3年A組-今から皆さんは、人質です-第10話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第10話では、物語はフィナーレに向かって進んでいき柊はネットの住民たちに魂の叫びをします!

生徒たちは柊が飛び降りようとしているのだと思い急いで屋上に行こうとします。

果たして柊の思いはネットの住民に届くのか?

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第9話では、いよいよ物語はクライマックスを迎えて景山を殺した真の犯人を3年A...

キャスト&スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:小室直子、鈴木勇馬、水野格
出演者:菅田将暉、永野芽郁、片寄涼太、川栄李奈、上白石萌歌、萩原利久、今田美桜、福原遥、神尾風珠、鈴木仁、望月歩、堀田真由、富田望生、佐々本宝、古川毅、若林時英、森七菜、秋田汐梨、今井悠貴、箭内夢菜、新條由芽、日比美思、細田善彦、バッファロー吾郎A、神尾佑、土村芳、ベンガル、矢島健一、大友康平、田辺誠一、椎名桔平
主題歌:ザ・クロマニヨンズ「生きる」
プロデューサー:西憲彦、福井雄太、松本明子(AXON)、難波利昭(AXON、協力)
制作:日本テレビ

※ここからネタバレ注意!

第10話あらすじ&ネタバレ

柊は郡司と屋上に現れて本城は狙撃を許可して柊は撃たれてしまった。

本城はその隙にSITを突入させて学校の中に入ろうとすると入口が爆破された。

柊は起き上がって防弾チョッキを着ていて助かった。

柊は明日の朝8時にマインドボイスのライブ中継を使って全ての真相をお話ししますと叫んだ。

生徒たちは柊の無事を喜び、諏訪がさくらにさっきの話の続きをするように迫った。

生徒たちは自分たちが景山をいじめていてそれでさくらが助けなかったから責めていると言ったがさくらは本当に景山を殺したのだと話した。

さくらは柊が自分のためにこんなことをしているとみんなに告げた。

柊はネットを見て自分は完全に悪者だと言って笑っていた。

柊、事件を起こした真の動機

郡司はなんのためにこんなことをしたのかと聞いて柊はこの計画を始めたきっかけは文香のフェイク動画だと言って話し始めた。

ある日、文香は柊にフェイク動画を見せて柊は文香から事情を聞く。

柊は文香の家に来て孝彦に武智が文香のフェイク動画を作るように依頼して文香を陥れたと伝える。

柊は孝彦に魁皇高校の面接を受けて武智の犯罪を明らかにすると話す。

柊は魁皇高校に転入して武智大和にも会っていたが柊はすい臓がんが再発して彼は入院することとなってしまった。

柊は美術の授業で逢沢が見ていた景山のフェイク動画を見て武智がまた動き出したと考えて武智の電話に盗聴器を仕掛けた。

柊は景山にフェイク動画を誰が作ったのか知っていると話して力になれるかもしれないと話した。

柊は医者から余命宣告を受けていた時に電話が鳴り柊は景山が亡くなったと聞かされて柊は自分を責めた。

孝彦が景山の死を明日の活力に変えて前に進めと励まして柊は立て篭もり計画を孝彦に話した。

孝彦は五十嵐理事官を連れてきて文香の実の父親だと伝える。

五十嵐はこの計画の目的は復讐なのかと聞き、柊は文香や景山のような犠牲者を出さないためにする救済だと伝えて五十嵐も協力することにした。

三人は放課後の教室に行き準備を整えていて、柊は逢沢だけに計画を話していた。

柊は郡司に目的を果たすためにはこうするしかなかったと言いこれはある生徒のためでもあると話す。

さくらは景山が自殺した日に会っていたとみんなの前で話して、さくらは景山をビルの屋上に連れて行く。

景山は誹謗中傷の幻聴が聞こえて景山は飛び降りようとした時、さくらは景山の手を掴んだ。

景山が死なせて楽になりたいと言いさくらは手を離してしまった。

さくらは景山が死んだのは自分のせいだと悔やんでいて柊はさくらに景山が死んだのはさくらのせいじゃないと言いこの10日間を最後まで見届けろとさくらに言った。

さくらは柊がいくらこのことでさくらを救おうとしても罪は消えないとみんなに話す。

柊は全てを郡司に話し終わり彼は郡司の手錠を外した。

柊は屋上に立ちさくらは飛び降りようとしているのかもしれないとみんなに言いみんなは急いで屋上に向かった。

郡司は電話で宮城に文香をここに連れてきて柊のやることを見せてやりたいと言い宮城は断った。

柊、ネットの住民に魂の叫び

柊は屋上でライブ中継をしてネットの奥の人々に真相を話し始めた。

柊は動画のメイキングを見せてあの動画が全て作り物だったと明かした。

柊は生徒たちにSNSの暴力を世に知らしめたいと話していて、情報が二転三転した時に自分たちがいかに情報に踊らされているかを伝えると話していた。

柊はネットの住人が周りの意見に流されて陰口をいうことしかできない自覚のない悪意が景山を殺したんだと叫んだ。

柊は景山を殺したのはSNSのマインドボイスで、多数の誹謗中傷によって景山は追い込まれたと話す。

景山澪奈は悪意にまみれたナイフで何度も何度も刺されて景山澪奈の心は殺されたんだと絶叫した。

武智のフェイク動画は一時災害で二次災害であるネットの誹謗中傷こそが景山澪奈を追い詰めたんだとネットの住人に語りかけた。

柊は景山から彼女が自分の悪口を言われているようでそう思っている自分も嫌になって苦しい、助けてと心の内を話していた。

景山は自殺した日、突然幻聴が聞こえて景山は自殺を図った。

柊は言葉は時として暴力にもなってナイフなんて比にならないくらい深く心をえぐってくると生徒たちに語る。

瓦礫を撤去している生徒たちは柊の叫びを聞いて「先生が怒っている」と言ったが郡司は「これは怒りじゃない、祈りだ」と生徒たちに言った。

柊は手も口も耳も誰かの幸せを分かち合うためにあるんじゃないのかとネットの人々に問いかけて俺の叫びが誰かに届いて欲しいと泣きながら願った。

さくらたちは瓦礫をどかしてようやく通り道ができて郡司が手を差し伸べる。

考えて誹謗中傷をやめてくれる人が1人、10人、100人になってくれることを願うとみんなに言って授業は完結した。

柊は眼鏡を外して屋上の縁に立ち柊は飛び降りた。

さくらは柊の手を掴み、あの時も景山の手を離そうとしなかった。

さくらの柊をつかむ力が無くなり柊が落ちようとしていたその時、甲斐が柊の腕を掴み生徒たちも駆けつけて柊を引っ張り上げた。

3年A組、感動のフィナーレ!

柊はさくらの心を救うためにこんなことをしたと宇佐美が話して甲斐がメガネを外したら信じるなと言っていたのを思い出していた。

武智は文香と亡くなった景山にフェイク動画のことを謝罪した。

柊は郡司に手錠をかけられて警察に連行されようとしていた時、文香が柊の前に現れてお礼を言った。

柊は自分のためにしただけだからと文香に笑いながら言って下に降りた生徒たちに「卒業おめでとう」と祝福した。

現在に戻り、柊はその後病気と闘って一年以上生きたと生徒たちは嬉しそうに話していた。

そして、さくらは一人教室にいて世間はあれから何一つ変わってないと柊に報告して一人でも多く考えて行動してくれたらと願っていた。

あるネット住民がいつものように誹謗中傷をしようとしていたら窓の明かりを見て躊躇してコメントを消した。

感想

柊の目的はネットの住民たちに自分たちが犯した過ちを気づかせることにありそのためにネットの住民たちに魂の叫びをします。

このシーンはこの物語のクライマックスにふさわしく柊一颯の思いをネットの住民たちにぶつけることで過ちを繰り返して欲しくないとの願いを込めて叫んでいるのが胸に刺さりました。

さくらの心を救うために柊は自分の身を投げ打って飛び降りるという嘘をみんなの前でついてさくらに手を掴んで欲しかったんだと今になって思います。

さくらは柊の嘘で景山の手を離したくなかったんだと気づかせてさくらの心を救いました。

この物語のラストにふさわしいシーンでした(°▽°)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『3年A組-今から皆さんは、人質です-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第1話では、柊一颯は突然自分の担任している3年A組の生徒たちを人質にとり立て...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする