パーフェクトワールド第7話あらすじ&考察 つぐみ、樹のことを想う

キャスト&スタッフ

原作:有賀リエ

脚本:中谷まゆみ

演出:三宅喜重、白木啓一郎

制作:カンテレ

放送局:フジテレビ系

放送期間:2019年4月16日 – 6月25日

出演者:松坂桃李(鮎川樹)、山本美月(川奈つぐみ)、瀬戸康史(是枝洋貴) 、中村ゆり(長沢葵)、松村北斗(SixTONES)(渡辺晴人)、岡崎紗絵(川奈しおり)、池岡亮介(沢田一馬)、高島豪志(三村芳正)、木村祐一(渡辺剛)、水沢エレナ(雪村美姫)、紺野まひる(高木楓)、山中崇(高木圭吾)、堀内敬子(川奈咲子)、とよた真帆(東美千代)、麻生祐未(鮎川文乃)、松重豊(川奈元久)

⬇︎前回のあらすじはこちら

キャスト&スタッフ 原作:有賀リエ 脚本:中谷まゆみ 演出:三宅喜重、白木啓一郎 制作:カンテレ 放送...

【パーフェクトワールド】第7話あらすじ

つぐみは圭吾の仕事を何で断ったのか理由を樹に聞く。

樹は圭吾の奥さんが亡くなった後も圭吾がローンを払い続けることを考えると悲しくなって断ったと話した。

つぐみは圭吾が楓を説得していつか来てしまう不幸な出来事に負けなかったと樹に語ってつぐみはお願いした。

樹は松本に行って圭吾と楓に直接話を聞くとつぐみに話した。

つぐみと樹は連絡先を交換してつぐみは帰って行き樹はもう終わったことだからと笑顔で渡辺たちに言った。

樹は家に帰って葵に松本に行くと伝えてつぐみが洋貴と結婚することも話した。

洋貴とつぐみが幸せになるように祈っていると葵に告げた。

つぐみはしおりと洋貴の家に寄って夕食を食べた後に洋貴は結婚のことについて話した。

「私でよければよろしくお願いします」とつぐみは洋貴に言って洋貴はつぐみに抱きついた。

それを見ていたしおりは晴人に「失恋確定」と「目標達成」とメールして泣いていた。

洋貴はスーツでつぐみの実家に行き元久に結婚してくださいと頭を下げた。

洋貴とつぐみは結婚式の日取りを決めていた時に圭吾と会って樹を説得してくれたことへのお礼を言った。

洋貴とつぐみは車の中で樹と仕事の話をすることを黙っていたことをつぐみは謝った。

洋貴は樹がつぐみと会ったけど仕事だとメールしてきたとつぐみに伝えた。

二人はホテルに泊まって洋貴はつぐみにキスしたがつぐみの中の樹が消えるまで待つと約束した。

洋貴は嫌だけど応援するとつぐみに伝えてつぐみは洋貴の優しさが嬉しかった。

つぐみと樹は楓の入院している病院に行き楓は二人に会いたくないと言っていると圭吾は言った。

自分が乗り越えられなかった壁を楓たちは乗り越えようとしているからつぐみは応援したいと考えていると樹は楓に伝えた。

つぐみは樹が松本に来たのはそれなりの理由があると圭吾に話す。

樹は楓の病室で家のイメージ図を圭吾と楓に見せた。

プライベートな空間を実現できるように設計したと樹は圭吾夫婦に伝える。

樹は楓と圭吾、二人の夢を両方叶えるための家だと言い二人はお礼を言った。

県産材を使えたら助成金が出るから調べるとつぐみは樹に伝えた。

樹はつぐみに強くなったと話して樹は車で帰っていった。

つぐみは洋貴との結婚を決めたと美姫に伝えて「これでみんな幸せになれる」と話す。
 
晴人としおりは一緒にゲームをしていてしおりが義足を外したらと言い晴人は嬉しくなっていた。

その時洋貴が帰ってきて彼がいい人だと洋貴はしおりに言った。

つぐみは会社で仕事の話をしていて会社に葵が来た。

葵はつぐみにきつく当たったことを謝って樹と付き合うことになったとつたえてお願いしますと頭を下げた。

つぐみは高校の時に描いた体育館の絵を見て樹が絵を好きだったと言ったことを思い出していた。

結婚式場に来たつぐみと洋貴は文乃と会い彼女は婚約者と来ていて樹と一緒になって欲しかったと自分の気持ちを打ち明ける。

「幸せになってね」と文乃は言いつぐみと別れて樹は葵と一緒になったとつぐみは洋貴に言った。

文乃は樹の家に来て樹は文乃のためにハワイ行きのチケットを渡した。

樹と葵はチャコのリードを外して自由に走り回っていて樹もできることなら走りたいと気持ちを話した。

樹は葵のカバンにあったチケットを見て葵が松本に行ったことを知った。

葵は樹に謝ってまた自分の居場所がなくなるんじゃないかと不安になってついつぐみに樹と付き合っているって言ってしまったと泣いていた。

つぐみと樹は共に仕事をして仕事の帰りに樹はつぐみに結婚おめでとうと言った。

樹は車に乗って幸せになれよと言って帰っていった。

つぐみは仕事のことを元久に話していると地震が起きて元久はつぐみをかばった。

樹は建築中の家の中にいて地震が起きて資材が倒れてきて樹は下敷きになった。
 

【パーフェクトワールド】感想&考察

第7話の見どころは、本心を隠しながらお互いの幸せを願う、樹とつぐみの健気なシーンが印象的です。

つぐみは洋貴と付き合いだして今でもつぐみは樹のことが好きで洋貴もそのことに気づいていた。

葵はつぐみにきつく当たったことを謝って樹と付き合うことになったとつたえてお願いしますと頭を下げた。

つぐみは高校の時に描いた体育館の絵を見て樹が絵を好きだったと言ったことを思い出していた。

結婚式場に来たつぐみと洋貴は文乃と会い彼女は婚約者と来ていて樹と一緒になって欲しかったと自分の気持ちを打ち明ける。

文乃も樹とつぐみが一緒になってほしかったと自分の正直な気持ちをつぐみに話すシーンはなんとも切ないシーンでしたね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『パーフェクトワールド』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

キャスト&スタッフ 原作:有賀リエ 脚本:中谷まゆみ 演出:三宅喜重、白木啓一郎 制作:カンテレ 放送...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする