HERO(2001)第3話あらすじ&ネタバレ 結婚詐欺の真相を暴け!

はじめに

『HERO(2001)』第3話では、久利生は行きつけのバーで結婚を申し込んだ宮川雅史という男がナイフを持って女性に切り掛かり久利生は宮川雅史の取り調べをすることになる。

彼のことを調べるうちに宮川雅史の婚約者だった島野紗江子が別の男たちからも結婚の約束をしていて、大金を要求して金を手に入れた途端結婚を破談にした過去があった。

久利生は紗江子が結婚詐欺をしているとわかるが結婚詐欺は立証が難しく雨宮と江上とともに調べるがなかなか立証できる証拠は見つからない。

果たして久利生は結婚詐欺を立証することはできるのか?

キャスト&スタッフ

脚本:福田靖、大竹研(第1期)、秦建日子(第1期)、田辺満(第1期)

演出:鈴木雅之、平野眞、加門幾生(第1期)、澤田鎌作(第1期)

出演者:木村拓哉、小日向文世、八嶋智人、田中要次、正名僕蔵、角野卓造

制作:フジテレビ

プロデューサー:石原隆、和田行

出演者:松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、児玉清

エンディング:宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」

※ここからネタバレ注意!

第3話あらすじ&ネタバレ

雨宮と江上はバーで話していて、江上は雨宮には恋人が必要なんじゃないのかと提案する。

その時、男が突然ナイフを取り女性に切りかかって久利生が止めに入った。

久利生は男の取り調べをしていて、被害に遭った女性は島野紗江子で男が宮川雅史といった。

紗江子はかすり傷だが立派な傷害罪だと久利生が言い紗江子は料理研究家で雅史が作った料理を美味しそうに食べていたと話す。

島野紗江子は結婚詐欺師?

城西支部のみんなは江上と雨宮が付き合っていると思っていて久利生だけが知らなかった。

久利生は被害者の島野紗江子に話を聞く。

二人の出会いは男のための料理教室で知り合ったと話す。
 
紗江子は久利生に告訴は取り下げないとはっきり宣言した。

江上は牛丸からフランス大使館主催のパーティーの招待状を渡されて江上は城西支部のエースだと牛丸は話す。

このパーティーは女性同伴だと江上に伝える。  

中村は待合所でリンゴを剥いていて、不器用な剥き方で身が小さくなっていた。

紗江子はそのリンゴを見てリンゴをきれいに剥いた。

男性陣からは料理ができる女性がいいと話していて中村の剥いたリンゴを見て芝山は笑っていて中村は芝山を冷たい目で見ていた。

紗江子は帰って行き、江上はフランス大使館のパーティーに雨宮を誘ったが勉強があるからといって断った。

久利生は雨宮に被害届けを見せて男たちが紗江子に大金を騙し取られたという内容で後日取り下げられていると話す。

久利生は紗江子の結婚詐欺の被害者の鴨井修治に話を聞きに行く。

鴨井は仕事のための資金がいるからといって紗江子に150万を渡してそのあと急に結婚なんか考えたことがないと言い出したと話す。

弁護士が結婚をしようとした証明がないとダメだと言われて諦めたという。

「生まれ変わっても一緒になろうね」というセリフを紗江子は騙しとった男たちに言っていた。

雨宮は紗江子を結婚詐欺で立証しましょうと久利生に言うが久利生は結婚詐欺は立証が一番難しい犯罪だと雨宮に話す。

雨宮は久利生のことを臆病者と言って一人で帰っていった。

久利生は雨宮の言われたことに憤っていた。

久利生、紗江子を逆控訴する

江上は芝山にフランス大使館のパーティーの招待状を渡して芝山は中村をパーティーに誘った。

久利生は取り調べ室で雅史に紗江子を結婚詐欺で逆告訴しようと雅史に提案した。

雨宮は牛丸に久利生が逆告訴しようとしていると報告した。

久利生は紗江子の料理教室に行きそこには遠藤と末次もいた。

久利生は紗江子に雅史が結婚詐欺て告訴した告訴状を見せて帰っていった。

牛丸は江上に久利生の結婚詐欺事件を手伝うようにいって時間がないから取り調べは一回だけだと久利生に告げた。

芝山はみんなの前で堂々と中村を誘ったが芝山の演技があまりにも下手なのでことわった。 
 
久利生は紗江子に贈与税をかけて彼女を揺さぶろうと提案したが無理だとわかった。

江上はもう手の施しようがないと久利生と雨宮に言い帰っていった。

雨宮と紗江子が似ていると久利生が言い恋愛なんてくだらないと二人は思っていると久利生は話す。
 
雨宮は怒って帰って行き、久利生は朝になるまで調べていた。

久利生は紗江子を取り調べて、傷害事件の聞き取りをした後に詐欺容疑の取り調べをした。

久利生は立て続けに複数の男たちから金を要求していることをついたが紗江子はボロを出さない。

久利生は人の無防備なところ、純粋なところをつくのは卑怯じゃないかと言い彼は紗江子に対して怒っていた。

紗江子、雅史の告訴を取り下げる

紗江子が帰ろうとした時、雨宮は紗江子は強い人に見えたけど久利生さんの方が人間らしかったと紗江子に伝えた。

久利生は結局紗江子を不起訴にしてバーで苛つきながらダーツを投げていた。

久利生は紗江子の料理教室に行きオムレツを完全にマスターした。

久利生のはしゃいでいる様子を見て紗江子が突然傷害事件の起訴を取り下げると言い出した。

雨宮は久利生の部屋に入り臆病者と言ったことを謝って久利生はフランス大使館のパーティーの招待状を雨宮に渡した。

久利生は雨宮を誘おうとしたが江上と行ってくればと提案して雨宮は江上と一緒にパーティーに行くことになった。

久利生は悔しがり取り調べ室で雅史に愚痴を言った。

久利生は雅史を起訴猶予として、雅史と握手をして雅史は釈放された。

感想

久利生は宮川雅史の婚約者だった島野紗江子が結婚詐欺をしていることを突き止めた。

雨宮が結婚詐欺で紗江子を起訴しましょうと久利生に言うが久利生が結婚詐欺は立証が難しいと雨宮に話す。

結局、結婚詐欺は立証できずに久利生は紗江子の料理教室に行った。

久利生があまりにもはしゃぐので彼の人間らしさに当てられたのか紗江子が突然傷害事件の告訴を取り下げると伝えた。

このシーンは久利生と紗江子との見えない闘いがあって紗江子が無意識のうちに負けを認めたのだと僕は考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『HERO(2001)』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする