トップナイフ 6話あらすじ&感想 瑤子を恨むドッペルゲンガーに苦しむ男

【トップナイフ・6話】あらすじ

オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる瑤子(天海祐希)。

一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々していた。

幸子は瑤子に取り入ろうとするが……。

そんな中、西郡(永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤卓司(山本浩司)を診察する。

実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者だった。

深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。

大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。

スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。

西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞いた。

今出川(三浦友和)に西郡が真偽を確かめるが……。

一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田保(笠松将)。

原田は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。

頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。

元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田。

彼にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)。

黒岩は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。

実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。

そして深山が自分を避けていると感じた大澤は、“幻の自分”の悪魔の囁きに背中を押され復讐を実行しようと決意。

瑤子を狙って細工をしたエレベーターに立てこもる!

しかも、ちょうど出張販売に来ていた来島(古川雄大)と入院患者・木元(吉田美佳子)も巻き込まれてしまい……。

大澤がメスを手に深山に迫る中、木元が突然倒れ、一刻を争う緊急事態が勃発する!

瑤子はエレベーター内で前代未聞の緊急オペをしようとするが……!!

⬇︎前回のあらすじはこちら

【トップナイフ・5話】あらすじ かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡(永山...

【トップナイフ】キャスト&スタッフ

原作:林宏司『トップナイフ』

脚本:林宏司

演出:大塚恭司、佐久間紀佳、茂山佳則

出演者:天海祐希、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和

音楽:横山克、鈴木真人

エンディング:JUJU 「STAYIN’ ALIVE」

チーフ・プロデューサー:池田健司

プロデューサー:鈴木亜希乃、茂山佳則

制作:AX-ON(協力)

製作:日本テレビ

【トップナイフ・6話】解説

原田が苦しんだ「幻肢痛」とは、怪我や病気によって四肢を切断した患者の多くが体験する、難治性の疼痛。

失った四肢が存在するような錯覚や失った四肢が存在していた空間に温冷感や痺れ感などの感覚を知覚する現象。

幻肢痛は心身症に該当して、ファントムペインとも呼ばれている。

大澤が見た「ドッペルゲンガー」とは、自分をみる症状で自己像幻視と呼ばれている。

この症状は脳の問題に起因すると考えられている。

一部の脳の機能が腫瘍などによって損傷されると自己の肉体的な認識上の感覚を失う。

木本が患った「身体完全同一性障害」は、自分の手や足が余分で異物と感じられてそれを切り落とすことを心から望む症状。

【トップナイフ・6話】感想&考察

事故に巻き込まれた原田保は緊急搬送されて手術された。

一方、脳外科にリストラの噂が広がっていて幸子は自分がクビになるかもしれないと焦っていた。

原田は手術が終わり“幻肢痛”の痛みに苦しんでいた。

手を切断してもこうして激痛に苦しまなきゃいけないのか、手があるだけで幸せなことなんだ…。

大澤卓司は西郡にもう一人の自分が見えて“ドッペルゲンガー”が見えると伝えた。

大澤は幻の自分が見えるのは脳に腫瘍があるからだと西郡は瑤子たちに説明する。

幻の腕に苦しむ原田と幻の自分が見える大澤、似て非なる二人が揃ったな(´∀`*)

大澤はもう一人の自分に唆されて瑤子に復讐しようとしていた。

黒岩は原田保の”保”という名前に興味を持ち彼の病室を訪れた。

黒岩の息子が同じ”保”だから何かシンパシーを感じたのでしょう。

原田は黒岩に落球したときの感触がまだ残っていると話した。

自分のミスでチームが甲子園に行けなかったことをずっと悔いていた。

瑤子は大澤の病室に行ったがいなくて来島とエレベーターに乗った時に慌てて入ってきた。

そのすぐ後にエレベーターが止まり大澤が細工して止めたのだ。

大澤はメスを取り出してエレベーター内は緊張状態になった。

大澤は瑤子を深く恨んでるから何するかわからないなΣ(゚д゚lll)

エレベーターの中には木元もいて彼女は身体完全同一性障害で左足を縛って鬱血していた。

今すぐ足を切らないと助からないと判断した瑤子は幸子に手術道具を持って来させた。

幸子は手術に立ち合い応急処置が終わってエレベーターのドアが開き、木元は運ばれていった。

そのあと、大澤も倒れて幸子と瑤子は脳の腫瘍を取り手術は成功。

木元の足は無事に治り大澤はもう一人の自分からもう頑張らなくていいと励まされて泣いていた。

「Bar カサブランカ」では、瑤子がテキーラを飲んで幸子は驚いていた。

脳外科ってすごく神経を使ってストレスがありそうだからたまにはこういう息抜きもいいんじゃない♬

まとめ

『トップナイフ』第6話では、瑤子によって脳外科への道を断たれた大澤がエレベーターの中でメスを握り瑤子たちと立て篭もる。

そんな中、身体完全同一性障害で苦しむ木元が突然倒れて瑤子は緊急オペをすることになった。

大澤と木元は無事に助かり瑤子は今日も手術台の前に立ち続ける。

第7話では、瑤子の娘が突然東都総合病院にやってきて瑤子の様子を見に来ていた。

人の顔を認識できない患者が入院してきて瑤子たちはその患者をどう救うのかが見どころ❗️

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする