アライブ 2話あらすじ&感想 男性乳がん患者の悩み

はじめに

『アライブ-がん専門医のカルテ-』第2話では、心は関東医大中央病院に来ていて須藤進から匠の体調は良好だと報告を受けて京太郎も安心していた。

莉子は病院で偶然友達と再会して彼女はつわりを起こしてトイレで吐いていてSNSで妊娠したことを投稿していた。

莉子は乳がんになって動揺して心に相談して薫も彼女の相談に乗ります。

果たして心は莉子の心を救えるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:倉光泰子

演出:髙野舞

出演者:松下奈緒(恩田心)、木村佳乃(梶山薫)、清原翔(結城涼)、岡崎紗絵(夏樹奈海)、小川紗良(佐倉莉子)、中村俊介(恩田匠)、三浦翔平(関河隆一)、田辺誠一(須藤進)、藤井隆(光野守男)、木下ほうか(阿久津晃)、高畑淳子(高坂民代)、北大路欣也(恩田京太郎)

音楽:眞鍋昭大

オープニング:須田景凪 『はるどなり』

プロデュース:太田大、有賀聡

製作:フジテレビ

【アライブ 2話】あらすじ

恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。

患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性で、男性の乳がん患者は、罹患者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。

部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。

日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。

さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は尚更と検査を勧めるが承諾は渋られてしまう。

乳がんにかかったことを、「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だ。

一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)を伴い、診察していた。

莉子は自分が乳がんと診断されたことが信じ難く、会社への報告などに悩んでいた。

診察後、心から莉子は乳房全摘手術が望ましいと聞かされた奈海はまだ若いのにと残念がる。

すると結城は若いからこそ早期治療が必要だとドライに反論するーー。

【アライブ 2話】感想&考察

研修医の結城は莉子と会って二人で夜の街を歩いていた。

一方、薫は高坂民代と中華料理屋で会って患者会のチラシをくれたのが薫だと気づいていた。

心は関東医大中央病院に来ていて須藤進から匠の体調は良好だと報告を受けて京太郎も安心していた。

心は須藤に薫のことを聞いて須藤は薫が優秀だから一方的に知っているだけだとごまかした。

須藤と薫が店で会って心が薫のことを慕っているのに自分は最近の薫のことは何も知らないと愚痴を言っていた。

心は民代と会って薫と知り合ったのは患者会のチラシをもらったからだと心は民代に話す。

化学療法室で日ノ原は女性患者と会って女性は心に黙っているように言った。

莉子は病院で偶然友達と再会して彼女はつわりを起こしてトイレで吐いていてSNSで妊娠したことを投稿していた。

莉子はそれを見て嫉妬して、心に乳がんで胸が無くなることより人の幸せを喜べなくなることの方が怖いと話して取り乱した。

心は彼女を落ち着かせて治療に専念するように言った。

結城は莉子のために乳がんのことについて調べていて、心は病院で匠の汗を一生懸命拭いていた。

日ノ原は娘に乳がんのことをメールで伝えようとしたが途中でメールするのをやめた。

日ノ原は心からふせえりが亡くなったことを聞かされて日ノ原は彼女が編んだマフラーを握りしめて泣いていた。

心と薫は久しぶりに二人きりで話をして莉子が話していたことを薫に言い薫は彼女が無理しているんじゃないかと心に言い心にあることを伝えた。

心は莉子がオペの説明にこなかったと看護師から聞いて結城は莉子に電話をかけるが繋がらない。

莉子は母親に無理やり連れてこられて心に文句を言って心は莉子と二人きりになった。

心は莉子を薫に会わせて薫も乳がんのステージ2だったと告白した。

莉子は恋愛とか結婚とかできなくなってしまうのではと考えて悪い方にばかり考えていた。

すると薫は突然裸になり再建した胸を莉子に見せて触らせて胸は温かく莉子は泣いた。

莉子は結城と会って二人で化学療法室に向かって結城は医者の一族に生まれたことを悔やんでいたと話す。

二人はこれから変わると約束して、日ノ原は腫瘍内科医の光野に遺伝子検査を受けたいと話した。

結城と莉子は化学療法室に来て莉子は検査を受けた。

心と薫は仕事終わりに二人で温泉に来て薫がいい意味で病気は自分の価値観を変えてくれたと心に打ち明ける。

薫は家まで心を車で送ってきて薫は匠を手術したことを伝えようとするが心のスマホが鳴った。

電話に出ると夫の匠の容体が急変したと聞かされて薫と心は病院に急いだ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『アライブ』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする