コンフィデンスマンJP 6話あらすじ&考察 考古学は取り憑かれるもの

【コンフィデンスマンJP・6話】あらすじ

自転車で一人旅をしていたボクちゃん(東出昌大)は、山間にある十色村を訪れた。

そこでボクちゃんは、川辺守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫妻が切り盛りするラーメン店の素朴な味に魅了される。

夫妻は、この村に特産品を使った商品などを販売する「ふるさとふれあいモール」が出来ることを喜んでいた。

ところがその2年後、再び村を訪れたボクちゃんは、ふれあいモールの建設計画のことを知る。

そして、いつの間にか産業廃棄物処理場の建設計画に変わっていることを知る。

このプロジェクトを手がけていたのは、地方再生や町おこしを得意とするアメリカ帰りのコンサルタント・斑井満(内村光良)だった。

斑井は、町おこしのプロジェクトを持ちかけてタダ同然の金額で土地を買い付けた。

そのプロジェクトを頓挫させて、知り合いの産廃処理会社に土地を転売していた。


ボクちゃんは、ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、産廃処理場の建設工事を止める手助けを頼んだ。

ダー子は、産廃処理場の方が役に立つ、といって金にもならない話には乗らなかった。

しかし、工事を止めるだけならその土地から土器や土偶といった、遺跡があった証拠が出てくればいい、と助言する。

リチャード自慢のコレクションから縄文土器を借りたボクちゃんは、建設現場のアルバイトに扮して潜入した。

現場で土器を見つけたと報告する。

すると斑井は、いきなりその土器を地面に叩きつけて粉々に壊してしまう。

ボクちゃんを手伝うことにしたダー子は、五十嵐(小手伸也)に斑井の情報収集を依頼した。

彼の父親・万吉が、家族を顧みずに遺跡発掘に明け暮れていた。

奇説を唱えては変人扱いされていたアマチュアの考古学研究者だったことを知ったダー子たちは…。

⬇︎前回のあらすじはこちら

【コンフィデンスマンJP・5話】あらすじ ダー子(長澤まさみ)は野々宮総合病院の理事長・野々宮ナンシー(かたせ梨乃)を新たなタ...

【コンフィデンスマンJP】キャスト&スタッフ

企画:成河広明

脚本:古沢良太

演出:田中亮、金井紘、三橋利行

出演者:長澤まさみ(ダー子)、東出昌大(ボクちゃん)、小日向文世(リチャード)

プロデューサー:草ヶ谷大輔、古郡真也

エンディング:Official髭男dism 「ノーダウト」

放送期間:2018年4月9日 – 6月11日

放送時間:月曜 21:00 – 21:54

放送枠:フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ

斑井満役/内村光良

斑井コンサルティング代表取締役社長の斑井満を演じるのは内村光良で、彼は1964年7月22日生まれの熊本県人吉市出身。

映画監督デビュー作に2006年の『ピーナッツ』、2017年の紅白歌合戦から3年連続で司会を務めるなどマルチな才能を発揮して理想の上司ランキングで3連覇もしているすごい人(*゚▽゚*)

【コンフィデンスマンJP・6話】感想&考察

「あのトロイアが、実際に存在するに違いないという確信が、多事多難な人生の浮き沈みを繰り返す間にも決して私を見捨てなかったことはなんという幸いだったろう」 ハインリッヒ・シュリーマン

ボクちゃんは夫婦が切り盛りするラーメン屋に行き、そこで村に「ふるさとふれあいモール」ができると聞いて喜んでいた。

しかし、ボクちゃんが後日行くとそこでは産業廃棄物処理場の工事が進んでいてボクちゃんはふるさとを取り戻そうとダー子たちに言った。

ダー子はお金にならない仕事はしないとボクちゃんに言ってボクちゃんはリチャードのコレクションを持っていった。

だが、コンサルタントの斑井満がリチャードのコレクションを粉々にしてリチャードはショックを受けた。

リチャードが気の毒だな、怒りの炎が燃えてるo(`ω´ )o

斑井は様々な肩書を持つ経営コンサルタントとして地方創成のためと称し、モール建設など甘い言葉で住民から土地をタダ同然で買い上げる。

だが、すぐに建設中止させて産業廃棄物処理場用地として転売し荒稼ぎしている。

コンフィデンスマン達によって作られたニセの縄文土器が発掘されたとして、東部大学の考古学教授・牛久幸次郎(リチャード)と接触した。

リチャードが本物の牛久教授から逃げるシーンが面白かったww。

五十嵐は新聞カメラマンに扮して土器の写真を撮って牛久は遺跡発掘には第三者の目が必要だと斑井に伝えた。

だが、斑井はすぐに偽物だと見抜いてダー子たちの計画は失敗した。

五十嵐はダー子に頼まれて超古代文明があるとネットで拡散して考古マニアたちが集まってきた。

熱烈なアマチュア考古学者の常滑富子(ダー子)も登場した。

万吉の学説と似た事を言う常滑や熱心に発掘作業を行う考古マニアたちに心を動かされ、一旦は遺跡発掘を喜ぶ。

ダー子の熱量がすごくて魅入っちゃった💖

ラーメン屋の夫婦はこの村に遺跡が発掘されたと喜んでいてボクちゃんは罪悪感に苛まれた。

ボクちゃんは本物の牛久教授に連絡して教授はどれもニセモノだと断定して産廃処理場の工事は再開された。

一方、斑井は常滑たち考古マニアに感化されて迷っていて匿名の人物から父親の万吉の考古学の本を見て心は決まった。

斑井は常滑に3億円で山を買って遺跡発掘に明け暮れた、かつての斑井万吉のように…。

ダー子は考古学に取り憑かれるのは名声のためではなく探し続ける行為そのものだとボクちゃんとリチャードに考古学の真髄を話した。

ボクちゃんは夫婦にお金を持っていったがラーメン屋は産廃処理場の従業員たちで大にぎわいしていた。

そして、ダー子は遺跡発掘に行ってリチャードとボクちゃんは彼女が考古学に取り憑かれたことを悟った。

ダー子が遺跡を発掘する日は来るのかな(●´ω`●)♬

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『コンフィデンスマンJP』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎