3年A組-今から皆さんは、人質です-第6話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第6話では、ベルムズのリーダー・喜志正臣が作ったフェイク動画は魁皇高校の教師の誰かが作るよいうに依頼していた。

その犯人探しに躍起になる教師たちと生徒たちだったが水越涼音は水泳部のコーチの坪井先生が怪しいのではないかと睨んでいた。

水越は坪井先生に白状してもらうために自分の坪井がなんいんだという発言を動画に撮ってネットに投稿しようとしますが…

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第5話では、ベルムズにフェイク動画を依頼した人物を柊一颯が探していて諏訪がベ...

キャスト&スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:小室直子、鈴木勇馬、水野格
出演者:菅田将暉、永野芽郁、片寄涼太、川栄李奈、上白石萌歌、萩原利久、今田美桜、福原遥、神尾風珠、鈴木仁、望月歩、堀田真由、富田望生、佐々本宝、古川毅、若林時英、森七菜、秋田汐梨、今井悠貴、箭内夢菜、新條由芽、日比美思、細田善彦、バッファロー吾郎A、神尾佑、土村芳、ベンガル、矢島健一、大友康平、田辺誠一、椎名桔平
主題歌:ザ・クロマニヨンズ「生きる」
プロデューサー:西憲彦、福井雄太、松本明子(AXON)、難波利昭(AXON、協力)
制作:日本テレビ

※ここからネタバレ注意!

第6話あらすじ&ネタバレ

3月5日、フェイク動画を作るよう依頼した犯人が魁皇高校の教師の中にいるとネットで話題になって犯人探しが始まった。

武智はニュースで教師の中に犯人はいないと断定してみんなを信じると話していた。

柊は授業を始め、「信じる信じないゲーム」と始めようと言い柊は生徒たちと写真を撮った。

生徒たちは久しぶりの美味しい食事とシャワーではしゃいでいた。

柊はネットにさっきの写真を投稿して柊の持っている今日の新聞で生徒たちは誰も死んでいないと証明した。

フェイク動画を依頼した犯人の捜査開始

ネットの住民たちは手のひらを返したように柊をヒーローとしてたたえた。

3月6日、堀部たちはガルムフェニックスの動画を見ていてガルムフェニックスのキメ台詞は何だったか考えていた。

柊はマインドボイスに手足のマネキンを投稿したのは誰だと聞いて結城美咲が手を挙げた。

柊は指示を出すまで投稿するなと怒ったが突然笑って「盛り上がっていこうかーーー!」と叫んだ。

柊は武智に電話して教師の中にフェイク動画を依頼した犯人がいると教師たちに言った。

フェイク動画を依頼した「hunter」が名乗り出なかったら教室を爆破すると宣言した。

そうして電話を切り、生徒たちは助かるのかと柊に聞いたが柊は真実を探すために命を差し出して欲しいと冷酷に言った。

生徒たちは通報しようとしたが柊が止めて携帯とカバンを回収した。

柊はメガネをかけて「うわべだけで物事を見るな、本質から目を背けるな、Let’s think」と言い教室を出て行った。

結城が柊を手伝いに行き、結城が美術室に来た時こっそり自分のスマホを抜き取った。

柊は自分の部屋に戻り文香の動画を見ていて「hunter」がベルムズに依頼したことを話していた。

郡司は相楽家に来て孝彦に文香に話を聞きたいと言ったが孝彦は郡司を追い出した。

さくらは景山のフェイク動画を依頼した犯人を探すためにみんなの話を聞く。

みんなは先生たちの中で誰が怪しいのか話していて、武智は景山と瀬尾にスポーツ推薦の話を持ってきていたと真壁と里見は話す。

里見は坪井が本命だろと言い、坪井はスパルタ教育で何人も水泳をやめていると熊沢も真壁が話した。

水越は坪井のせいでやめたと言い坪井が中尾と付き合っている写真をみんなの前でばらまいて深く傷ついたと告げる。

水越、坪井に深く傷つけられる

水越はあの時のことを振り返り、水越は景山に負けたくなくて夜遅くなるまで練習に励んでいた。

そして、坪井に中尾と付き合っている写真をばらまかれてそれを景山に見られて水越はショックを受けた。

水越がトイレで泣いていた時スマホを持っていた結城がトイレから出てきて水越は持っていたことを黙っている代わりに言うことを聞いて欲しいと頼んだ。

教師たちは一斉に互いを疑い始めて、柊は女子トイレに仕掛けた監視カメラで水越たちの様子を見ていた。

水越はフェイク動画を依頼した犯人は坪井だと告白した動画を撮ってマインドボイスに投稿して欲しいと結城に頼んだ。

さくらはその様子を見ていて柊に質問攻めにして「先生の目的は犯人を捕まえることですか?」と聞いた時柊は「俺の目的はその先にある」と答えた。

それを聞いたさくらは柊のメガネをかけて「私は先生を信じてますから」と伝えて去っていった。

一方、郡司と宮城はガルムフェニックスを撮影している放来撮影所にきていて柊がここでスーツアクターとして働いていたと宮城から聞く。

柊はファイター田中とスーツアクターとして「ガルムフェニックス」に出演していて田中は犯罪を犯す奴じゃないと郡司たちに話す。

田中は柊にヒーロー役を演じてもらおうと思っていたが柊が癌を患って引退したと話す。

そして、相楽孝彦は放来撮影所の社長だということが明らかになり郡司はマインドボイスに投稿されていたマネキンの写真を見せてここで作られたものかどうか聞いた。

柊は教室に入ってきて、水越が坪井がフェイク動画を依頼した犯人だと告白する動画をみんなの前で見せた。

柊は体育館にいる五十嵐と魁皇高校の教師たちにネット電話で話をして、生徒たちは坪井先生が犯人だと思っていると坪井本人に伝えた。

柊は坪井に説得するよう水越に言い水越はパソコンの前に立ち自分が犯人だと名乗り出るように怒鳴った。

校長が本当のことを話した方がいいと坪井に言って坪井は真実を話し始める。

水越は誰よりも努力して夜遅くまで水泳の練習していたがそれが良くなかった、水越が練習を休んだ日に水越の母親に呼び出されて病院に行っていた。

医者は致死性不整脈と診断してハードな運動は控えるように坪井に伝える。

練習を再開したら命を落とす危険があると言われた。

母親と坪井は二人が言っても無理してでも練習をしようとすると考え坪井はああいう手しか思いつかなかったと水越に話す。

坪井は水越に謝って水越は泣いていて、柊はまだ坪井先生を疑うのかと聞いたら水越は自分の体のことも坪井が苦しんでいることも知らなかったと言って撤回した。

水越は動画を投稿したことを後悔したが、柊は結城が動画を投稿する前に止めたと水越に伝える。

水越はそれを聞いてよかったとホッとしたが柊は何がよかったんだよと言って水越につかみかかった。

柊一颯、水越に魂の授業

動画を投稿すれば坪井が、家族が友人がどんな目にあっていたのか想像したのかと水越に説教した。

お前は取り返しのつかないことをしようとしたんだと水越の胸倉を掴みながら説教して生徒たちがしょうがないと話す。

柊は「しょうがない」と言った発言に怒り、何がいけなかったのかうわべだけで物事を見ないでよく考えるんだよと怒鳴った。

目で起こったこと見たことをしっかり頭に叩き込んで胸に刻むんだよと語り本質から目を背けちゃダメだと叱責する。

感情に任せて過ちを置かせる歳じゃない、それが許される歳じゃないと水越に言い「自分の言葉に自分の行動に責任を持てよ!」と生徒たちに語りかけた。

柊一颯「お前の言葉一つで命を奪えるってことを忘れるな!」

柊は教室を爆破すると五十嵐と教師たちに言って教室の扉を閉めて生徒たちは怯えていた。

そして、ものすごい爆音がなり教室は爆破されたと思ったが別の教室を爆破していた。

生徒たちはホッとしたがさくらは柊の言葉は嘘だと気づいていて柊はメガネをかけた時は真実を言っていて外した時は嘘をついているとさくらは説明する。

さくらは生徒たちにうわべだけで物事を見ないでちゃんと本質を見ることがだと気づいて欲しいと思ったので他のみんなには何も言わなかった。

郡司は宮城から相楽孝彦が個人名義で造形物や爆発物を仕入れていたと報告を受けて柊と孝彦が繋がっていると確信した。

柊は「いよいよ追い詰められましたね、武智大和先生」と言ってフェイク動画を依頼した犯人は武智だとみんなに告げた。

柊は「Let’s think」と言ってネット電話を切った。

感想

水越涼音演じる福原遥はご存知の方も多いと思いますが子役時代にやった料理アニメ『クッキンアイドル!アイ!マイ!まいん!』にて、主人公の柊まいんを演じて話題になりました。

福原遥は最近まで放送されていた『CHEAT〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』で天才ハッカーの丸山美月を演じていました。

第6話で水越は水泳部のコーチの坪井がベルムズにフェイク動画を依頼した犯人だと思い込んでいましたが実際は違っていました。

坪井は水越が致死性不整脈という病気にかかってもう水泳をすることはできない体になってしまって水泳をやめさせるために中尾と水越が写っている写真をみんなの前でばら撒きました。

いくらやめさせたいって言っても何もこんなやり方しなくてもと正直思いましたし、水越が傷つくなら正直に病気のことを言った方がよかったのではないかと僕は思いましたね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『3年A組-今から皆さんは、人質です-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第7話では、武智がフェイク動画を依頼した犯人だと警察や教師たちの前で言い放っ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする