ケイジとケンジ-所轄と地検の24時-第3話あらすじ&考察

はじめに

『ケイジとケンジ-所轄と地検の24時-』第3話では、バーの店内で男性の刺殺体が発見された。

豪太は捜査一課と一緒に捜査をしようとするが一課にこき使われるだけ。

検事の修平はなかなか逮捕に踏み切れず一課もイライラしていた。

刑事の目黒元気を演じる磯村勇斗は連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインの婚約者を演じて話題になりました。

キャスト&スタッフ

脚本:福田靖

演出:本橋圭太、及川拓郎

出演者:桐谷健太(仲井戸豪太)、東出昌大(真島修平)、比嘉愛未(仲井戸みなみ)、磯村勇斗(目黒元気)、今田美桜(毛利ひかる)、渋谷謙人(日下直樹)、奥山かずさ(森岡奈緒子)、矢柴俊博(多胡永吉)、菅原大吉(桂二郎)、峯村リエ(持丸栄)、西村元貴(亀ヶ谷徹)、奥貫薫(宮沢かほり)、柳葉敏郎(樫村武男)、風間杜夫(大貫誠一郎)

エンディング:宮本浩次 「ハレルヤ」

チーフ・プロデューサー:黒田徹也

プロデューサー:服部宣之、飯田サヤカ、菊池誠、松野千鶴子、岡美鶴

制作:(制作協力)アズバーズ

製作:テレビ朝日

第3話あらすじ

閉店していたバーの店内で男性の遺体が発見される。

現場に急行した刑事の豪太と検事の修平は初めての殺人事件に舞い上がっていた。

横浜地検検事支部長の樫村武男(柳葉敏郎)に直訴した修平はこの事件の担当を任された。

一方の豪太は捜査一課が主導する捜査に参加することになった。

浮かび上がった被疑者は、運送会社勤務の瀬川大介(薬丸翔)で瀬川は事件当時バーにいたことが判明。

さらに被疑者と喧嘩していて警察が取り調べをするが犯行を認めず、凶器もみつからない。

そこにやってきたのは”落としの長さん”の異名を持つ捜査一課長の見城長一郎(池田成志)。

見城は取り調べで狂気の隠し場所を吐かせてみせると修平に約束する。

しかし、修平は起訴できる完璧な証拠を揃えてからだと話す。

一方の豪太はガールズバーに行き、店員の三浦舞(古畑星夏)をデートに誘う。

そして、刑事と検事のあってはならない事態が発生するーー!

感想&考察

豪太は所轄だから捜査には参加できずに聞き込みに回された。

修平ははじめての殺人事件で浮き足だっていて捜査一課がパートナーになり気を引き締めた。

豪太は捜査会議に参加して瀬川大介が容疑者に浮上した。

瀬川は取り調べを受けて紙袋はゴミ箱に捨てたと供述した。

所轄の多胡たちは紙袋を探していて豪太は瀬川からガールズバーのミクという女の子と付き合っていると話した。

豪太が取り調べ室で瀬川にSNSの話と彼女の話をしてるってどんだけのんきなのー( *`ω´)

検事支部長の樫村は修平に被疑者が高飛びしたり自殺したら問題になると忠告した。

樫村はただ署長の大貫に負けたくないだけです!

豪太は捜査一課の刑事に修平の事務官のみなみに瀬川を逮捕させてほしいとお願いしてくれと頼まれる。

だがみなみは断って豪太は必死にお願いしていた。

豪太の捜査の最前線に立ちたいっていう下心が透けて見える(・ω・`)

修平は瀬川が自殺するのではないかと怯えて捜査一課に逮捕するよう指示をだす。

だが、瀬川は否認を続けていて見城は瀬川に怒鳴っていた。

昭和の刑事って感じで今の時代は通用しないっていう目黒の意見に同感です♬

豪太はミクこと三浦舞を警察署に呼んで瀬川のことを聞く。

舞は瀬川を庇っていたが修平は瀬川とまた一緒になりたいなら罪を償ってリセットするしかないと説得した。

舞は店の包丁でバーの赤松を殺したと話して見城は瀬川に赤松の血痕がついた包丁を見せた。

瀬川は罪を認めて起訴され警察と検察は一緒に祝杯をあげた。

警察と検察はいがみあっていて仲良く捜査できないものでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『ケイジとケンジ-所轄と地検の24時-』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする