アライブ 6話あらすじ&考察 薫の医療過誤の真実と化学療法

【アライブ・6話】あらすじ

恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に聞かされる。

しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白した。

薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心。

彼女は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝える。

数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。

退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。

心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。しかし、心は薫を避けるようになっていた。


そんなある日、心が医局に戻るとペットボトルの水が数本置かれている。

心が手を伸ばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。

光野によると “がんが消える効能がある“と謳った水だそうで、元患者が、病院にいた患者たちに無断で配っていたので回収したという。

初回は無料だが次回から高額で売られているらしく、阿久津晃(木下ほうか)たち腫瘍内科の面々とともに心も憤りを隠さなかった。


心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。

心が抗がん剤治療を施してからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。

徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。律子と絵麻がとりなしてその場は収まるが…。

一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていたー。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【アライブ・5話】あらすじ 恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取った。 京太郎...

キャスト&スタッフ

脚本:倉光泰子

演出:髙野舞

出演者:松下奈緒(恩田心)、木村佳乃(梶山薫)、清原翔(結城涼)、岡崎紗絵(夏樹奈海)、小川紗良(佐倉莉子)、中村俊介(恩田匠)、三浦翔平(関河隆一)、田辺誠一(須藤進)、藤井隆(光野守男)、木下ほうか(阿久津晃)、高畑淳子(高坂民代)、北大路欣也(恩田京太郎)

音楽:眞鍋昭大

オープニング:須田景凪 『はるどなり』

プロデュース:太田大、有賀聡

製作:フジテレビ

【アライブ・6話】解説

がんの標準治療とは、科学的根拠に基づき推奨される治療。

現在利用できる最良の治療であることが証明されているのが標準治療である。

がんの標準治療とは基本的に「3大治療」と呼ばれる手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療を指す。

高坂民代の腹膜には腹膜播種というものがあった。

腹膜播種とは、腹膜内を覆う腹膜の表面に腫瘍細胞が散布されて、生着した状態を指す。

【アライブ・6話】感想&考察

心が患者の土方絵麻と付き添いの父の徳介と母の律子に抗がん剤を処方したあとに手術すると説明する。

だが、徳介は抗がん剤を使うことに反対していた。

抗がん剤はつらいと聞いて娘のことが心配になる親の気持ち、少しわかるかな(*´꒳`*)

一方、莉子は抗がん剤で髪が抜けることを心から説明されていたが実際に髪が抜けるのを見てショックを受けていた。

徳介と律子は病院で心に会い、手術の担当を薫に代えてほしいと頼んできた。

薫は民代の手術の前に心のことを考えていて泣いていた。

徳介が病院で化学療法をしている辛そうな莉子を見て化学療法室に行き絵麻の抗がん剤処方を止めた。

絵麻たちは民間療法に切り替えて阿久津は腫瘍内科がもっと信頼されるよう精進するようにと心たちに言った。

心は胃がんのことを徹底的に調べて徳介に標準治療のことについて説明するが受け入れてもらえない。

徳介は娘のことが心配だから抗がん剤を毒と考えて化学療法を嫌ってるのか…。

薫は民代の手術をしたが腹膜播種があって手術できずに閉腹した。

その話を聞いても心は冷たい態度をとり続けた。

夜に、薫は須藤に医療過誤のことを心に話したと伝えて胸にすがり付いて泣いていた。

土方親子が受診していた民間療法のクリニックの院長が逮捕されて土方親子は心のところに来た。

徳介は心に謝り娘を守りたかっただけだと告げた。

そして、心は薫に関河から聞いた医療過誤の真相を話した。

須藤が薫の見えない位置に立たせて治療を妨げていた事実を知り薫は混乱していた…。

医療過誤は須藤のせいで起こった、衝撃の展開に今後の『アライブ』はどうなる?

まとめ

心は薫に匠の医療過誤について聞いたがそれは薫のせいではなく須藤のせいで引き起こされたことがわかった。

ジャーナリストの関河は医療過誤の真実について調べて心は腫瘍内科医として患者の治療にあたり医療過誤の真実へと近づいていく。

まだご覧になっていない方はこの機会に是非ごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする