コンフィデンスマンJP 運勢編あらすじ&考察 人生を支配するのは運

【コンフィデンスマンJP・運勢編】あらすじ

コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)。

3人は、宇宙に行きたいと切実に願うアプリ開発会社の社長・松崎(船越英一郎)を巧みにだまし、大金をせしめる。

だがボクちゃんは、「今回はまれにみるひどい作戦だった」とダー子を責め、詐欺師を辞めると言い出す。

いつもたまたまついているだけ、とボクちゃんから言われたダー子は、幸運の女神に守られている、と返すが……。


そんなダー子が、新たなターゲットとして狙いを定めたのは投資家の阿久津晃(北村一輝)。

阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、賭けポーカーの元締としても暗躍していた。

債務者をギャンブル漬けにするなど、卑劣な手口で稼ぐ危ない男だった。

ボクちゃんとリチャードは、相手が悪いと反対した。

しかしダー子が耳を貸すはずもなく、なかば強引にボクちゃんたちを巻き込む。

彼らは証券マンを装い、犯罪がらみの現金を洗浄するといって阿久津に接触する。

だが、ダー子たちの正体を見抜いていた阿久津に、用意した見せ金の5000万円をあっさり奪い取られてしまう。


リチャードの占いによれば、ダー子の運はこれから下がり続けるという。

ダー子は、占いなんて迷信だと証明する、といっていくつかのターゲットを狙ったものの、信じられないような不運が続き、連戦連敗してしまう。

それでも阿久津へのリベンジを諦めないダー子に呆れたボクちゃんとリチャードは、彼女の元を去ることに……。


ほどなくボクちゃんは、渡辺若葉(中山美穂)が社長を務める遺品整理会社『おもかげ』で働き始める。

一方、海辺の町でサーフィンを楽しんでいたリチャードは、夫を亡くし、ひとりで中華料理店を切り盛りする韮山波子(広末涼子)に心をひかれていた。


ダー子は、弟子のモナコ(織田梨沙)をボクちゃんとリチャードのもとへ送り、阿久津へのリベンジに協力を求めた。
 
しかし、ふたりから拒否されてしまったダー子は、五十嵐(小手伸也)とともに再び阿久津に挑むが……。

【コンフィデンスマンJP】キャスト&スタッフ

企画:成河広明

脚本:古沢良太

演出:田中亮、金井紘、三橋利行

出演者:長澤まさみ(ダー子)、東出昌大(ボクちゃん)、小日向文世(リチャード)

プロデューサー:草ヶ谷大輔、古郡真也

エンディング:Official髭男dism 「ノーダウト」

放送期間:2018年4月9日 – 6月11日

放送時間:月曜 21:00 – 21:54

放送枠:フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ

【コンフィデンスマンJP・運勢編】感想&考察

「人生を支配するのは運であり、英知にあらざるなり」 マルクス・トゥッリウス・キケロ

ダー子たちは宇宙に行きたいと切実に願うアプリ開発会社の社長・松崎(船越英一郎)を見事に騙して大金をせしめる。

ダー子は強運の持ち主だとリチャードも認めていてサンシャイン池崎風に幸運の女神がついていると叫んだ。

投資家の阿久津晃(北村一輝)はネジ工場の社長にポーカー勝負をして彼は負け続けて多額の借金を背負う。

阿久津晃は借金を返済させるため保険金をかけて自殺させたり女性を裏業界に落とすなど黒い噂が絶えない。

阿久津晃演じる北村一輝、ハマり役だなー(*゚▽゚*)

マネーロンダリング用の資金提供のために5000万円を提供して阿久津は喜んだが彼の友人が過去にダー子に騙されていて正体がバレた。

おかげで5000万はタダでくれてやるハメになった。

ダー子は景気づけに詐欺を続けるがどれもこれも不運続きで最後には売りつけようとした豪邸にも隕石が落ちた。

ボクちゃんとリチャードがダー子に運が尽きたから大人しくしているようにいうがいうことを聞かない。

ダー子が解散だというとボクちゃんとリチャードはホテルを出て行き彼女はある書類を見てモナコにボクちゃんとリチャードに手紙を渡させた。

だが二人は手紙を破いたり燃やしたりして二人はそれぞれの人生を歩んだ。

何週間か後、ボクちゃんは遺品整理会社「おもかげ」の社長の下で働いていた。

人数が少ない会社ながら身寄りのない社員を「家族」と呼ぶフレンドリーな会社にしている。

一方、リチャードは海沿いのラーメン屋「みなと食堂」を1人で切り盛りする韮山波子と会い味噌ラーメンを食べていた。

「おもかげ」の実態は暴力団関係者であり、社員もその筋の人間。

渡辺若葉は古美術の目利きを悪用し、遺品の価値を遺族に偽って高級品は不当売買していた。

電気製品は山に不法投棄していてボクちゃんはリチャードに力をかしてくれないかと頼んだ。

リチャードは波子の借金を返すためにラーメン屋を繁盛させるために中国料理店で修行していた。

「見抜けないイカサマはイカサマじゃない」と五十嵐はダー子に言い二人は阿久津にポーカー勝負を挑もうとしていた。

もしバレたら阿久津に殺されるリスクを承知で二人は大勝負に挑もうとしている、五十嵐なんかカッコいい❗️

戦前の財閥関係者の遺品整理をしていたところ、鍵のかかった文机から古文書を発見した。

落ちていた2枚を回収し解読したことで隠し財産の茶器や首飾りを発見して机を引き取ろうと画策する。

その頃、ラーメン屋の「みなと食堂」では長蛇の列をなしていて地元の有力者の田島は悔しがっていた。

でも実はリチャードが雇ったサクラでこれで人気に火がつけば人気店になると嬉しそうだった。

文机を引き取ろうとしたがチョビ髭は1000万あれば売ってもいいと言われて渡辺若葉は窓ガラスを割って強引に古文書を盗み出した。

ボクちゃんは撤収することに決めて茶器と首飾りを回収しようとしたが若葉たちに見つかってボコボコにされた。

一方、リチャードは田島にネガティブキャンペーンをされて店の評判は落ちて大金を波子に渡した。

朝になると波子は大金とともに消えていてリチャードは呆然と座り込んでいた。

ポーカー勝負をしていたダー子と五十嵐はイカサマがバレて拘束されてダー子と阿久津は一騎打ちをした。

ダー子は阿久津に勝って金を取り返したが阿久津に一円たりとも損してないと挑発的に言われて火がついた。

阿久津は若い時に会ったヤクザのある人が教えてくれた「やるべきことをやる」という言葉で成功したと話す。

ダー子は阿久津に負けて警察に踏み込まれて留置場に入れられた。

ダー子、ボクちゃん、リチャードは喫茶店で会ってダー子は一瞬で切り替えておみくじを引いた。

何週間か前、ダー子はボクちゃんとリチャードに解散といった時、阿久津の昔の女のことをモナコに調べさせた。

阿久津、若葉、波子にそれぞれボクちゃんとリチャードに接触させた。

そして、阿久津のロイヤルストレートフラッシュこそダー子が仕掛けた「逆イカサマ」であった。

ダー子達から巻き上げた金もあることから「ツイてる」と信念が崩壊した。

若葉からの儲け話に対し5億円を提供、ラーメン屋の土地の持ち主に扮したモナコに支払ってしまった。

諸経費を除いても当初奪った5000万・ポーカーで巻き上げた1億・そして金庫の中身3億円全てを奪われる完敗を喫する。

ダー子はボクちゃんとリチャードにわざと失敗させてどん底に落ちたらあとは浮上するだけだと語る。

次なる悪徳プロモーターのためにダー子はボクちゃんたちにアイドルになると宣言していた。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『コンフィデンスマンJP』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎