3年A組-今から皆さんは、人質です-第2話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第2話では、柊は景山の誹謗中傷を投稿した「やり逃げX」という投稿者を探していて、柊は犯人が3年A組の中にいると断言する。

3年A組の生徒たちは犯人探しを始めるがみんなは疑心暗鬼になって犯人も名乗り出ず、次第に自分だけ助かればいいと言って手当たり次第に疑い始めます。

果たしてやり逃げXを探し出すことはできるのか?

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第1話では、柊一颯は突然自分の担任している3年A組の生徒たちを人質にとり立て...

キャスト&スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:小室直子、鈴木勇馬、水野格
出演者:菅田将暉、永野芽郁、片寄涼太、川栄李奈、上白石萌歌、萩原利久、今田美桜、福原遥、神尾風珠、鈴木仁、望月歩、堀田真由、富田望生、佐々本宝、古川毅、若林時英、森七菜、秋田汐梨、今井悠貴、箭内夢菜、新條由芽、日比美思、細田善彦、バッファロー吾郎A、神尾佑、土村芳、ベンガル、矢島健一、大友康平、田辺誠一、椎名桔平
主題歌:ザ・クロマニヨンズ「生きる」
プロデューサー:西憲彦、福井雄太、松本明子(AXON)、難波利昭(AXON、協力)
制作:日本テレビ

※ここからネタバレ注意!

第2話あらすじ&ネタバレ

3月2日、武智はニュースに出演して立てこもり中の柊に語りかけるが、パフォーマンスだった。

その頃、教室ではみんなで朝礼ダンスをしていて、柊はお前が踊らなかったらどうなるかと甲斐を脅した。

甲斐はダンスを踊り、体育館では五十嵐が郡司たちと合流して被害者は中尾蓮ではないかと宮城は五十嵐に言った。

そして、柊は武智に電話をして郡司に代わり郡司は柊の狙いを聞くが柊は答えなかった。

郡司は柊の身辺を探りに行き、教室では水越はさくらが答えを外したから中尾は死んだと言ってさくらを責めた。

動画を投稿した犯人を見つけろ!

柊は逢沢の撮ったドキュメンタリー映像を見ていていた時、警報が鳴り真壁たちは美術室に来て柊の部屋を見て何かに気づいた。

甲斐は柊が何でこんなことをするのかと聞き柊は景山のドーピング疑惑について話した。

柊は投稿者・やり逃げXの投稿をみんなに見せて、やり逃げが投稿した動画を見せた。

それには景山がドーピングした瞬間を捉えた映像だったがこの映像は一部を加工したフェイク映像だと生徒たちに説明する。

やり逃げXが名乗り出なかったらこの中の誰かが死ぬと生徒たちに言って柊は笑っていた。

郡司たちは柊が前に赴任していた学校に行き柊が学校で暴力を振るったと教えられた。

柊と付き合っていた恋人はこの学校にいた先生で今はやめて自宅療養したと伝えた。

里見はみんなに中尾は死んでないと話して異臭もしていないし同じパンの食べかけがあって生きているかもと伝える。

里見は爆弾のリモコンを奪えれば逃げれると話して甲斐が奪うと里見に言った。

やり逃げXの投稿がひどいとみんなが言っていてさくらはやり逃げXの投稿を見て景山のやられたことを想像して景山からもらったハンカチを見ていた。

それを見た宇佐美は景山にハンカチを送った日のことを思い出していた。

景山は宇佐美がSNSのフォロワーを増やすために一緒にいるのだと気づいてプレゼントのハンカチを宇佐美に返した。

宇佐美はどこまで知ってるのと柊に聞いてあの投稿がバレたら人生おしまいだと言い柊はやり逃げXに肩を持つんだなと宇佐美に問いかける。

柊が名乗り出なかったら誰か死ぬぞと宇佐美に脅すように言って宇佐美は「私じゃなきゃ別にいいよ」と言い捨ててトイレを出て行った。

宇佐美はトイレから出てきたときさくらがいて諏訪も横の女子トイレから会話を聞いていた。

クラスの人気者があんな投稿していると知ったらみんなはどう思うかと宇佐美に言って宇佐美は「私じゃないって言ってるでしょ!」と全力で否定した。

入れ替わるように甲斐たちがきて甲斐たちは柊に襲い掛かったが柊に倒されて兵頭たちに「次アクションを起こしたらペナルティだからな」と脅迫した。

いよいよ解答の時

郡司は宮城と相楽文香の家に来て孝彦が家の門から出てきた。

郡司は孝彦に立てこもり事件の現場にいましたねと聞き孝彦ははぐらかした。

郡司は柊が文香に暴力を振るったことを話して孝彦が柊は恐ろしい男だと郡司たちに話した。

教師たちは体育館で生徒たちを救いたくても救えないと酔っ払いながら保護者たちに言っていて五十嵐は話を聞ける状態じゃないなと諦めて宮城は一人で帰ってきた。

教室の甲斐は犯人探しをしていたが兵頭が犯人はお前だったりしてと甲斐に言ったが甲斐はキレてぶん殴った。

諏訪は犯人は女子とは限らないと言って宇佐美を怪しんだが宇佐美は自分じゃないと諏訪に言って犯人はさくらじゃないかと宇佐美と水越が言った。

さくらは否定したがみんなは疑いの目で見ていた。

そして、柊が教室に来て電話がなり相楽文香からだった。

柊は動揺して電話に出て電話の相手は郡司だった。

その隙に甲斐たちは柊を倒して爆弾のリモコンを奪って甲斐は柊を殴った。

だが、柊は足に爆弾のリモコンを隠し持っていてスイッチを押してロッカーにあった爆弾が爆発した。

生徒が奪ったのは偽物で本物は足に隠してあったのだ。

柊は生徒たちを黒板の前に立たせて上には爆弾があると生徒たちに伝えた。

生徒たちは恐怖からか一斉に互いに疑い始めて柊は怒鳴って止める。

柊は爆弾のスイッチに手をかけると甲斐はハッタリだと言って「お前は誰も殺せない」とはっきり言って柊は試してみるかと甲斐を挑発した。

諏訪は犯人に向かって名乗りでなさいよと問いかけてみんなも犯人に語りかけた。

宇佐美、名乗り出る

犯人の宇佐美はみんなから失望される恐怖から名乗り出る勇気が出なかった。

さくらは私が投稿したと言って宇佐美をかばっていたがさくらに庇われるのが我慢できずに自分が投稿した犯人だと名乗り出た。

宇佐美はアカウントのパスワードを言って柊は死人は出ないと言って喜んだ。

宇佐美はさくらのせいであんなことをしたと話した。

宇佐美は奴隷扱いされているさくらと景山が仲良くしているのを見て宇佐美は激しい嫉妬心の炎を燃やしていた。

宇佐美は景山の後をつけたり景山の家に石を投げたりネットに悪口を言ったり。

さくらは景山が生きてくれるなら離れたよと宇佐美に怒鳴った。

柊は景山がされたことを自分がされたらどう思うと宇佐美に聞いた。

宇佐美は絶叫して柊は「逃げるな〜〜!」と宇佐美に説教した。

柊は今まで何もしてこなかったから生徒たちを正しい道に導く義務があると宇佐美に話す。

柊は宇佐美に足りなかったのは想像力で景山にしたことをもし自分がされたらどう思うか考えろと言い景山は宇佐美を恨んでなかったと宇佐美に伝える。

景山は友達が欲しかったと柊に話していて宇佐美とも本当の友達になりたかったと告げていた。

宇佐美はそんな景山の気持ちを踏みにじった。

柊はその痛みを一生忘れるなよと宇佐美に告げた。

さくらは宇佐美に景山からプレゼントされたハンカチを見せて「そのキャラクターは大切な友達が好きなキャラクターなんだ」と宇佐美に伝えた。

それを聞いて宇佐美はハンカチを握りしめて泣いていた。

柊は動画を投稿した人物を見つけるまでは開放できないと生徒たちに話した。

甲斐たちは柊が中尾を殺してないと思っているが柊は切断された手を見せて中尾の手だと言ったら甲斐たちは怖がって逃げていった。

郡司は柊に電話して誰も殺してないだろうなと聞いた。

ある人物がトイレに入り教師と刑事が直接対決をすると投稿した。

五十嵐が学校に入ってきて柊が五十嵐の前に現れた。

感想

柊が景山の陰口を言っているやり逃げXを探そうとしていて、宇佐美が自分を守るために柊に直接文句を言って犯人探しをあきらめさせようとします。

しかし、生徒たちが全員殺されそうになった時に宇佐美は追い詰められて名乗り出るしかなくなった時にさくらが宇佐美をかばって自分がやり逃げXだとみんなの前で告白した時にさくらの優しさを感じました。

宇佐美は景山と仲良くしているさくらに嫉妬して奴隷とクラスのみんなに言われているさくらと仲良くしているのを見て宇佐美はプライドを傷つけられて激しく嫉妬した。

宇佐美は景山に復讐を決意して景山に数々の嫌がらせをします。

しかし、宇佐美は結局景山の人気が欲しかっただけでSNSのフォロワーを集めたいがために景山と一緒にいるという一見最低ですが宇佐美からしたらそれでも友達と思っているということです。

宇佐美の感情が爆発したラストシーンは必見です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『3年A組-今から皆さんは、人質です-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第3話では、柊は景山を陥れた動画を撮った人物をあぶり出そうと生徒たちに考えさ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする