖に血がついていた…私が発作を起こして姉を殺したのかもしれません」と衝撃の告白をする! 

これは自供だ!と息巻く雄馬だった。

一方、美しい純子に心奪われた善幸。

なんとか純子のアリバイを証明しようと、いつも通り美谷時乃(浜辺美波)を頼った。

善幸は純子の“アリバイ探し”を依頼する。

時乃は初挑戦となる “アリバイ崩し”ならぬ“アリバイ探し” を成功させて、事件の真相を解明することができるのか…?

⬇︎前回のあらすじはこちら

【アリバイ崩し承ります・2話】あらすじ 包丁で胸を刺された女性の遺体が発見された。 那野県警捜査一課の管理官・察時美幸(...

【アリバイ崩し承ります】キャスト&スタッフ

原作:大山誠一郎

脚本:いずみ吉紘

監督:河合勇人、星野和成

出演者:浜辺美波、安田顕、成田凌

製作総指揮:横地郁英

プロデューサー:浜田壮瑛、山本喜彦

製作:テレビ朝日、MMJ

【アリバイ崩し承ります・3話】感想&考察

河谷純子が夜に目が覚めるとパジャマの袖に血がついていて彼女は驚いていた…。

善幸は休日に呼び出されて現場に行きピアノ講師の河谷敏子の遺体が発見された。

マッサージ店の店長・芝田和之が警察署にやってきて事件当日にマッサージを受けていたことを話す。

柴田は敏子の妹の純子と家のことで揉めていたことを証言した。

善幸と雄馬は純子の家に行きアリバイを聞いたら家で20時間も寝ていたと証言した。

橋本マナミ、動揺している姿も綺麗💖

純子は姉を殺したかもしれないと言い、自分は夢遊病の発作で姉を殺したと証言した。

雄馬は純子を犯人と断定していたが善幸が夢遊病で殺人を犯すなんて聞いたことないと雄馬に怒鳴る。

時乃も純子が20時間も寝ていたことが気になっていた。

善幸は“アリバイ探し”はできないんだろと時乃をバカにしたように言った。

善幸は純子が働くバーに来てワインに何者かが睡眠薬を入れて彼女に罪を着せようとしていると話す。

検視官の樋口にワインを調べてもらったが睡眠薬は検出されなかった。

善幸は勝手に捜査したことで捜査から外されて時乃が善幸を引きとめた。

時乃がアリバイ探しをはじめたと善幸に伝えて善幸は時乃に捜査報告をした。

時乃は純子のアリバイを探して犯人もわかったと善幸に話す。

純子のワインに睡眠薬を入れたのは芝田の共犯者の敏子で二人は深い仲だった。

芝田は敏子から合鍵を借りて純子の家に忍び込んで睡眠薬入りのワインにすり替えた。

純子が寝た後に芝田は彼女を運び出して敏子の格好をさせた。

寝ている純子にマッサージ屋の従業員にマッサージをさせた。

そうして自分のアリバイを作った芝田はピアノ教室で敏子を殺した。

純子のパジャマの袖に血をつけたのも彼女に夢遊病の発作が出たと勘違いさせるためだった。

この話を善幸は芝田にして芝田がマッサージ台の下に純子を隠していた。

なので、そこに純子の指紋が付いていたのを樋口が見つけて芝田は逮捕された。

芝田は敏子に妻と別れてほしいと迫られていて妻と別れたくない芝田は敏子を殺すことにしたと証言した。

事件を解決した善幸を雄馬は怪しんでいた。

時乃は何で純子が犯人じゃないと思ったのかと善幸に聞いた。

すると善幸は純子が若い頃の妻に似ていたからだと懐かしそうに話していた。

なんだかんだ言っても善幸は妻のことが大事なんだなー(*´ー`*)💖

まとめ

『アリバイ崩し承ります』第3話では、橋本マナミ演じる河谷純子が夢遊病で姉を殺したと証言した。

善幸は彼女の無実を信じて時乃に”アリバイ探し”を頼んだ。

第4話では、ペンションの時計台で宿泊客の遺体が見つかって時乃はアリバイ崩しをこっそり善幸に頼まれる。

果たして真犯人は誰なのか、時乃はアリバイを崩せるのか?

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする