10の秘密 5話あらすじ&考察 掴んだ真実が真実とは限らない

【10の秘密・5話】あらすじ

帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには手帳とデータの両方が必要で手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手に入れていると知った圭太(向井理)。

瞳の誘拐事件は由貴子が計画した自作自演だったと聞いて愕然とした圭太は金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難する。

しかし、由貴子は全く悪びれる様子がなくてすべては新しい人生を手に入れるためだと開き直った。

一方、10年前の火事で女性が亡くなったことを知った瞳は圭太のことを軽蔑する。

瞳は家を出て行き、仕事も娘も失った圭太は金を工面しようと竜二(渡部篤郎)のもとを訪ねる。

竜二から由貴子が圭太から手に入れたデータで3億円を手に入れて手帳を使ってあと3億を手に入れようとしていることを聞く。

圭太はあとがなくなって由貴子に会い宣戦布告をする!

そして、瞳と頻繁に会おうとする翼(松村北斗)に違和感を覚える菜七子。

菜七子から翼のことを聞いた圭太は翼を問い詰めると翼は自分の過去について驚きの真実を話し始めるーー!

⬇︎前回のあらすじはこちら

【10の秘密】第4話あらすじ 圭太(向井理)は会社を解雇されて追い詰められた。 彼は帝東建設に行き社長の長沼(佐野史郎)...

キャスト&スタッフ

脚本:後藤法子

演出:宝来忠昭、中西正茂

出演者:向井理(白河圭太)、仲間由紀恵(仙台由貴子)、仲里依紗(石川菜々子)、松村北斗(伊達翼)、山田杏奈(白河瞳)、高島豪志(磐城英明)、堀田茜(那須葵)、河村花(泉崎真衣)、佐野史郎(長沼豊)、遠藤雄弥(二本松謙一)、藤原光博(石川照男)、山野海(石川千秋)、名取裕子(白河純子)、渡部篤郎(宇都宮竜二)

音楽:林ゆうき、橘麻美

オープニング:女王蜂 「BL」

エンディング:秋山黄色 「モノローグ」

プロデューサー:河西秀幸、三宅喜重(演出兼務)

製作:カンテレ

【10の秘密・5話】感想&考察

告発の手帳と引き換えにもう3億を渡す取引を社長と交わしたと竜二は圭太に伝える。

その時の圭太の顔が忘れられない、「器の差が違う、由貴子には敵わない」と言われて火がついたな(*´ω`*)

菜七子は両親から瞳が翼と会っているのを聞いて二人のところに駆けつけた。

そこで翼は瞳に事件のことをもう少し聞いたほうがいいと助言した。

由貴子は竜二と接触して3億と手帳を交換した。

しかし、検問で由貴子は止められてその隙に後ろにいた車の男たちに3億を奪われた。

由貴は金を奪われたことを竜二に電話で伝えて彼は3億を渡すことを圭太に話したと告げた。

まさか圭太がこんな大胆なことをするとは❗️

由貴子は二本松と圭太の家に侵入したが、圭太は警察を呼んで由貴子たちは逃げていった。

由貴子の言うように税務署の監視がある以上銀行には入れられない(*´∀`)♪

圭太も厄介な金を手に入れたなー(゚ω゚)

瞳にお金は大丈夫になったっていきなり言うことないだろ、瞳びっくりしてんじゃん(・・;)

圭太は菜七子から翼が10年前の火事の事件のことを聞き出そうとしていると耳にした。

火事と聞いて亡くなった女性ピアニストのことを思い出して翼はその女性の息子ではないかと思い当たった。

圭太は菜七子と翼を探しに行き音楽フェスで瞳と翼を見つけた。

翼の家に来た圭太は送ってきた現金書留の封筒を見せてこれで許されると思ったと圭太を責めた。

一方、由貴子は瞳を尾行していて菜七子が止めに入った。

3億は必ず取り返す、どんな手を使ってもと圭太に伝えといてと菜七子に告げて去っていった。

翼は圭太のことを調べていてナイフを取り出して母を殺したんだろと問いかけた。

母は火事で死んだように見せかけられて殺されたと圭太に話すが圭太にはまったく身に覚えがなかった。

圭太は翼に押さえつけられて翼は圭太に向かってナイフを振り下ろした…。

翼の母を殺した男は果たして誰なのか、そして由貴子はまた瞳を誘拐するのか?

まとめ

翼が10年前の火事で亡くなった女性の子どもだって言うのは早くから気づいていた。

でも、その女性がまさか殺されていたとは思いもしなかった(゚ω゚)!

嘘と秘密が交錯するこのサスペンスドラマはいよいよ折り返し地点に突入⁉️

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

【10の秘密 6話】あらすじ 手駒の一つだったはずの元夫に3億円を奪われた由貴子(仲間由紀恵) 由貴子は計画を狂わされた...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする