リッチマンプアウーマン第8話あらすじ&感想 NIは僕のすべてだった

キャスト&スタッフ

脚本:安達奈緒子

演出:西浦正記、田中亮

出演者:小栗旬(日向徹)、石原さとみ(澤木千尋/夏井真琴)、相武紗季(朝比奈燿子)、井浦新(朝比奈恒介)

制作:フジテレビ

⬇︎前回のあらすじはこちら

キャスト&スタッフ 脚本:安達奈緒子 演出:西浦正記、田中亮 出演者:小栗旬(日向徹)、石原さとみ(澤木千尋/夏井...

【リッチマンプアウーマン】第8話あらすじ

日向は怒りに震えながら恒介のオフィスに来てお前なのかと問いかけた。

恒介は今までのことは自分がやったと認めた。

ガキにデカいオフィスを与えて遊ばせてやったがガキを甘やかし過ぎると腐ると日向に言い放った。

一方、真琴は日向のニュースを見て日向のことが心配になったが真琴は製薬会社からの誘いを断るかで悩んでいた。

日向は山上から持ち株を売った残りの少ない金額を渡した。

恒介のことどこまで気づいてたと山上に聞いたが恒介の考えは読めないと答えた。

そして、山上は日向にパーソナルファイルの新規事業は会社の手にあると言われて日向は絶対に認めなかった。

日向はパーソナルファイルのデータを開こうとしたがアクセス拒否されて日向は怒りで机のものをぶちまけた。

日向はパーソナルファイルだけを切り離して新会社を作ると社員の前で宣言した。

だが、そこに恒介が来て日向にとってこの会社は少々大きくなりすぎたと話す。

恒介「未来を作るのは、変わっていくことを楽しめる人間だ」

社員たちにそう宣言して社員たちは喜んで仕事に戻っていって真琴はその様子を見ていた。

日向は自分のオフィスを片付けていて真琴は日向を励まそうとしたがうまく言えなかった。

一方、安村、細木、小川はNIをやめて日向のつくる新会社に行こうか悩んでいたら日向が三人を新会社に誘った。

日向は真琴も製薬会社にいくのを断って新会社に行くと三人に宣言して三人は新会社に行くことを決めた。

真琴は燿子にレストランで送迎会をやりたいと話して燿子はそれほど深刻な状況でないことに安心した。

日向は何も持たずに会社を出ていきビルの入り口で恒介に会って日向は社員証を恒介に渡した。

真琴は日向の態度が変わったことに戸惑っていて親友の小野に悩みを打ち明けた。

安村は日向がいないと何もすることがないと山上に言い山上も寂しがっていた。

真琴は恒介にNIに来ないかと誘われて真琴は戸惑っていた。

日向は警備員から来客用のカードを受け取ってNIにやって来て社員たちはNIの設立から現在に至るまでの映像を見た。

映像が終わり日向がみんなの前で話をして、日向は8年前は多くの人と関われるような社会性のある人間ではなかったと語る。

日向は泣きながらNIを恒介に任せることに賛成だといった時、恒介がテレビで記者会見をしていた。

恒介はテレビでJIテックと共同でパーソナルファイルを開発していくことを発表して日向は身ぐるみ剥がされた。

そして、恒介が会社に来て彼は日向に「お前は俺がいないと何もできないもんな」と耳打ちした。

日向はNIは僕が作った会社だと社員たちの前で叫んで恒介はこれ以上醜態晒すなと日向に言った。

日向はプロジェクターをNI設立当時に書いた壁にぶち当てて日向は去っていった。

傷ついた日向のもとに真琴が来たが日向は構わずエレベーターで下に降りていった。

真琴は日向の後を追おうとしたが恒介が止めに入ってNIに来て欲しいとお願いする。

だが真琴は断って「日向さんのことが好き」と恒介に打ち明けた。

真琴は日向のバイクを必死に止めて彼女は日向と一緒に行きたいと言い研究所もNIも断ったと笑って言った。

日向は真琴を後ろに乗せて二人はNIのビルの前でツーショット写真を撮った。

ビルを見ながら日向は「NIは僕のすべてだった」と真琴に話して日向は真琴を乗せてバイクで走り出していった。

【リッチマンプアウーマン】感想

会社に恒介が来て日向にとってこの会社は少々大きくなりすぎたと話す。

恒介「未来を作るのは、変わっていくことを楽しめる人間だ」

社員たちにそう宣言して社員たちは喜んで仕事に戻っていって真琴はその様子を見ていた。

恒介、日向を追い出したくせにいいこと言うなあー♪( ´▽`)

日向は真琴を後ろに乗せて二人はNIのビルの前でツーショット写真を撮った。

ビルを見ながら日向は「NIは僕のすべてだった」と真琴に話して日向は真琴を乗せてバイクで走り出していった。

日向と真琴のこのラストシーンはすごく印象的で僕の一番好きなシーンです💖

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『リッチマンプアウーマン』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

キャスト&スタッフ 脚本:安達奈緒子 演出:西浦正記、田中亮 出演者:小栗旬(日向徹)、石原さとみ(澤木千尋/夏井...