10の秘密第1話あらすじ&考察 10年前の秘密とは?

はじめに

『10の秘密』第1話では、白河圭太は娘の瞳と二人で幸せな生活をしていたが突然瞳が何者かに誘拐されてしまった。

圭太は誘拐犯から別れた元妻の仙台由貴子を探し出せと命令されて圭太は指示通り由貴子を探すが見つからない。

由貴子を探す過程で圭太は由貴子が借金をしてエセセレブ生活をしていたことが明らかになった。

さらには瞳がだいぶ前にバイオリン教室をやめていたことが友人の証言で発覚して瞳には秘密があったことを知り圭太は動揺する。

果たして圭太は由貴子を見つけることができるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:後藤法子

演出:宝来忠昭、中西正茂

出演者:向井理(白河圭太)、仲間由紀恵(仙台由貴子)、仲里依紗(石川菜々子)、松村北斗(伊達翼)、山田杏奈(白河瞳)、高島豪志(磐城英明)、堀田茜(那須葵)、河村花(泉崎真衣)、佐野史郎(長沼豊)、遠藤雄弥(二本松謙一)、藤原光博(石川照男)、山野海(石川千秋)、名取裕子(白河純子)、渡部篤郎(宇都宮竜二)

音楽:林ゆうき、橘麻美

オープニング:女王蜂 「BL」

エンディング:秋山黄色 「モノローグ」

プロデューサー:河西秀幸、三宅喜重(演出兼務)

製作:カンテレ

第1話あらすじ

-秘密を抱えすぎた人間は、いつか秘密に殺される-

仙台は工事中のビルの屋上で飛び降りようとしている男を止めようとしたが男は飛び降りてしまった。

白河圭太は娘の白河瞳のために夕食を作ってジュリアード音楽院に通いたいと話した。

圭太はこんな時のために節約していると言って家計簿を見せた。

圭太は元妻の仙台由貴子のSNSを見ていて「別れた理由は私?」と圭太に尋ねた。

圭太は性格の不一致で別れたと瞳に言い由貴子は去り際にもっと上を目指したいと話す。

瞳が誘拐される!

建築確認検査員の圭太は工事の資材の検査をしていて非通知から電話があった。

謎の男からの電話で「娘を預かった、返して欲しければ由貴子を探せ」と命令してきた。

圭太は車を走らせて由貴子の勤める法律事務所を訪れて由貴子に会いたいと話した。

事務所の代表の弁護士が電話一本で退職したと報告して弁護士があなたが探せばいいと冷たく言って部屋に戻った。

帝東建設社員の宇都宮竜二が部屋にいて圭太たちの会話を聞いていた。

圭太は瞳の通う学校に連絡したが瞳は学校に行っていなかった。

圭太は担任の先生と話をして、瞳の友達も部屋にきたがバイオリンも塾もとっくにやめたと言われて圭太はとまどっていた。

圭太は母親の白河純子に会いに来て瞳が来ていないか尋ねたが知らないと言われて店を出た。

蕎麦屋の娘で兄妹のような関係の石川菜七子に事情を話して2人は警察に行き瞳が誘拐されたことを伝えた。

その時瞳から電話があり「私は大丈夫」と圭太に言いSNSにもスタンプを送って無事だと伝えた。

警察は拍子抜けして圭太は警察署を出て謎の男が圭太たちを見ていた。

圭太と菜七子は家に帰り瞳の机を調べてタブレットのパスワードに母親の誕生日を入力した。

瞳のSNSをチェックして音大生でピアニストの伊達翼とのツーショット写真を見てイラついていた。

瞳の通帳を調べると全額引き落とされていた。

そして男から電話がかかってきて警察には行くなといったはずだと忠告された。

仙台由貴子の足取りをつかむようにと指示されて家の外には瞳のバイオリンがあった。

圭太は菜七子に由貴子を探し出して瞳を取り戻すと宣言した。

圭太、由貴子を探す

2日目、圭太は会社に休みと告げて由貴子の行方を調べていて宇都宮が圭太に話しかけた。

宇都宮は由貴子と付き合っていたと圭太に告げて圭太を部屋に案内した。

由貴子は荷物を残したままいなくなったと圭太に言いメールには「探さないで」とだけ。

宇都宮は由貴子のとにかく上に行きたいという姿勢が好きだったし尊敬してたと圭太に打ち明ける。

圭太は由貴子の督促状の山を見つけて高価なものを色々と買っていて友人たちに見栄を張っていた。

宇都宮は由貴子が何やら脅されていたと話し心あたりがないか聞かれて圭太は10年前に家が火事になった日のことを思い出していた。

圭太は由貴子の部屋を出て「由貴子、あのせいで脅されていたのか」と独り言を言った。

圭太は由貴子の実家を訪ねて街の食堂のおじさんに由貴子の話をする。

おじさんは先月にこの街に来ていてヤバい奴らから由貴子が金を借りていたと話した。

圭太はヤミ金の男に由貴子のことを聞いて由貴子の借金の利息を払い男は由貴子のことを話す。

由貴子のセレブ生活は嘘で固めたもので担保になるものは何も残っていないと圭太に伝えた。

圭太は外に出て建築会社の男が謝礼を払って資材を優遇してくれないかと言い圭太は謝礼は幾らかと聞いた。

菜七子と那須葵は保育園で食事の約束をして菜七子は圭太にメールする。

圭太が由貴子を探していると男から電話があり瞳の声がしてあと1日だけだと念押しした。

圭太が家に帰ると菜七子と瞳の友達の泉崎真衣が来ていた。
 
真衣はピアニストは翼という名前で彼なら何か知っているんじゃないかと言ったら圭太は怒っていた。

真衣は瞳がお父さんは何か隠していると言っていたと圭太に伝えて真衣は帰っていった。

菜七子は翼のいる場所に心当たりがあると言って圭太に翼のことを任せるように話す。

菜七子は圭太の秘密のことを話してほしいと言う。

圭太は由貴子と話していることを思い出して、圭太は「これだけは隠さないと、瞳のためだ」と由貴子に話した。

由貴子はその覚悟はあると圭太に尋ねて圭太は秘密はないと菜七子に言った。

菜七子は帰って行き、謎の男はマスクをかぶって瞳に食事を渡した。

男は瞳に逃げたら両親を殺すと脅して部屋から出て行った。

圭太、由貴子を見つける

宇都宮は帝東建設の社長に呼ばれて社長の長沼豊も由貴子のことを探していた。

長沼は由貴子は多くのことを知りすぎていると宇都宮に言った。

宇都宮の部下の磐城がマンションの防犯カメラに映っていたと伝えて宇都宮は由貴子を探す。

3日目、圭太は由貴子がパーティーで会った人たちに由貴子の行方を尋ね回っていた。

その時スマホが鳴り電話の相手は由貴子だった。

圭太は瞳が誘拐されたと伝えて由貴子は犯人の心当たりがあると言って犯人のところに一人で行こうとした。

圭太は由貴子のことを止めて上を見上げると由貴子が圭太を見下ろしていた。

由貴子と瞳に秘密がある、もちろん俺にも…

感想&考察

冒頭から圭太と瞳の幸せそうな父娘の会話がありほのぼのした場面から物語は始まって、母親がいないことを除けばごくあり触れた仲良し親子の印象です。

ところが、圭太が仕事中に突然誘拐犯から娘の瞳を誘拐したとの電話が入り状況は一変します!

圭太は友人の真衣から話を聞き、瞳が2ヶ月前に部活をやめていて塾もやめてジャズバーにいる伊達翼と頻繁に会いに行っていたことが発覚します。

シングルファザーの父親からしたらこんな立て続けに娘に秘密があったことを知ったらそりゃショックだ(T ^ T)

一方の由貴子はヤバイ案件に首を突っ込んで帝東建設の知ってはいけない情報を知ってしまったらしくて帝東建設社長が経営企画室長の宇都宮に命令して由貴子を探させます。

圭太と由貴子の10年前の秘密が最大の秘密のようで瞳のために嘘をついたと圭太が言っていたから火事の事件は瞳が深く関わっているのかも…。

次回にこの秘密が明らかになるのか、どうなのか?

由貴子と誘拐犯の関係も気になるところです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『10の秘密』を好きになってくれたらうれしいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする