絶対零度シーズン3 第10話あらすじ&考察 井沢、復讐の牙をむく! 

【絶対零度シーズン3】キャスト&スタッフ

脚本:小山正太・井上聖司・宇山佳佑

演出:佐藤源太・城宝秀則・光野道夫・佐藤祐市

出演者:沢村一樹(井沢範人)、横山裕(山内徹)、本田翼(小田切唯)、平田満(田村薫)、柄本時生(南彦太郎)、伊藤淳史(東堂定春)

エンディング:家入レオ 「もし君を許せたら」

制作:フジテレビ

⬇︎前回のあらすじはこちら

【絶対零度シーズン3】キャスト&スタッフ 脚本:小山正太・井上聖司・宇山佳佑 演出:佐藤源太・城宝秀則・光野道夫・佐藤祐...

【絶対零度シーズン3】第10話あらすじ

井沢が桜木にどうしても聞きたいことがあると言い桜木が井沢のことをミハンに組み込まれた人間だと話し去っていった。

東堂は防犯カメラに映っている桜木を見ていた。

井沢は桜木が生きていたことをみんなに伝えて元特殊捜査班室長の長嶋がミハンのことを調べていたことが気になっていた。

東堂は何か知っているのかと山内に聞かれてミハンの次なる危険人物が桜木泉だとみんなに報告した。

桜木が誰かを殺すつもりだと井沢は感じすべての真実を見つけると誓った。

ベトナムに来た井沢と山内はベトナムの元刑事のグエン・チー・リンと会い桜木の事件を担当した彼女に桜木のことを聞いた。

グエンは警視庁の研修に行っている時に仲良くなったと話して桜木は旭証券の谷口正博のことを調べていたと話した。

ベトナム支社長・相馬和久と息女・由紀子の殺害を計画しているとしてミハンの危険人物として挙がり、赤川に射殺される。

桜木と井沢の妻の元同僚が同じ任務についていたと聞き赤川が転落死したことをきっかけに桜木は失踪したとグエンは話した。

失踪して一年が経った時に桜木から連絡が入り日本に来る手助けをしてほしいとグエンは焼死体を桜木の死体だと上に報告した。

桜木は長嶋と部屋で話をしてある男を捕まえたら真実を明らかにすると伝えた。

長嶋はお前の正義を貫けと語り俺はお前を支持するどんな結果になってもと話す。

東堂は会議でAIによるミハンシステムの導入を急いでいた。

小田切と南は谷口の事件について早川に聞き込んでいたが谷口の事件は上から被疑者死亡とだけ報告しろと指示してきたと話す。

赤川の名前は伏せられていて山内はこの事件には裏があると井沢に話す。

谷口は相馬和久から経歴を詐称したことで不当解雇されて逆恨みして爆弾で殺そうとしたが赤川に射殺された。

そのあと赤川が転落死して桜木が誘拐ビジネスを追っていた。

相馬和久は謎の事故死をしていて井沢は谷口の弟と谷口の婚約者の相馬由紀子に話を聞こうとする。

井沢は由紀子のところに来て桜木と赤川がここに来なかったかと聞いたが答えなかった。

井沢は谷口のことを聞いて由紀子は父親の会社に来た時に谷口と知り合った。

由紀子は結局谷口に騙されたと井沢に話す。

小田切は谷口の弟に会い谷口のことを聞いた。

弟は事件の直前に電話で話をしていて谷口がやり直そうとしていたと証言した。

井沢たちは資料課で相馬和久が谷口のことを上層部で調べてもらってはいなくてではなぜ桜木と赤川が谷口をマークしていたのかと話す。

桜木と赤川はミハン捜査をしていたのではないかと井沢は言い真実を突き止めようとするーー。

【絶対零度シーズン3】感想&考察

南が旭証券と誘拐ビジネスの組織が裏で繋がっている証拠を見つけた。

旭証券と組織は株式のマネーロンダリングを裏でやっていて相馬和久が金の流れを不審に思って調べていた。

井沢は組織には相馬を殺す動機があると考えた時にある推理を思いつく。

その時東堂が急いでホテルに向かうように井沢たちに言い桜木はホテルで宇佐美に銃を向けていた。

井沢たちが宇佐美を押さえつけて山内は桜木に敵じゃないと叫んだ。

井沢は桜木と部屋で話をして宇佐美は過去に組織と繋がっていて事故に見せかけて赤川を殺していた。

ベトナム警察から赤川の爪から採取した皮膚片のDNAを入手して宇佐美のDNAと照合すれば宇佐美を逮捕できると考えた。

井沢はミハンのテストケース0号は冤罪だと桜木に言い桜木は事件をもみ消したあの男を許さないと言って部屋を出て行こうとする。

井沢は桜木の腕を掴んで引き止めて、桜木があの男と言う東堂と話をさせてくれと桜木に言った。

東堂はミハン捜査を立ち上げる時に桜木と赤川の二人だけで捜査に当たらせて谷口の捜査に向かわせた。

赤川は防犯カメラの映像を東堂に見せて組織の工作員が谷口の持っていた袋を爆弾の入っていた袋とすり替えていた。

組織は谷口を爆弾犯に仕立てられて赤川は無実の谷口を殺してしまったと責任と罪悪感を感じていた。

相馬が死んだのも組織に仕業だと赤川は言い彼は東堂に公表しましょうと話すが東堂はそれを許さなかった。

井沢は東堂に会い桜木の持っていたマイクロチップの中にミハンのテストケース0号のデータがあった。

冤罪を隠蔽したと井沢は東堂に言い東堂もそれを認めた。

赤川は元監察官の井沢の妻に連絡を取っていてミハンの冤罪のことを公にしようとして赤川と妻は口封じされた。

井沢は妻と娘まで巻き込んだことが許せずに東堂につかみかかって殺せるわけないだろと怒鳴った。

井沢は桜木をいつでも口封じすることもできたがそれをしなかった、桜木泉を守ろうとしたと井沢は東堂に言う。

黒幕の警察庁次長町田博隆が宇佐美に指示して妻と娘を殺したと井沢は確信した。

東堂は自分なりの決着をつけると言って町田に電話をしてテストケース0号のことを話した。

東堂は井沢を見たがすぐに部屋を出て行った…

東堂はとある倉庫に向かっていてミハンが次に危険人物に名を挙げたのは松永義正という男だった。

松永は東堂の後をつけて東堂を殺そうとして東堂はナイフで刺された。

井沢は我慢の限界がきて、血だらけの格好のまま警視庁に向かった。

山内と小田切が東堂が運ばれていくのを見て早川から連絡をもらって井沢が警視庁に向かっていると聞いた。

井沢は町田の前に現れて捜査員は井沢に向かって行ったが彼らは井沢に倒された。

山内と小田切が警視庁に来て井沢は町田と部屋に立てこもった。

井沢は町田を押し倒して銃を向けて妻と娘、田村、東堂の顔が浮かび井沢は数発銃を撃って銃声が鳴り響いていた。

山内はドアを蹴破って中に入ると井沢は町田の後ろの壁に向かって銃を撃っていた。

井沢はみんなの声が聞こえて殺せなかったと泣きながら言っていた。

桜木は資料課から出て行こうとして山内がこれからどうするんですかと聞いた。

桜木は何も言わずに去って行った…

ニュースでは町田が殺人教唆の疑いで逮捕されたのとの報道をしていて谷口の冤罪が無事に晴れて谷口の弟と由紀子は泣いていた。

井沢は取調室で東堂と会い家族はミハンの犠牲になったのに何でと東堂は井沢に聞いた。

ミハンは扱う人間によって光にも闇にもなると東堂に言い自分は扱う人間になると報告した。

井沢は東堂が死ぬつもりなのに気づいて「あなたにはミハンがどうなるのか見届けてほしい」と必死に頼んだ。

そして、井沢はミハンが新たな危険人物をはじき出したとの報告があり止めに行った。

井沢と対面した桜木は「あなたはミハンに組み込まれた人間?」と言い残してその場を去っていく。

そして、次にミハンが割り出した危険人物は桜木泉だった。

チームはベトナムに向かい、桜木の死亡を偽装したと思われる人物と接触する。

桜木は赤川刑事とともにミハン捜査をしていて赤川が爆弾で殺人を犯そうとしていた旭証券の社員・谷口正博の犯行を止めようとして射殺してしまう。

井沢はミハンシステムで抹消されたケースがあったと確信してそれが冤罪事件だったことも突き止める。

テストケースで谷口が犯人だとされて射殺してしまったことを悔やんでいた赤川は真実を明らかにしたいと東堂に訴えた。

東堂は冤罪事件の隠蔽を自ら認めてシステムに問題があっては存続が危うくなり、間違っているのはわかっていると井沢に話す。

東堂の先にいるのは警視庁次長の町田だと井沢は確信した。

町田は東堂がすべてを明らかにすると察して東堂に殺し屋を送り込んで東堂を殺そうとする。

井沢が止めに入って町田への復讐の炎を燃やす。

井沢は町田に妻と娘を殺されて町田を殺そうとするが既のところで躊躇して町田を殺さなかった。

井沢はこれまでも様々な事件に関わって仲間がいたことが井沢の殺意を消したのではないかと僕は思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『絶対零度シーズン3』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

【絶対零度シーズン3】キャスト&スタッフ 脚本:小山正太・井上聖司・宇山佳佑 演出:佐藤源太・城宝秀則・光野道夫・佐藤祐...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする