過保護のカホコ第5話あらすじ&ネタバレ 加穂子、パパが家出する

はじめに

『過保護のカホコ』第5話では、正高は加穂子と泉に怒って家出してしまい加穂子は正高を連れ戻そうと奮闘するが正高の問題だけではなく家族の様々な問題が持ち上がります。

加穂子は自分が過保護なことに悩んでいて家出中の正高に相談して加穂子は初のためにおにぎりを作って持っていきます。

果たして加穂子は正高を連れ戻すことはできるのか?

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『過保護のカホコ』第4話では、加穂子は初に告白して初はどうやって断ろうかと考えていて加穂子は改めて初に告白するが初は...

キャスト&スタッフ

脚本:遊川和彦

演出:南雲聖一、日暮謙、伊藤彰記、明石広人

出演者:高畑充希(根本加穂子)、黒木瞳(根本泉)、竹内涼真(麦野初)、佐藤二朗(国村衛)、中島ひろ子(国村環)、梅沢昌代(根本多枝)、濱田マリ(根本教子)、夙川アトム(冨田厚司)、西尾まり(冨田節)、久保田紗友(冨田糸)、三田佳子(並木初代)、西岡徳馬(並木福士)、平泉成(根本正興)、時任三郎(根本正高)

制作:日本テレビ

※ここからネタバレ注意!

第5話あらすじ&ネタバレ

加穂子と泉の服選びの儀式も再開したが一つだけいつもと違うのは正高がいないことだった。

加穂子は正高のことを心配していたが泉は全く心配していなかった。

正高は実家に戻っていて、教子は母親と娘なんて旦那のことなんか心配しないんだと言って正高はさらに不安に思った。

加穂子、正高が心配になる

加穂子からの連絡を待っていた正高だったが、いつまでも来ないので正高は加穂子にすごく会いたくなっていた。

加穂子は正高が心配だったが泉には言えずに初からメールで頼まれて泉は初との関係を不安に思っていた。

加穂子は初と会って初は人物画を描いた方がいいと考えて加穂子にモデルを頼んだ。

加穂子はパパが怒って出て行ったことを話して初はぬくぬく育ってきたお前にはわからなんだよと加穂子に呟いた。

初は自分の家族のことを話して父親は早くに亡くなって母親は別の男と仲良く暮らしてるんじゃないのかと加穂子に投げやりに言った。

加穂子はコンビニで買い物をしようとした時にチャージが切れているのに気がついてパパにメールしようとしたけどやめた。

夜になって正高はようやく加穂子からメールが来て嬉しくなったが加穂子は「カホコは過保護だと思う?」と聞かれて正高は正直に加穂子に過保護だと告げた。

そして、泉から電話があり正高は生活費を振り込むと約束して泉が何もなかったように「明日の夕飯何にする?」と聞き正高は怒った。

加穂子は正高のことを心配していたが泉はそのうち帰ってくるというだけだった。

正高はまだ実家にいて教子はこのまま離婚になったら困ると愚痴を言われて正高は不満そうだった。

加穂子はパパがまだ家に帰って来ないと言って初は自立するいい機会じゃないかと加穂子に助言した。

加穂子はパソコンで仕事を探していて泉にも働いて自分のやりたいことを見つけたいと話すと泉と学生科で仕事を見つけると言い出した。

加穂子、保育士の仕事をする

加穂子は泉と大学に行って家の近くの学童保育がいいんじゃないかと提案して加穂子は学童保育の面接に行った。

加穂子は学童保育で働くことになり子供達の面倒を見たが加穂子が困っているのを見ていられずに泉は子供の世話をした。

泉は加穂子は保育士に向いてないと話して加穂子は不満そうだった。

家に帰ろうとする正高だったが加穂子が家から飛び出してきて環が入院している病院に行った。

衛はお酒が好きで飲みすぎちゃって喧嘩して体調を崩したのだ。

厚司が病室に来て糸が補導されたとみんなに報告してきて糸のいる警察署に衛たちが来た。

糸は節たちみたいなつまらない大人にはならないと言い放って一人で帰って行った。

加穂子は初のところに来てふさぎ込んでいたので初がどうしたのか聞いた。

家族が今大変で対応に追われていると初に伝えて、加穂子は糸を励まして欲しいと初に頼むが初は糸にひどいことを言ったから無理だと加穂子に伝える。

加穂子は泉の実家に来て福士が具合が悪いということで加穂子と初代は病院に行ったらと言って福士は仕方なく病院に行った。

加穂子は初代に初のためにおにぎりを作ってあげたらと提案されて加穂子は初のためにおにぎりを握った。

正高は加穂子がいつまでも連絡をくれないのを寂しく思って泣いていたが加穂子は正高の実家に来て寄りたいところがあるから先に家に帰っててと正高に伝えた。

加穂子は初のバイト先にきて初におにぎりを見せたが初はおにぎりは嫌いだと言って食べるのを断った。

初がパンを食べようとした時に使い終わった絵の具が落ちて加穂子はどうして捨てないのと聞いた。

初はその絵の具は母親がお金もないのに買ってくれたものである日母のために絵を描いた時に出て行ってそれからずっと一人で暮らしてきたと加穂子に話す。

加穂子、初に思いの丈を叫ぶ

初は怒って絵の具を川に捨てたが加穂子は絵の具を一生懸命探した。

加穂子は何もできない自分が嫌になり過保護な自分が本当に嫌になると初に思いの丈を打ち明けた。

初は加穂子にお姫様抱っこして加穂子を抱き上げた。

正高は家に帰ってきて泉は加穂子のDVDを観ながら加穂子を過保護にしすぎたのかなと正高に尋ねる。

その時加穂子がずぶ濡れで帰ってきて初も一緒に来ていた。

初は泉に娘さんとお付き合いがしたいですと真剣な顔で言って帰って言った。

泉はすぐに加穂子の世話をしようとしたが加穂子は自分のことは自分でしたい、もうママの世話にはならずに甘えないようにすると伝えた。

すると、泉は荷物を持って家を出て行ってしまい加穂子は呆然とした。

感想

加穂子は正高が堪忍袋の緒が切れてしまって家出をするが泉は全く心配していなくてむしろいきいきとしていた。

正高を取り戻すために加穂子は奮闘するが正高のこと以外に糸が警察に補導されて節と厚司も困っていて加穂子は初に糸を励ましてと頼む。

初は糸にひどいことを言ってしまって謝れる状態じゃないと加穂子に話し、初はなんだかんだで加穂子たち家族のことを気にかけていて感心しました。

僕の好きなシーンは、初が母親からもらった絵の具を捨ててしまって加穂子は一生懸命川を探し回って過保護な自分が本当に嫌になると初に叫ぶシーンです。

加穂子の心の叫びが見えたシーンでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『過保護のカホコ』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『過保護のカホコ』第6話では、加穂子は泉に帰ってきてもらうために正高が泉の実家にきて泉を説得しようとします。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする