3年A組-今から皆さんは、人質です-第4話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第4話では、柊一颯は里見に動画を撮らせた人物を突き止めようとしますが犯人はなかなか見つからずに3年A組の生徒は焦ります。

動画を加工した黒幕は別にいると柊は生徒たちの前でいい3年A組のある生徒が犯人だと分りますがその犯人は一体誰なのかこの後の記事を見て驚いてください!

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第3話では、柊は景山を陥れた動画を撮った人物をあぶり出そうと生徒たちに考えさ...

キャスト&スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:小室直子、鈴木勇馬、水野格
出演者:菅田将暉、永野芽郁、片寄涼太、川栄李奈、上白石萌歌、萩原利久、今田美桜、福原遥、神尾風珠、鈴木仁、望月歩、堀田真由、富田望生、佐々本宝、古川毅、若林時英、森七菜、秋田汐梨、今井悠貴、箭内夢菜、新條由芽、日比美思、細田善彦、バッファロー吾郎A、神尾佑、土村芳、ベンガル、矢島健一、大友康平、田辺誠一、椎名桔平
主題歌:ザ・クロマニヨンズ「生きる」
プロデューサー:西憲彦、福井雄太、松本明子(AXON)、難波利昭(AXON、協力)
制作:日本テレビ

※ここからネタバレ注意!

第4話あらすじ&ネタバレ

柊は郡司刑事にある要求をしてその要求は叶えられずに五人の天井の上を爆破させて五人の生徒は瓦礫の下敷きになった。

でも、五人の生徒は実は生きていて3月1日に柊に刺されたはずの中尾が美術室にいて五人の生徒も美術室の地下室に連れてこられた。

柊は腕や足のマネキンを使って柊は五人の生徒が死んだように見せかけた。

さくらは下の部屋で何者かの声が聞こえて飛び起きて宇佐美に聞こえたか聞いたが宇佐美は気のせいでしょと言って寝てしまった。

動画を取るよう依頼した人物は?

翌日の3月4日、さくらは宇佐美に改めて下の部屋に声が聞こえなかったか聞いて宇佐美とさくらはいつの間にか仲良くなっていた。

そして、柊はみんなの前に立ち動画を撮ったのは里見だと言うことがわかったがその動画を撮るように依頼した人物を探している。

柊は名乗り出るように言って甲斐が手を挙げた。

甲斐は里見に動画を撮るように依頼して全て自分がやったと告白したが柊はあのフェイク動画を作ったのは甲斐じゃないと見抜いていた。

景山の自殺には黒幕がいると柊はみんなに話してその黒幕をあぶり出そうとしていた。

郡司は柊の課題をクリアできなくて生徒を死なせた責任で所轄に戻ってベルムズのメンバーの取り調べをしていた。

その取り調べの後、相楽文香が警察署に来て柊が事件を起こしたのは自分のせいかもしれないと郡司に言ってきた。

郡司が詳しく話を聞こうとした時、相楽孝彦が止めに入って郡司は文香のことが気になっていた。

柊は事件に関する動画を見ていて景山が甲斐の起こした傷害事件のことについて柊に話していた。

柊は警察側の協力者・五十嵐刑事が郡司の動向について報告して柊に電話してきて五十嵐は柊の体のことを心配してきた。

甲斐の兄弟たちが人質になっている甲斐の代わりに母親の面倒を見てくれる先生を探していて森崎と坪井が甲斐の家に向かった。

甲斐の母親は事故で動けない体になってしまって、甲斐から自由を奪ってしまったと後悔していた。

甲斐の動機は?

森崎と坪井は校長にこのことを報告して校長はお節介でも生徒の気持ちに寄り添いたいと先生たちに話した。

さくらと宇佐美は逢沢から甲斐がベルムズから景山守った話を聞いてさくらは甲斐にお礼を言いに言った。

甲斐が何も話さないのでさくらはわからないから話してよと怒ったが甲斐は教室を出ていってしまう。

甲斐はとある先輩から廃ビルに景山を連れてきてほしいと頼まれた。

言われた通りに廃ビルに連れてきた甲斐だったが先輩がベルムズのメンバーだったことがわかり甲斐は景山を助けてベルムズたちに立ち向かった。

柊は文香からの留守電を聞いていて自分のせいでこんなことをしているのならやめてと言っていたが柊は自分のためだと呟いた。

教室で生徒たちは甲斐に黒幕の名前を聞いたが甲斐は答えようとしない。

生徒たちが言い争っていると柊が教室に入ってきた。

甲斐は俺が勝ったらみんなを解放して、柊が勝ったら黒幕の名前を言うと約束して二人は勝負することになった。

柊は甲斐を叩き潰して甲斐も反撃するが太刀打ちできない。

柊は甲斐の家庭の事情をみんなの前で話して金に目が眩んで景山を廃ビルに連れていったと話し始めた。

柊一颯、甲斐に説教をする

甲斐が動画を撮るように里見に頼んだのも金に目が眩んでのことだった。

それを知った石倉光多は甲斐に激怒してどうして頼ってくれなかったんだと叫んだ。

柊は甲斐に「もがいてでもあしたをつかめ!」と甲斐に精一杯語りかけて甲斐は涙を流した。

柊が黒幕の名前を聞いて俺を信じろと言ったが甲斐は人殺しの言うことは信じられねえと話す。

そこにさくらが現れて死んだと思った生徒たちが生きていたと甲斐たちに伝えた。

生徒たちは驚いて、甲斐はベルムズのリーダーの喜志正臣がフェイク動画を作ったと伝えてスマホを通話状態にしていた郡司が会話の一部始終を聞いていた。

郡司は早速甲斐が言っていたベルムズのアジトに行き、喜志をアジトに連れて行く。

そこにはベルムズのメンバーがいて郡司はベルムズを次々に倒していった。

喜志は宮城を倒して郡司と一騎討ちをした。

しかし、郡司が喜志を倒して郡司は話を聞こうとした。

生徒たちは里見たちの行方を聞こうとしたが柊が話そうとした時、柊が突然倒れた。

感想

柊一颯は動画を加工した犯人を探すために生徒たちに犯人探しをさせますがあの事件の黒幕はベルムズという半グレ集団で喜志正臣が動画を加工した犯人だった。

甲斐は交通事故で動けない体になってしまった母親のために兄弟たちと母親の世話に追われて夢であるダンスを満足にできずにいた。

甲斐は金が欲しくて里見に動画を撮らせてベルムズから金を受け取っていた。

お金が欲しくて犯罪をやってしまうという気持ちは弱い人間ならではのことですが柊はそんな甲斐に対して説教をします。

「もがいてあしたをつかめ!」という言葉が刺さってもがいてでもあしたを掴むということが大事なんだと実感しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『3年A組-今から皆さんは、人質です-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひご覧になってはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第5話では、ベルムズにフェイク動画を依頼した人物を柊一颯が探していて諏訪がベ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする