絶対零度-未然犯罪潜入捜査-(シーズン3)第5話あらすじ&考察

【絶対零度シーズン3】キャスト&スタッフ

脚本:小山正太・井上聖司・宇山佳佑

演出:佐藤源太・城宝秀則・光野道夫・佐藤祐市

出演者:沢村一樹(井沢範人)、横山裕(山内徹)、本田翼(小田切唯)、平田満(田村薫)、柄本時生(南彦太郎)、伊藤淳史(東堂定春)

エンディング:家入レオ 「もし君を許せたら」

制作:フジテレビ

⬇︎前回のあらすじはこちら

【絶対零度シーズン3】キャスト&スタッフ 脚本:小山正太・井上聖司・宇山佳佑 演出:佐藤源太・城宝秀則・光野道夫・佐藤祐...

【絶対零度シーズン3】第5話あらすじ

東堂は練馬台の無差別殺傷事件のネットニュースを見ていた。

ある少年が猫を抱きかかえた男がメスを取り出して猫に切り付けていた。

空港ではある男が小型の銃を作り通行人の男性に向かって銃を撃っていた。

岡崎直樹は私立青葉中央高校に通う2年生でバスケ部所属だと東堂がミハンのみんなに話す。

岡崎はこれまで多くの動物を殺してきてこの一ヶ月で三件の動物殺傷事件が起きていて次は人かもしれないと東堂は言う。

山内は青葉中央高校に外部指導員として潜入して直樹が勝負したいと山内に話した。

山内は直樹と1on1で勝負して山内が勝って直樹は先生がいれば全国を目指せると言っていたが直樹は山内を睨んでいた。

一方、小田切と田村は警官になりすまして動物殺傷事件の犯人が高校生だと話した。

すると隣の家の女性が直樹が殺傷事件を起こしたとは信じていなかった。

川上邦明というフリーのジャーナリストが直樹のことについて聞いて警察が直樹の捜査を打ち切ったのか聞いていた。

川上は喫茶店で直樹と会う約束をしていて、井沢も直樹を監視する。

山内は井沢の車に戻ってきてやめたバスケ部の男子のことを話す。

男子生徒は女子高生のロッカールームを盗撮した疑いで辞めさせられていて本人は全く身に覚えがないと話していた。

直樹が学校の裏サイトであらぬ誹謗中傷をして外部指導員も何人もやめている。

井沢が直樹はサイコパスかもしれないと話して直樹が反社会的人間かどうか確かめようとしていた。

南は喫茶店の防犯カメラをみんなに見せて川上は直樹と親しげに話していた。

南はタブレットで練馬台の無差別殺傷事件の記事を見て驚いていた。

小田切は川上に接触して彼は直樹と殺人について話していた。

直樹は学校の裏サイトで山内の誹謗中傷を書き込んでいて殺人衝動を抱えていると山内は田村に話した。

小田切は川上に直樹が殺人を犯すかもしれないと考えているかと聞いた。

川上は直樹が親から精神的虐待を受けていてその吐け口として動物虐待をしていると言い誰かが直樹を理解すれば変われると話した。

直樹は川上に何か言われたことで動物虐待をやめてナイフも捨てている。

直樹は川上に会って殺人衝動が無くなったように見えていたが東堂が引き続き直樹と川上をマークするように井沢に指示を出していた。

南は小田切たちに練馬台無差別殺傷事件の記事を見せた。

それには東堂の名前があり東堂の首の傷は殺傷事件の犯人にナイフで切りつけられた時のものだ。

この事件で東堂の父親は犯人に殺されていてそれから東堂はミハン捜査に全力を注ぐようになったと井沢が話した。

井沢たちは川上の自宅兼事務所に侵入して監視カメラを仕掛けて井沢が川上のスクラップブックを見つけた。

中身は川上の身内や関係者が次々と不審な死を遂げていて一年前のホームレス殺人事件のことを山内と南が調べることになった。

捜査一課の早川と板倉が山内たちに会い板倉は南にホームレス殺人事件のことを話した。

ホームレス殺人事件では当時少年だった被疑者が疑われたが川上がその少年のアリバイ証言をしていた。

東堂はこの事件の被疑者の名前に見覚えがあり被疑者の安田智之は過去に危険人物に名が挙がったことがあった。

このことから川上は直樹と同じ反社会的サイコパス。

自分と同じサイコパスの少年たちの殺人衝動を呼び起こすために直樹にも接触していたのだ。

南は川上の家に仕掛けた監視カメラを見てびっくりしていて川上はカメラに向かって手を振っていた。

川上は井沢たちに話をすると伝えて井沢は川上の家に来た。

川上は井沢にコーヒーを淹れて、井沢は殺人衝動を抱えた少年たちに接触して背中を押していると自分の推理を話した。

川上は井沢を見て過去に人を殺したことがあると言い井沢は山内に直樹を探すように言ったが学校にはいなかった。

南はスマホのGPSで探そうとするが信号がなく川上はあなたなら殺人者の気持ちがわかるはずだと挑戦的に言った。

井沢は文科省だとミハンのみんなに言いターゲットは父親ではなく誰でもいい、人を殺すこと自体が直樹には重要だと話した。

直樹は文科省の父親に見学に行きたいと話していて直樹は文科省に潜りこんで小型の銃を撃ちまくっていた。

井沢たちは現場に到着して直樹は文科省の人間に向かって次々に銃を撃ち山内が女性を助けた。

その時直樹の父親の岡崎治が直樹に近づいて彼は直樹に殺された。

井沢は直樹の手から銃を奪い直樹はカッターナイフを取り出して追い詰められた彼は自分の首にナイフを突き立てて自殺した。

そこに現れたのはカメラを持った川上で彼は直樹といい記事にするからと約束していた。

東堂は川上に激怒して首を閉めようとして田村が止めた。

東堂は川上がいる限り殺人を未然に防ぐことは難しくなると井沢に言い井沢は川上は方の目をかいくぐってまた殺人を犯すと断定した。

川上は直樹の記事を見て満足そうな表情を浮かべて夜道で突然何者かに襲われて彼は何者かのことを知っているようだった。

東堂は川上邦明のデータを見ていて川上は何者かに殺されて男の後ろすがたがそこにあった。

【絶対零度シーズン3】感想&考察

ミハンシステムが次に割り出したのは岡崎直樹という17歳の高校生で父は文部省の時期事務次官候補という犯罪とは程遠い人物。

しかし、岡崎の住む世田谷区付近では動物殺傷事件がたびたび起こって次は人を殺すのではないかと井沢たちは疑う。

岡崎はサイコパスで自分の存在を誰かに認めてもらいたい、目立ちたいという欲求が殺人欲求に駆り立てるのかと思うとなんだか怖いです( ゚д゚)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『絶対零度シーズン3』をすきになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

【絶対零度シーズン3】キャスト&スタッフ 脚本:小山正太・井上聖司・宇山佳佑 演出:佐藤源太・城宝秀則・光野道夫・佐藤祐...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする