トップナイフ-天才脳外科医の条件-第2話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第2話では、瑶子は一年前に事故にあい脳挫傷を負って回復した後、頭痛が取れなくなった外来患者の牧羽由香里を診断する。

牧羽は脳外科の中に自分のことをつきまとっている医者がいると瑶子に話して集合写真を見せて牧羽が黒岩を指差した。

一方、顔の痛みが消えないと言って10年前から病院に通いつめていたが原因が全くわからずに彼女は自宅のベランダから飛び降りた。

果たして瑶子は患者を救うことはできるのか?

キャスト&スタッフ

原作:林宏司『トップナイフ』

脚本:林宏司

演出:大塚恭司、佐久間紀佳、茂山佳則

出演者:天海祐希、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和

音楽:横山克、鈴木真人

エンディング:JUJU 「STAYIN’ ALIVE」

チーフ・プロデューサー:池田健司

プロデューサー:鈴木亜希乃、茂山佳則

制作:AX-ON(協力)

製作:日本テレビ

※ここからネタバレ注意!

第2話あらすじ&ネタバレ

桑原和子はベランダで酒を飲んで飛び降りていた。

黒岩は手術をしていて研修医の幸子は転んで倒れた。

瑤子は黒岩のところに殴り込んできて女性蔑視の発言を撤回するように言った。

西郡は俺なら短時間で手術を終えられたと黒岩に挑戦的に言った。

一方、瑤子は幸子がいるから女性が舐められると話して今出川に幸子のことを話そうとしたがまともに取り合わない。

西郡、桑原の手術をする

瑤子は女性に責められたことを思い出していで瑤子は飛び降りた桑原の手術に当たったが西郡が担当した。

西郡はこんなつまらない症例は相手にしないと言って立ち去ろうとしたが瑤子が責任持って最後まで見なさいと怒鳴った。

幸子は脳外科医の医者のことを書き綴っていて看護師の犬飼が瑤子のせいでできの悪い医者はみんな辞めて行ったと話す。

瑤子は一年前に脳挫傷を負って回復した後、頭痛が取れなくなった外来患者の牧羽由香里を診察する。

由香里が実は脳外科のドクターにつきまとわれて困っていることを相談に来て診察室の集合写真に写った黒岩を指さした。

瑤子は黒岩につきまとわれている女性がいると話して黒岩は知り合いの女性に連絡をとった。

彼女に瑤子に何か言ったのかと言ったら心あたりがないと言った。

黒岩は瑤子に言いがかりだと怒って帰って行き牧羽とすれ違ったが牧羽は無反応で瑤子は違和感を感じた。

桑原は西郡の偉そうな態度に医者はろくな治療ができないと西郡に話した。

桑原はこれまで様々な病院に行っていろんな病名を言い渡されて挙句の果てには気のせいだと言われたと話した。

瑤子は牧羽のことを診断して牧羽は写真を見て今度は黒岩ではなく西郡がつきまとっていると話し出した。

幸子と小沢は西郡にうっかり女性が訪ねてきたと話して、西郡は心当たりのある知り合いの女性に電話をする。

西郡は電話を切った後手の震えが止まらなくなっていた。

西郡は10年前から顔面に強い痛みを感じる“三叉神経痛”を抱えながらも誰にも解析されてこなかったと瑤子に話した。

幸子と小沢は今出川が女性につきまとっているのではないかと言ったが今出川は部長秘書の玉井を口説こうとしていると話した。

西郡は桑原に三叉神経に触れている腫瘍を取り除けば痛みも取れると話して桑原はレントゲンを見ていた。

瑤子は牧羽の側頭葉が事故で損傷を受けていて誰でも元恋人に見えてしまう妄想を抱いていると脳外科のみんなに話す。

桑原は手術の前に西郡にも痛みを抱えているのか聞いて西郡は手術を始めた。

牧羽は病院で倒れて瑤子は彼女をストレッチャーで運んだ。

黒岩、牧羽の手術をする

瑤子は牧羽に動脈流が破裂して気を失ったと牧羽に話して黒岩が担当することになった。

瑤子は西郡の手術に立ち会い、瑤子は牧羽は元カレのことを忘れようととしてかえって記憶に刻まれたと西郡に告げた。

西郡は瑤子の話を聞いて動揺して震えが止まらなくなり急遽瑤子が手術をすることになった。

手術を無事に終えた瑤子は西郡に桑原は10年耐えた痛みからやっと解放されると語った。

牧羽の手術も終えて牧羽は黒岩をまだ元カレだと思っていて黒岩は元カレになりきって彼女を励ました。

牧羽は安心して眠って桑原は手術を終えて顔が痛くないと驚いていた。

桑原の夫が病室に来て化粧をした桑原和子に綺麗じゃないかと褒めていた。

「Bar カサブランカ」で幸子はマスターの来島から泣いてもいいと言われて幸子は心ここにあらずだった。

一方、黒岩は西郡に脳外科医には向いてないと話して黒岩が帰ろうとすると知り合いの女性が話しかけてきた。

女性は黒岩の息子だと言う保という男の子を黒岩に紹介した。

瑤子は自分の家に帰り家の前には女の子が瑤子のことを待っていた。

感想

瑶子は事故で脳挫傷を患って病院に来た外来患者の牧羽由香里の診察をするが黒岩が彼女につきまとっていると聞かされて黒岩に問い詰める。

黒岩は心当たりのある女性に話を聞き彼女ではないと知ると人違いだと言って瑶子に怒った。

瑶子は脳挫傷によって脳が元カレの妄想に取り憑かれていると脳外科のみんなの前で言って黒岩が彼女の手術をすることになった。

黒岩は手術が終わった後に牧羽に元カレのふりをして励ましたシーンが印象的で普段は女たらしで有名な黒岩がこの時ばかりは一途な男のふりをしたギャップが好きです💖

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする