絶対零度-未然犯罪潜入捜査-第4話あらすじ 佐藤奈々を演じた女優は?

はじめに

『絶対零度-未然犯罪潜入捜査-』第4話では、ミハンが次の危険人物にはじき出したのはNPO法人に在籍している”いのちの相談員”杉原佳代だった。

彼女は失踪に見せかける方法を調べていてスタンガンも購入していて、10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族で夫を殺されていた。

井沢たちはNPO法人にスタッフとして潜入して佳代が加害者家族の佐藤奈々と接触していることが明らかになる。

果たして佳代の目的は、そして井沢たちミハンは佳代を止めることができるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:浜田秀哉

音楽:横山克

主題歌:家入レオ『未完成』

企画:稲葉直人

プロデュース:永井麗子、関本純一

演出:石川淳一、品田俊介、木村真人、小林義則

制作:フジテレビ

出演者:沢村一樹(井坂範人)、横山裕(山内徹)、本田翼(小田切唯)、森永悠希(吉岡拓海)、高杉真宙(篠田浩輝)、上杉柊平(北見俊哉)、マギー(早川誠二)、粗品(門田駿)、水野真紀(香坂朱里)、柄本明(加賀美聡介)

※ここからネタバレ注意!

第4話あらすじ&ネタバレ

1994年、若い頃の香坂は父親からの電話に出て香坂が父親のところに向かうと彼女が目にしたものは…

現在に戻り、井沢と香坂は柔道場で闘って井沢は投げ飛ばされて吉岡にマッサージしてもらっていた。

井沢(沢村一樹)たちのもとへやって来た香坂(水野真紀)は、ミハンが割り出した新たな危険人物の捜査を開始する。

ミハンが次に危険人物に選んだのは?

その人物とは、自殺を考えている人たちの相談に乗っているNPO法人に在籍している”いのちの相談員”杉原佳代(木野花)だった。

佳代は失踪に見せかける方法を調べていてスタンガンも購入していた。

そして、佳代にはもう一つ気になることがあり、彼女は10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族で夫を殺されていた。

井沢と山内(横山裕)は佳代が是移籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入して佳代は夫が殺された時のことを話した。

一方、小田切(本田翼)と吉岡は駆け落ち同然で上京したカップルに扮して佳代のシェアハウスを訪れていた。

シェアハウスで暮らしていた佳代と一緒に写っている写真の女性は保育士の佐藤奈々だとわかる。

奈々は大森山無差別殺傷事件の犯人・川久保淳也の妹で佳代はなぜ奈々に接触したのか井沢は疑問に思った。

井沢たちは佳代が奈々に復讐しようとしているのではと考えた。

奈々は3ヶ月ほど前に部屋を出て行ったことが明らかになって梶智明が奈々を迎えに来た。

その時、奈々が突然フルフェイスの男に卵を投げつけられて淳也は獄中で事件のことを本にするという情報を知った。

井沢はまずは奈々を調べることにして香坂も積極的に捜査に乗り出す。

香坂と井沢は奈々に話を聞きに行き、奈々と梶は加害者家族を救うために活動していると話す。

井沢と香坂、奈々に事件の話を聞く

奈々は世間からひどいバッシングを受けて兄のことを止められなかったと後悔していた。

奈々は家族が心中をした話をして自分だけ助かったと話した時香坂は辛そうだった。

香坂は佳代を同席させて奈々は驚いていて井沢は殺意をあぶり出すと小田切たちに言った。

佳代は奈々に追い詰めた犯人がもう少しでわかると伝えて奈々からの電話をもらった時に奈々は佳代に謝り続けていた。

それを見た佳代は奈々に抱きつき奈々が私を救ってくれたと伝えたが奈々は新しい家族を作ると言って去っていった。

佳代が奈々を誹謗中傷した人物を特定しようとしていると井沢たちは話して山内が見たフルフェイスの男が犯人だと断定した。

井沢は佳代が奈々を助けようとしているのに奈々が拒んでいるのが気になっていた。

香坂と加賀美は奈々に卵をぶつけた犯人の家にきていたが男の話を聞き奈々に危害を加えた人物が一人じゃないことがわかった。

香坂は佳代の居場所を特定しようとしていて井沢が香坂が単独行動をしていると注意した。

奈々を傷つけた人間はSNSのダイレクトメッセージで何者かに指示されてやったことがわかった。

井沢と香坂は梶が奈々を誹謗中傷させた犯人だと確信して佳代がそれを知って梶に証拠を突きつけようとしていると話す。

香坂の過去とは?

佳代は梶の前に現れてスタンガンを取り出して襲いかかった。

その時奈々が佳代に立ちはだかって私なんかと結婚してくれる人は他にいないからと話して二人は去ろうとする。

香坂が梶に襲いかかって殴ろうとすると井沢が止めに入って梶のことをネットに晒したと言って炎上したSNSを見せた。

佳代は奈々に手を差し伸べて奈々の話を聞いた。

香坂は神経ガスがまかれた事件現場にきて慰霊碑に手を合わせていた。

そして、井沢が香坂の前に現れて香坂が法務省にいた頃加害者家族の救済にあたっていたと井沢は話した。

そして、香坂の父親が映画館に神経ガスをばらまいて多くの人を殺したことを話す。

井沢の話を聞いた香坂は今の父親は殺人者の娘であることを隠すために戸籍を操作したと井沢に告げた。

井沢は香坂が犯罪を未然に防ごうとする気持ちに嘘はないと言い香坂を仲間と認めた。

法務省官僚の北見はミハンシステムを法制化させるために一度法務省に戻っていき香坂は井沢たちに次の危険人物を伝えた。

1994年、香坂は父親が起こした事件現場に花を持ってきていてそこには加賀美もいて二人はすれ違った。

感想

井沢と山内(横山裕)は佳代が是移籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入して佳代は夫が殺された時のことを話した。

一方、小田切(本田翼)と吉岡は駆け落ち同然で上京したカップルに扮して佳代のシェアハウスを訪れていた。

シェアハウスで暮らしていた佳代と一緒に写っている写真の女性は保育士の佐藤奈々だとわかる。

このシーンで佳代と奈々が一緒に写っている写真が映っていました。

この幸せそうな二人が何で喧嘩をしたのかが気になってこの後の衝撃的な真相の伏線とわかってすごく重要なシーンだとわかりました。

ラストで香坂の過去が明らかになって香坂も加害者家族で奈々の気持ちが痛いほどわかる立場。

それで香坂も犯罪を未然に防ぎたいと決意していた一人だったんだと知って彼女のことがより好きになりました💖

第4話で登場した佐藤奈々を演じた木竜麻生について調べて見ましたので気になった方はご覧ください。

佐藤奈々を演じた木竜麻生とは?

2014年に映画『まほろ駅前狂騒曲』で女優デビューしました。多数のCMにも出演し、CM美女として話題を呼びます。

2018年、瀬々敬久監督の映画『菊とギロチン』では新人女力士の花菊役にオーディションで300人の中から選ばます。

映画初主演を果たし、映画『鈴木家の嘘』でもオーディションを兼ねたワークショップで400人の中から選ばれ、ヒロインを務めました。

この二つの作品が出品された第31回東京国際映画祭で輝きを放った若手俳優に贈られるジェムストーン賞を受賞し、その後も国内の数々の新人賞を受賞します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『絶対零度-未然犯罪潜入捜査-(シーズン4)』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする