過保護のカホコ第9話あらすじ&ネタバレ 加穂子、ばあばを見送る

はじめに

『過保護のカホコ』第9話では、加穂子はばあばが倒れたと聞いて泉がみんなのことを仕切るから妹たちが機嫌を損ねて姉妹喧嘩をしてしまいます。

加穂子は病院にいる環や節にばあばが入院しているときに初と結婚することになったと空気の読まない報告をした。

泉たち三姉妹は初代の願い通りに初代を家に連れて帰って行き三姉妹は初代と思い出話をして、加穂子はそこで未だかつてないほど悲しい思いをします。

果たして加穂子はばあばを見送ることができるのか?

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『過保護のカホコ』第8話では、加穂子は初とケンカして別れを決意して婚活に精を出しますがばあばに今でもはじめのことが忘...

キャスト&スタッフ

脚本:遊川和彦

演出:南雲聖一、日暮謙、伊藤彰記、明石広人

出演者:高畑充希(根本加穂子)、黒木瞳(根本泉)、竹内涼真(麦野初)、佐藤二朗(国村衛)、中島ひろ子(国村環)、梅沢昌代(根本多枝)、濱田マリ(根本教子)、夙川アトム(冨田厚司)、西尾まり(冨田節)、久保田紗友(冨田糸)、三田佳子(並木初代)、西岡徳馬(並木福士)、平泉成(根本正興)、時任三郎(根本正高)

制作:日本テレビ

※ここからネタバレ注意!

第9話あらすじ&ネタバレ

加穂子は病院帰りで疲れて寝ていて初から電話があり、病院でのことを話した。

泉は厚司の病院の悪口を言っていて福士に絶対にママを死なせないからと伝えて妹たちはなんでも決めて不満そうだった。

加穂子は泉が病院に泊まっているから今は大丈夫と行って初は加穂子の家に行こうとすると泉が帰ってきて初は慌てて隠れた。

加穂子、家族の悩みを聞く

病院にまた泊まるために荷物を持っていって加穂子は初との結婚について反対するとはどういうことか聞いた。

泉は初と結婚するなら親子の縁を切ると加穂子に言いつけて出て行った。

加穂子は大学の美術室で唖然としていて、初はばあばなら何というか想像してみろと加穂子に言いばあばを安心させるためにお互い頑張ろうと約束した。

初は自分が行ったらイチャイチャしていると思われるから加穂子一人で行ったほうがいいと言って加穂子は初代が入院している病院に行った。

加穂子はじいじを励まして加穂子はこんな時に初と結婚することになったと節と環に報告して二人は戸惑っていた。

環は衛と離婚することになったと加穂子と節に言って節も糸を家から追い出したと加穂子に言った。

初代の病室に来た加穂子は初代に初と結婚することになったと報告して泉は出来ない約束はしないほうがいいと加穂子に言った。

加穂子はばあばが元気になるって信じているからと泉に言って加穂子は衛からの電話に出た。

衛が離婚届を出しに行くと聞いて加穂子は急いで役所に走った。

衛は環のことを守ることができなかったと酒を飲みながら嘆いていて役所に離婚届を提出した。

加穂子が衛を追いかけようとすると初から電話があり糸が家を出て行ってチェロを売ると言っていると加穂子に報告した。

加穂子は糸の家に急いで初と会い糸が家から出てきた。

チェロを売ろうとしている糸に加穂子は精一杯止めた聞かず糸は不良仲間と車で行こうとした。

その時節と淳が力づくで車を止めて糸とチェロを降ろした。

節と厚司は糸が二人の子供とは思えないほど可愛くていつかかぐや姫みたいに自分たちの前からいなくなるとずっと思ってたと糸に打ち明けた。

節は音楽で人を幸せにする力が糸にはあると説得したが糸は不良たちの車に乗った。

加穂子と初は加穂子の家に帰ってきて初は加穂子が家族を信じるって決めたんだろ、一人で思い詰めるなと言って加穂子は初君がいるから大丈夫と言った。

初は先に帰ることになりその前に加穂子は初に抱きしめて欲しいとお願いした。

初は加穂子に近づき抱きしめようとしたが正高がきたのでやめた。

正高は教子が大変なことになっていると加穂子に伝える。

教子は見ず知らずの子供たちを家に連れてきていて加穂子は子供たちが安心して過ごせる託児所の党なところがあればいいと言ったら教子もそんな場所を作りたいと話した。

そんな場所を作るのは簡単じゃないぞ免許もいるしと言ったら正興が教員免許、多枝が調理師免許を持っているから教子が保育士の資格を取ればいいと助言した。

加穂子は愛がある人だから子供たちはついてきたんだと教子に話す。

初も7歳の時に施設に入っていたから目の前の大人が信用できる人かどうか常に見ていて教子が信用できる人だと知っているからついてきたんだと加穂子をフォローした。

初は多枝たちに加穂子と結婚を前提に付き合っている自己紹介した。

加穂子、ばあばを家に連れて行く

加穂子はばあばの入院している病院にきて寝ている泉にスカーフをかぶせた。

節と環と仲直りして欲しいと泉に頼んでじいじが起きろとばあばに言った。

初代は起きて最後に家に帰りたいと加穂子と泉にお願いして初代は家に帰ることになった。

初代はベッドに寝て酸素マスクをつけて、節と環に初代に話しかけて欲しいと頼んだ。

初代は加穂子にあるものを見せて欲しいと頼んで加穂子は二階から箱を持ってきた。

箱の中身は姉妹たちの思い出の品で加穂子は姉妹がいないから羨ましいと泉たち姉妹に話した。

姉妹たちは昔話を始めて初代が姉妹たちを呼んだ。

環には弱い体に産んでごめんと言い、節には小さい時に忙しくて構ってあげられなかったと悔やんだ。

泉には厳しくしてその反動で加穂子を過保護にしたんじゃないかと後悔していた。

泉たち姉妹は初代のために「ゾウさん」と歌って、初代は涙を流していい母親だったと姉妹に尋ねる。

初代は「ごめんね」と泉たちにずっと謝っていた。

加穂子は夜に初を連れてきて初は加穂子の家族の絵を初代に見せた。

加穂子と初、永遠の愛を誓う

初代はあなたがいないからダメねと言い加穂子は結婚できるかわからないママに勘当されそうだと言って初代は駆け落ちとか考えちゃダメよと加穂子に助言した。

初代は加穂子にお姑さんにもらった指輪を渡して、初代は加穂子が家族を守ってねと言って初代は寝てしまった。

しばらくして、初代は亡くなり福士は動揺したが加穂子が初代の前に連れてきた。

福士は初代に感謝を伝えて、加穂子と初は二人で大学に来ていた。

加穂子は初代が亡くなったショックでとても結婚できないと初に話して、初は突然部屋の明かりを消した。

初は加穂子を探して俺が探しているのは明るくて元気な加穂子だと伝えた。

こんな時だからこそ結婚するべきだと加穂子に言い二人は永遠の愛を誓った。

感想

加穂子はばあばが倒れたと聞いて入院している病院に行きますがそこでは泉が妹たちとケンカしていて加穂子はこんな時に初と結婚することになったと報告します。

加穂子は糸をばあばに会わせるために奮闘しますが糸は不良仲間たちとチェロを売りに行こうとして加穂子は必死に止めようとしますが止まりません。

その時に節と厚司が止めにはいり糸をどれだけ思っているか糸に語りかけて、糸は心が動きましたが糸は不良仲間たちとともに行ってしまいます。

節と厚司の糸を思う気持ちは本物で子供がグレても節と厚司みたいに誠意を持って子供に語りかければ届くんだと改めて思いました。

そして、加穂子と初はばあばの死で自分たちの気持ちを再確認して永遠の愛を語り合うシーンがまた良かったです💖

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『過保護のカホコ』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『過保護のカホコ』第10話では、過保護のカホコもいよいよ最終回で加穂子と初の結婚式が開かれることになりましたが二人の...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする