トップナイフ-天才脳外科医の条件-第1話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第1話では、脳外科医の深山瑶子は天才脳外科医でどんな難しい手術でも見事な腕でこれまで何人もの命を救ってきた。

だが脳外科に新しく3人の医師が赴任することになり瑶子はそれにイラついていて特に脳外科医の専門研修医の小机幸子の出来の悪さにイライラしていた。

そんな瑶子たちのところに脳に腫瘍が見つかった宅間浩と言う患者が入院してきて彼の家族には何やら秘密があり…

キャスト&スタッフ

原作:林宏司『トップナイフ』

脚本:林宏司

演出:大塚恭司、佐久間紀佳、茂山佳則

出演者:天海祐希、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和

音楽:横山克、鈴木真人

エンディング:JUJU 「STAYIN’ ALIVE」

チーフ・プロデューサー:池田健司

プロデューサー:鈴木亜希乃、茂山佳則

制作:AX-ON(協力)

製作:日本テレビ

※ここからネタバレ注意!

第1話あらすじ&ネタバレ

-脳はこの世に残された唯一の未開の地である-

東都総合病院の深山瑤子、西郡琢磨、黒岩健吾はそれぞれ同じ夢を見ていた。

彼らには「お前のせいだ」という囁き声が聞こえていた。

翌朝瑤子は脳神経外科医部長の今出川孝雄の電話で起こされた。

2人は新しい医者を3人瑤子の承諾なしで勝手に雇ったことをもめていた。

脳外科の3人の医師

脳神経外科医専門研修医の小机幸子はロッカー室の鏡の前で挨拶の練習をしていた。

幸子は看護師の小沢真凛にドクターヘリで運ばれてくる患者を診察するために呼ばれていた。

患者が運ばれて幸子は患者の腕を持ってきたがどうしたらいいかわからすに戸惑っていた。

その時瑤子が手術に立ち合い見事な手際で患者を助けて手術終わりに「部長を殺す」と呟いていた。

宅間浩は黒岩に手術してもらうことになっており黒岩の腕は超一流だから大丈夫だと子供たちに話していた。

黒岩はテレビ取材を受けていて看護師の犬飼剛と小沢が黒岩のことについて話していた。

黒岩は手術の腕は一流だけど人間的にはクズ中のクズだと犬飼は小沢に言った。

西郡がオフィスに入ってきて患者リストを見て手術がしたいと呟いていた。

瑤子と幸子は手術が終わり瑤子は今出川に詰め寄って3人の医者は本当に必要なのかと今出川は瑤子に話す。

瑤子は幸子に脳神経外科医になるべき人間と絶対になっちゃいけない人間の2種類がいると説明する。

幸子が絶対に結婚できんなと瑤子を見ながら呟いていた。

宅間浩の妻の宅間みどりが執刀医を変えてほしいと頼んできて黒岩は手術だけしかせず患者を見ていないと瑤子に話す。

瑤子は宅間浩は自分が手術すると宅間みどりに言って宅間浩のことをずっと見てきたから大丈夫だと伝える。

幸子はバイクの転倒事故で運ばれてきた上野真里という患者を見ていて異常がないと言って帰した。

瑤子は脳神経外科のみんなに手術説明をして黒岩は宅間浩のカルテを見て真剣な顔をしていたが何食わぬ顔で帰っていった。

幸子は宅間浩を搬送していて黒岩と瑤子は廊下で話をして瑤子には踏み込む度胸がないと言って別れた。

西郡は何かあったらフォローするよとタメ口で言っていた。

宅間みどりは息子の宅間武志と電話で話して瑤子が手術することになったと伝えたら本当にそれでいいのと武志が言った。

瑤子が手術を始めようとしたらみどりがオフィスに来てやっぱり手術はやめてほしいと頼んできた。

宅間浩の手術が始まり、西郡が手術を始めた。

瑤子はみどりの話を聞き脳に腫瘍ができると性格が一変すると聞いたとみどりが話す。

入院する前は自分に手をあげるDV男だったとみどりは瑤子に打ち明ける。

ベトナム旅行も女と行っていたと語りそれに我慢できなくなった武志が宅間浩を殴って頭をぶつけて切り腫瘍が発覚した。

部長秘書の玉井静香は今出川に腫瘍で性格が変わることがあるのかと聞く。

今出川が脳は宇宙の中で最も複雑な創造物でほとんど解明されていないと語る。

瑤子は腫瘍ができたせいで凶暴な性格になったんじゃないかとみどりに話し、みどりは8年前の浩のことを思い出していて温厚な浩だった。

瑤子は今出川に宅間浩を引き戻しますと告げて手術をした。

一方、上野真里はベッドに寝て小沢から腕を動かすように指示されたが全く動かなくて幸子が駆けつけた。

みどりは娘の未来に手術が終わったら元のお父さんに戻ると伝えた。 

瑶子と黒岩、それぞれの手術 

幸子は上野真里のカルテを見たがどう見ても異常はなく困って黒岩に見てもらった。

瑤子は見事な手つきで腫瘍を取り除いて行き、黒岩は上野真里の手術に取りかかった。

上野真里は頸椎に腫瘍ができて身体が動かせなくなりそのうち呼吸が止まると幸子と小沢に説明する。

瑤子が腫瘍を取り出すとそれは腫瘍ではなく何と卵だった。

瑤子は脳に入っていたのはサナダムシで中枢神経に入るのは極めて珍しいとみどりに話す。

「私に言えるのは手術がうまくいったということだけです」とみどりに言う瑤子。

みどりたちは浩に会おうと浩の病室を訪れて、浩が手を差し出してみどりが手を握る。

やっと戻って来れたと家族に話す浩を見て微笑む瑤子。

「Bar カサブランカ」では幸子がマスターの来島達也にキスされて幸子は必死に手を拭いていた。

瑶子がバーに来て本当は知っていたんじゃないかと黒岩に聞き黒岩はただの腫瘍ではなかったことを知っていた。

今出川が瑤子に話しかけて脳には変化が必要で瑤子にも変化が必要だと今出川が話す。

幸子は下手な踊りを踊っていて瑤子はみんなの前で踊り出した。

感想

深山瑶子は天才脳外科医で、同じ脳外科の専門研修医の小机幸子に手を焼いていて女たらしの黒岩健吾、プライドの高そうな西郡琢磨と患者を救うために奔走する。

瑶子と幸子の掛け合いが面白くてつい笑ってしまって、幸子は自信満々に仕事をこなしますが瑶子にはいつも叱られてばかりで二人はなんだかんだ言っていいコンビだと僕は思いますww。

黒岩は天才的な手術の腕を持ちますが女たらしで手術のことしか頭にない変人で頚椎の腫瘍を見事に摘出して自信満々の顔をしていました。

黒岩健吾を演じた椎名桔平がこの役にピッタリはまっていてこのドラマには欠かせない存在になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする