テセウスの船 4話あらすじ&考察 心、父親の無実を証明したい

【テセウスの船・4話】あらすじ

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。

父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。

生き残った姉は行方知れずで、自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。

最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねる。

だが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言う。

しかし、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。

心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。

心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。

しかし、大きな困難が待ち受けるのだったーー!

⬇︎前回のあらすじはこちら

キャスト&スタッフ 原作:東元俊哉『テセウスの船』 脚本:高橋麻紀 演出:石井康晴、松木彩、山室大輔 出演者...

キャスト&スタッフ

原作:東元俊哉『テセウスの船』

脚本:高橋麻紀

演出:石井康晴、松木彩、山室大輔

出演者:竹内涼真(田村心)、榮倉奈々(佐野和子)、安藤政信(車椅子の男)、貫地谷しほり(田村鈴)、芦名星(佐々木紀子)、竜星涼(長谷川翼)、せいや(霜降り明星)(田中正志)、今野浩喜(徳本卓也)、白鳥玉季(佐野鈴)、番家天嵩(佐野慎吾)、上野樹里(特別出演)(田村由紀)、ユースケ・サンタマリア(金丸茂雄)、笹野高史(石沢秀夫)、六平直政(井沢健次)、麻生祐未(木村さつき)、鈴木亮平(佐野文吾)

音楽:菅野祐悟

エンディング:Uru 「あなたがいることで」

時代設定:1989(平成元)年1月7日 – 2020(令和2)年1月

プロデューサー:渡辺良介、八木亜未

製作:大映テレビ、TBSテレビ

【テセウスの船・4話】感想&考察

心は未来に戻り事態は余計に悪いほうに転がった。

由紀が生きているかもしれないと思い由紀の実家に行くが、彼女は心の知っている由紀ではなかった。

由紀は週刊誌の記者で心が佐野文吾の息子だと知ると質問攻めにした。

心は文吾に面会して「待ってたよ」と心に言った。

心が未来に戻った後、文吾はお楽しみ会の見回りをしてオレンジジュースや飲み物を手当たり次第捨てた。

だが結局、毒は”はっと汁”の中に入れられていた。

心には新しい人生を生きてほしいと告げて帰っていった。

帰り道に心は姉の鈴と再会して二人は喜んで鈴は村田藍という名前を変えていた。

鈴が31年の間に何があったんだ、気になる(*´ー`*)

その時、音臼小の教師だった木村さつきと鈴の内縁の夫が心の前に現れた。

木村さつきの家にきた心は鈴に電話で帰ってと言われた。

心はさつきの部屋に音臼小の生徒と撮った木村さつきの写真を発見した。

この写真は何でさつきの家にあったんだ❗️

鈴の内縁の夫の車椅子の男は何と音臼小の生徒でさつきは文吾のことを激しく憎んでいた。

鈴は顔を整形して名前も変えて新しい人生を生きたいと心に訴えて心にはもう2度と会わないと伝えた。

鈴が家族ともう2度と会わないと伝えた時に悲しい気持ちになった、家族がバラバラで暮らさなきゃいけない現実に…。

心は由紀とカフェで会って音臼小の被害者の集いに参加したいと話す。

文吾がたった一人の父親だからと心に説得されて由紀は被害者の集いの場所を教えた。

心の熱意ある説得が心を打ち、今まで文吾との過去での暮らし。

それは心に父親とはどういうものかを教えてくれたのだと僕は思う(*´ω`*)

心は鈴に被害者の会に行くと伝えて鈴は冤罪を晴らすなんてできない。

これが私たち家族の運命なんだと心に伝えた。

その話を盗み聞きしていたさつきは憎しみを抱えながら立ち去っていった。

さつきはどこかで鈴のことを怪しんでだんだろうな(゚ω゚)

鈴を監視カメラで監視してたのは案の定さつきだった❗️

心が被害者の会の会場に来てそこに由紀が現れた。

さつきは会場に来ないと聞いていたがそこにはさつきが来ていた。

諦めかけたその時、電話で鈴は冤罪を証明してくれる人を見つけてと心に伝えた。

鈴も自分の幸せを壊してもいい覚悟で心にそう言ったんだな…。

心は会場に出ていこうとしたが姉の幸せは壊せないと出ていけなかった。

すると、由紀が代わりに壇上に立って佐野文吾は無実だと訴え続けた。

それが功を奏して、新事実を証言してくれる人が現れて心と由紀は喜んだ。

心はこのことをメールで報告したがカメラでさつきは鈴の様子を見ていた。

彼女の机にはシアン化カリウムの入った瓶と真犯人のものと思われる絵が置かれていた。

さつきが真犯人なのか、そして新事実とは一体何なんだ⁉️

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『テセウスの船』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

【テセウスの船・5話】あらすじ タイムスリップした平成元年から再び現代に戻ってきた田村心(竹内涼真)。 心は、犯人を止め...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする