パーフェクトワールド第5話あらすじ&考察 樹、つぐみに別れを告げる

キャスト&スタッフ

原作:有賀リエ

脚本:中谷まゆみ

演出:三宅喜重、白木啓一郎

制作:カンテレ

放送局:フジテレビ系

放送期間:2019年4月16日 – 6月25日

出演者:松坂桃李(鮎川樹)、山本美月(川奈つぐみ)、瀬戸康史(是枝洋貴) 、中村ゆり(長沢葵)、松村北斗(SixTONES)(渡辺晴人)、岡崎紗絵(川奈しおり)、池岡亮介(沢田一馬)、高島豪志(三村芳正)、木村祐一(渡辺剛)、水沢エレナ(雪村美姫)、紺野まひる(高木楓)、山中崇(高木圭吾)、堀内敬子(川奈咲子)、とよた真帆(東美千代)、麻生祐未(鮎川文乃)、松重豊(川奈元久)

⬇︎前回のあらすじはこちら

キャスト&スタッフ 原作:有賀リエ 脚本:中谷まゆみ 演出:三宅喜重、白木啓一郎 制作:カンテレ 放送...

【パーフェクトワールド】第5話あらすじ

つぐみは線路に落ちて駅員がすぐに緊急停止ボタンを押して樹は必死につぐみの名を叫んでいた。

樹はつぐみが運ばれた病院に来ていてそこに洋貴としおりも来てつぐみは頭が軽傷で済んだが足は骨折して全治2ヶ月と診断された。

樹はつぐみの病室で洋貴から介護資格の勉強をしていたと聞かされた。

つぐみが起きて樹の手がもし届いてたら巻き添えにするところだったと言って喜んでいた。

その時元久と咲子が病室に来て元久はつぐみがもし死んだらどう責任をとるつもりだと樹のことを責めていた。

樹は自分の責任だと言って謝って樹は病室を出ていった。

洋貴は二人のことを純粋を絵に描いたようだと言い葵が樹のもとに来て心配していた。

洋貴は帰り樹はつぐみのことを気にかけていた。

樹は設計事務所でつぐみが骨折したことを報告して渡辺は樹を部屋に呼んだ。

樹は渡辺につぐみが身をすり減らしているのに気づくどころか怪我をさせたと言った。

本当に付き合っていていいのかわからなくなったと樹は渡辺に言った。

つぐみは病室で樹のことが心配になりしおりにスマホを借りて電話をしたら葵が出てつぐみはすぐに切った。

病院で樹は元久に会って帰る前につぐみと話がしたいとお願いした。

つぐみが小児喘息の時に町中の病院をかけずり回ったと樹に話して別れてくれと樹に頭を下げた。

元久は心臓が悪いと樹に打ち明けてつぐみを背負っていけるような人と一緒にさせてあげたいと話した。

樹はつぐみに電話してつぐみは介護の勉強をしすぎたせいで結果いろんな人にま迷惑をかけたと反省していた。

明日必ず見送りに行くと樹はつぐみに約束して電話を切った。

樹が車を走らせようとしたその時彼は気絶してハンドルにもたれかかってクラクションが鳴っていた。

葵は倒れた樹を見つけて病院に運んでつぐみは元久の車に乗って故郷の病院に向かった。

樹は葵から全身が動かなくなるかもしれないと告げられて激しく動揺していた。

樹はつぐみに連絡しようとしたが葵が逆に心配させると言って止めた。

つぐみは実家に帰ってきて元久が樹に別れてくれと言ったと聞かされて「鮎川くんじゃなきゃ一生付き合わない」と怒って出て行った。

母親の文乃が樹の病室にきて樹はつぐみのことを心配していた。

つぐみは家を出て咲子に止められて娘には苦労して欲しくないとつぐみを説得した。

つぐみは美姫と再会して彼女が樹に電話すると樹が倒れて入院していることがわかってつぐみは樹のところに行こうとする。

しかし、元久は猛反対してつぐみは洋貴に東京に連れて行ってほしいと頼んだ。

咲子はつぐみを見送って洋貴はつぐみを樹の入院している病院に連れて行った。

葵は一度樹の家に帰ると言ってつぐみを残して洋貴に送ってもらった。

洋貴の車の中で葵はつぐみのことが好きなのかと洋貴に聞いて洋貴はうなづいた。

気が付いた樹はつぐみと抱き合って葵が入ってきて二人は離れた。

樹の熱が下がらずに医者は排便をしていないからだと判断して葵がやると医者に言った。

でもつぐみがやると言いだしたが樹は泣きながら部屋から出て行ってくれと頼んだ。

葵はつぐみに愛があれば障害は乗り越えられるって言うのは幻想だと怒鳴った。

歩けないこと、障害が進んでしまうことへの不安、障害が日常として受け入れられないようなら一緒に生きていくことはできないと葵はつぐみに激怒した。

つぐみは病院の外で洋貴と会って洋貴はずっと前からつぐみが笑ってないとつぐみに教えた。

洋貴は付き合うことでお互いがお互いを不幸にしてるんじゃないのかとつぐみに問いかけた。

洋貴はつぐみをおぶって行きそれを窓から見ていた樹は元久に言われた言葉を思い出していた。

樹とつぐみはデートに行き樹はつぐみに高校の時に戻ってつぐみと再会したかったと話した。

歩ければつぐみのことを助けてやれたのにとつぐみを抱きながら泣いていて樹は別れを告げた。

つぐみは嫌がっていたが樹の決心は変わらなかった。

あなたがいたら彼は苦しむだけだと葵は言い葵は樹のことが好きだとつぐみに告げて帰って行った。

【パーフェクトワールド】感想&考察

第5話の見どころは、つぐみが樹への想いを元久にぶちまけるシーン、樹がつぐみに別れを切り出すシーン、葵が樹への想いを強烈に伝えるシーン、洋貴がつぐみへの想いを葵やつぐみに伝えるシーン。

それぞれの募った想いを伝えるシーンが数々あってどれも見応えのあるシーンでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『パーフェクトワールド』を好きになってみてくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

キャスト&スタッフ 原作:有賀リエ 脚本:中谷まゆみ 演出:三宅喜重、白木啓一郎 制作:カンテレ 放送...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする