10の秘密第3話あらすじ&考察 由貴子の目的は?

はじめに

『10の秘密』第3話は、圭太は由貴子と会って帝東建設の不正の証拠が入ったUSBを渡した。

向井理の迫真の演技が注目されるこのドラマ。

白河瞳を演じる山田杏奈、実は映画『屍人荘の殺人』でゾンビから逃げて来た生き残りの静原美冬を演じていたと知りビックリしました。

映画の時は長髪だからわからなかったな〜♬

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『10の秘密』第2話では、圭太は瞳がこっそり会っていた伊達翼のところに行き瞳がお父さんのことが思いと話していたと聞か...

第3話あらすじ

二本松によって誘拐された瞳(山田杏奈)を救い出すために圭太(向井理)は由貴子(仲間由紀恵)に電話する。

圭太は由貴子に指示されて帝東建設の不正の証拠を手に入れる。

誘拐犯との危険な取引に圭太は由貴子のことを心配するが由貴子は圭太から不正データの入ったUSBを手にし、由貴子は二本松と対峙する。

圭太と菜々子(仲里依紗)の二人は瞳の帰りを待っていた。

だが、圭太は娘が誘拐された原因は10年前に起きた事件にあるのではと一人考えていた。

圭太と由貴子は10年前の事件の秘密について語り始めた。

そして、圭太が翼(松村北斗)の部屋を訪ねると、10年前の秘密について瞳から相談を受けていた。

翼は圭太に探りを入れて圭太から10年前の秘密を聞き出そうとする。

そんな中、仕事に復帰した圭太は決して公にされたくないある秘密を会社に知られてしまい取り返しのつかない事態に陥る。

背水の陣になった圭太は、矢吹が残した帝東建設の秘密を武器に疑惑の誘拐犯への逆襲に打って出るーー!

感想&考察

由貴子はただ瞳を救いたい一心でUSBを誘拐犯の二本松に渡した。

金のためではなかったんですねー( ̄^ ̄)

そのあと由貴子は目立たない服に着替えてどこかに行きましたがどこに行ったんでしょうね。

瞳は去年友達とバーベキューに行っていた時に4歳のキャンプの時の火事の日のことを思い出したと話す。

瞳は自分のせいで火事になってそのせいで離婚したり誘拐されたりしたと圭太に言った。

圭太はあの火事は瞳のせいじゃないと言い瞳に真実を告げた…。

圭太は瞳がランプを倒したせいで乾燥した枯れ葉から火がついた。

圭太たちの家だけでなく隣の木や家まで燃え移った。

圭太は瞳のために隠そうと由貴子に話して墓場まで持っていく覚悟はあると由貴子は圭太に聞いた。

10年前の火事はそういうことだったんですねーー!

このシーンで瞳は気になり出したらどうしても知りたくなって探偵を雇ったと圭太に打ち明けます。

この後圭太は瞳を抱いて再会を喜ぶシーンが感動的で涙が出そうになりました(T ^ T)

圭太は不正な金を受け取って上司から懲戒解雇されてしまいました。

母親の白河純子のもとにきて金を借りようとしますが小言を言われてしまい圭太は何も言わずに帰っていった。

圭太は帝東建設の手抜き工事を見抜き不正のデータと引き換えに金を要求した。

圭太も仕事をクビになって切羽詰まってます(^_^;)

一方、由貴子は二本松と密会してケースを渡して中には大金が入っていた。

まさか由貴子が二本松と共犯だったとはーーー‼︎

驚きのラストシーンに次回も目が離せません!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『10の秘密』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする