ケイジとケンジ-所轄と地検の24時-第1話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『ケイジとケンジ-所轄と地検の24時-』第1話では、豪太は刑事になったばかりで空き巣事件の捜査をして元教え子の滑川が空き巣をしていたことが明らかになる。

豪太はショックを受けて、さらに滑川は空き巣で入った家で偶然住人のおじいさんに出くわして突き飛ばしてしまいます。

滑川は強盗致死の容疑で修平に取り調べられて豪太は修平が滑川を犯人を決めつけている態度が気に入らずに二人は喧嘩を始める。

果たして豪太は滑川を救えるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:福田靖

演出:本橋圭太、及川拓郎

出演者:桐谷健太(仲井戸豪太)、東出昌大(真島修平)、比嘉愛未(仲井戸みなみ)、磯村勇斗(目黒元気)、今田美桜(毛利ひかる)、渋谷謙人(日下直樹)、奥山かずさ(森岡奈緒子)、矢柴俊博(多胡永吉)、菅原大吉(桂二郎)、峯村リエ(持丸栄)、西村元貴(亀ヶ谷徹)、奥貫薫(宮沢かほり)、柳葉敏郎(樫村武男)、風間杜夫(大貫誠一郎)

エンディング:宮本浩次 「ハレルヤ」

チーフ・プロデューサー:黒田徹也

プロデューサー:服部宣之、飯田サヤカ、菊池誠、松野千鶴子、岡美鶴

制作:(制作協力)アズバーズ

製作:テレビ朝日

第1話あらすじ

横浜、桜川橋交番で仲井戸豪太は塾の帰りの小学生たちに話しかけてインド人のシェフが男が暴れていると豪太に言ってきた。

一方、真島修平は部下の仲井戸みなみと食事に行っていてウンチクを語っていた。

豪太は包丁を振り回している男を取り押さえて本部長から表彰状をもらっていた。

豪太は本部長に直訴して豪太は検事の真島とぶつかった。

豪太は本日から強行犯係に配属されて捜査課の係長の多胡永吉と署長の大貫誠一郎に挨拶した。

検事の真島は落書きをした中年女性の取り調べをしていて防犯カメラに映っていた。

真島は立会事務官のみなみにドヤ顔した。

豪太は強行犯のみんなに挨拶して捜査課の刑事の目黒元気と毛利ひかるにジャケットの自慢をしていた。

桂二郎は豪太のことを気に入って豪太はニュースを見た空き巣を捕まえようと意気込んでいた。

検事は支部長検事の樫村武男に決裁を持ってきて裁判がスムーズになるために自白をさせたと話す。

だが樫村は裁判を円滑にするために自白するものじゃないと叱った。

真島は樫村の部屋から出てきてライバル検事の日下と会い彼は殺人未遂の取り調べで忙しいと自慢していた。

みなみは日下の事務官の森岡奈緒子と真島のことについて話していてみなみは真島に興味がなかった。

みなみが家に帰ると兄の豪太がカップラーメンを食べていて母親に同居していることを話した。

みなみは豪太と住むことを嫌がっていて元カレと住んでいたこの家を近々引き払うと豪太に話す。

豪太は空き巣を捕まえるために張り込んでいて家から黒ずくめの男が出てきて豪太は捕まえる。

すると男は何と豪太の高校の時の元教え子だった。

豪太は係長の多胡に取り調べに立ち合いたいと直談判して豪太は元教え子の滑川につかみかかって叱った。

豪太は捜査課の歓迎会でみんなに滑川のことを謝って教師と刑事失格だと泣いていた。

豪太は家でみなみから真島検事が滑川の取り調べをすることになったと報告した。
 
真島は滑川を取り調べて余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家でお年寄りと鉢合わせになって突き飛ばして逃げていたことが明らかになった。

真島は多胡に滑川のことを問い合わせてそのお年寄りが突き飛ばした直後に亡くなっていることが明らかになった。

豪太は横浜地検を訪ねて死体検知書を真島に見せて真島は滑川が突き飛ばしたことによってお年寄りが亡くなったと考えていた。

もしそうだとしたら強盗致死、殺意があったなら強盗殺人で死刑または無期懲役だと豪太に話す。

豪太は滑川を庇って真島はそんな豪太を怒った。

豪太は真島の態度に怒ってみなみが警察は検事の下だから真島検事に盾つかないでと怒鳴って帰っていった。

真島は樫村に空き巣事件を起こした滑川が強盗殺人をやったかもしれないと報告した。

樫村は強盗殺人事件を真島に任せて日下は悔しがっていた。

真島は日下の悔しがる顔を見て笑っていてみなみに言い寄っていた。

お年寄りの家に鑑識が調べていて豪太も家に来ていた。

そこに真島が来て桂は真島にヘコヘコしていた。

鑑識が襖の引き出しの奥にあった髪の毛を発見してピンセットで採取した。

真島が樫村にお年寄りの家で採取された髪の毛が滑川のDNAと一致したと報告して強盗殺人の立証を急いだ。

豪太は滑川に何で突き飛ばしたのかと聞いて真島が滑川を取り調べて滑川は黙秘した。

真島は豪太を呼びつけて豪太が余計なことを言ったから黙秘したんだと怒鳴った。

真島は送検するのが刑事の仕事で起訴して裁判にかけるのが検事の仕事だと豪太に説明した。

送検して起訴される確率は3割で、起訴した後に有罪になる確率はほぼ10割で責任の重さが違うと真島は豪太に語った。

豪太はみなみのことを呼び捨てにしたのに気づいて真島が指摘すると豪太とみなみが兄妹であることがわかった。

真島はショックを受けてあんな態度をとったことを謝りみなみも兄の態度を謝った。

豪太は大貫に真島に怒ったことについて話して大貫は遺族のおばあちゃんに会いにいくように勧めた。

豪太はおばあちゃんに会いに行き滑川には重罪になってほしいかと聞いたらどうなっても夫は戻ってこないと話した。

真島は滑川を取り調べてお年寄りを突き飛ばして殺したのかと聞いて滑川は黙っていた。

みなみは家に帰ってきて豪太は刑事にならない方が良かったのかと嘆いていた。

みなみは小料理屋の「OKAZU-YA」に豪太を連れてきて元裁判官の宮沢かほりを紹介した。

真島は樫村に滑川を起訴すると報告して住居侵入と強盗で起訴すると話した。

真島は小料理屋にきて豪太と真島は気まずくなり豪太とみなみに強盗殺人では起訴しないことを話した。

宮沢かほりは何があったかは神のみぞ知ると言って疑わしきは罰せずと豪太たちに話す。

真島は最初から強盗殺人で起訴するつもりはなかったと強がっていて豪太と喧嘩になりみなみが「ええ加減にせえ!」と怒鳴った。

豪太たちは横浜の夜の街を3人で歩き豪太と真島は相変わらずいがみ合っていた。

感想

豪太は係長の多胡に取り調べに立ち合いたいと直談判して豪太は元教え子の滑川につかみかかって叱った。

捜査課の歓迎会でみんなに滑川のことを謝って教師と刑事失格だと泣いていた。

豪太は家でみなみから真島検事が滑川の取り調べをすることになったと報告した。

豪太は熱血漢の刑事で元教師なので元教え子に取り調べなのに説教している姿は刑事でも教師でも根っこのところは同じなんだなと思いました。

真島は樫村に滑川を起訴すると報告して住居侵入と強盗で起訴すると話した。

真島は小料理屋にきて豪太と真島は気まずくなり豪太とみなみに強盗殺人では起訴しないことを話した。

宮沢かほりは何があったかは神のみぞ知ると言って疑わしきは罰せずと豪太たちに話す。

「疑わしきは罰せず」この言葉は人間は何でもかんでも疑おうとしますがそこばかりに意識が傾くと本当に大事なものが見えなくなるという教訓だと僕は思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『ケイジとケンジ-所轄と地検の24時-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする