3年A組-今から皆さんは、人質です-第1話あらすじ&ネタバレ

はじめに

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第1話では、柊一颯は突然自分の担任している3年A組の生徒たちを人質にとり立てこもった。

校舎と教室には爆弾が仕掛けられて学校の中は恐怖の密室空間に変貌して、教師と警察は体育館で教室の動向を見ている。

柊の目的は何なのか、そして人質にとられた3年A組の生徒たちの行方は?

キャスト&スタッフ

脚本:武藤将吾
演出:小室直子、鈴木勇馬、水野格
出演者:菅田将暉、永野芽郁、片寄涼太、川栄李奈、上白石萌歌、萩原利久、今田美桜、福原遥、神尾風珠、鈴木仁、望月歩、堀田真由、富田望生、佐々本宝、古川毅、若林時英、森七菜、秋田汐梨、今井悠貴、箭内夢菜、新條由芽、日比美思、細田善彦、バッファロー吾郎A、神尾佑、土村芳、ベンガル、矢島健一、大友康平、田辺誠一、椎名桔平
主題歌:ザ・クロマニヨンズ「生きる」
プロデューサー:西憲彦、福井雄太、松本明子(AXON)、難波利昭(AXON、協力)
制作:日本テレビ

第1話あらすじ

3月10日、柊一颯は私立魁皇高校の屋上に立っていて本当にこれで良かったのかと自問自答していてこの10日間はかけがえないのものだったと思い「俺の授業はこれで終わりを迎える」と言い柊は落ちていった…

3年A組に何が起こったのかがフラッシュバックされて柊はイヤホンでクラシックを聴いていたら3年C組の担任で地理教師の森崎瑞季に話しかけられた。

先生たちは職員室で朝礼体操を始めて校長の市村浩一が卒業式まで後10日に迫って穏便にお願いしますと先生方に挨拶した。

市村は水泳部顧問の坪井勝に生徒の保護者から教育が厳しすぎるとの報告があったと伝えて坪井は多少力で物を言わせないと強くなれないと市村校長に話した。

森崎は柊を食事に誘うが柊が断って武智大和は自分の本を柊に渡す。

柊一颯、3年A組の生徒を人質にとる

柊は宇佐美と魚住にダンボールを倒されて茅野さくらが心配して駆け寄るが柊が先に教室に行かせる。

柊はロボットのおもちゃを触っていて、「シンニュウシャハッケン」とロボットが叫んでいた。

柊は鏡の前に立ちメガネを外して決心する。

教室では卒業式前なので生徒たちがはしゃいでいて、さくらは柊に後ろのドアが開かないと報告する。

柊が教壇に立ち甲斐は挨拶がわりに柊を押し倒す。

みんなが席に立ち、柊が突然「今からみなさんには人質になってもらいます」生徒に告げる。

生徒たちは冗談と思って笑っていたが、柊が卒業前に言っておきたいことがあると生徒たちに話す。

甲斐が付き合ってられないと後ろのドアを開けようとしてもドアは開かなかった。

柊が特殊な鍵をかけたからドアは開かないと話すと甲斐は怒って柊の胸ぐらを掴んだ。

柊は突然甲斐をねじ伏せて甲斐持っていたバタフライナイフを奪った。

他の生徒たちが柊に向かっていったが柊は凄まじい強さを見せて次々と生徒たちを倒していった。

そして柊は第一校舎の三階を爆破して、生徒たちに学校を爆破したことを告げて甲斐が柊を倒そうとしたが柊は逆に甲斐を倒してバタフライナイフを甲斐の顔の横に突き立てた。

学校の生徒と教師は大騒ぎになって、柊は生徒たちに状況がどうなっているかを見せるためにドアのロックを外す。

3年A組の生徒たちが廊下に出ると廊下には瓦礫の山があった。

廊下が爆破されて教室、美術室、トイレ以外の場所は全て行けなくなったと生徒たちに話してこの学校のあちこちに爆弾を仕掛けたと告げる。

そして、柊は生徒たちの携帯やカバンを集めて奪っていった。

さくらが何が目的なのかと柊に聞いたが柊は何も答えずに生徒たちを立たせた。

柊一颯が「俺の授業を始める」と言い生徒たちは礼をして座り柊はこのクラスが人質になった理由を生徒のみんなに聞いた。

柊がこのクラスにあって他のクラスではなかったことだとヒントを出すとさくらは景山澪奈が自殺したことと答えた。

柊が景山玲奈の自殺に関わっている人物がこの教室の生徒の中にいると話して、夜8時までにその人物を見つけられなかったらこの中の誰かを殺すとみんなに告げた。

柊は解答者に桜を指名して、甲斐が怒ってまドアガラスを椅子で壊そうとしたが強化ガラスになっていて割れなかった。

柊は携帯やカバンを持って教室を出て行こうとして生徒の一人が犯人を見つけたらどうするんですかと聞いた。

柊はそれなりの裁きを受けさせると話し、生徒のみんなに「Let’s think」と言って出ていった。

さくらは柊の後をついてきて美術室でなんで自分が解答者なのかと質問する。

さくらは景山から手紙をもらったと話して柊はスマホが普及している現代でなんで手紙だったんだろうなとさくらに語りかけた。

教室では柊に殺されるかもしれないと怖がっていた。

生徒たち、脱出を試みる

生徒たちは脱出を試みて避難梯子を取り出して外にいる教師に助けを求めたが教室から突然柊の声が聞こえてきて窓ガラスは外から見えないようにしてあると話した。

逢沢が監視カメラを見つけて柊は武智の電話に出て生徒を人質にとって立てこもっていると伝えた。

郡司と宮城はベルムズの喜志正臣を追いかけていて郡司が喜志を倒しているときに警視庁の課長から電話があり宮城が立てこもり事件が発生したと郡司に報告した。

中尾蓮と水越涼音が廊下の瓦礫の前に立って中尾が絶対にここから脱出すると水越に誓い二人は手を繋ぐ。

西崎は兵頭たちとトイレに入ってタブレットで助けを呼ぼうとしたが柊が監視していて柊が回収に向かった。

教師のところに郡司と宮城がやってきて柊は威嚇をして外にある倉庫を爆破させた。

教室では甲斐が警察の助けを待っていればいいと言っていたが逢沢が景山の死の真相を調べたほうがいいとみんなに話した。

郡司は校長から話を聞き、柊は美術の教師で3年A組の担任の先生の後任としてやってきた。

柊は逢沢に景山のドキュメンタリーを撮ってその映像をダビングしてほしいと頼んできたという。

景山が死んだのは柊が担任になる前で本来柊とは関係がないはず。

景山と仲が良かった宇佐美にみんなが話を聞きさくらも景山と仲が良かったと言われてさくらは否定したがさくらと景山は実際仲が良かった。

さくらは水泳をしている景山を陰で撮っていて放課後に写真と見ていると景山に見られてさくらのことを「エモい」と言ってほめていて景山はおもわず笑った。

それから二人は仲良くなり買い物に行ったりプレゼントを贈ったりと距離を深めていく。

宇佐美はさくらと景山の中を嫉妬していて、水泳の大会でさくらは景山を撮っていて逢沢はさくらを撮っていた。

景山が自殺したのは大会の時にドーピングをしたのが原因だとクラスメイトが話していて、生徒は水泳部を責めて水泳部の熊沢はさくらに怒った。

さくらはトイレに駆け込んで景山からの手紙を読んでいた。

一方、捜査一課理事官の五十嵐徹が現場に到着して郡司が柊は厄介な相手だと五十嵐に告げる。

柊は監視カメラで警察が潜入しているのを見ていた。

武智はニュースキャスターに事件の様子を面白おかしく話していた。

柊は教室に来て、さくらに答えられなきゃ誰か死ぬと脅した。

諏訪と甲斐が景山が自殺したのはドーピングしたせいだとさくらに言わせようとしていた。

さくらは言われた通りに柊に告げて柊は本当にそれでいいのかと確認をした。

するとさくらは景山が自殺したのはドーピングのせいじゃないと言って真実を話し始めた。

景山はドーピングの件についてクラスのみんなからいじめられたり空気のように無視したり酷い目にあっていた。

さくらは下駄箱に景山からの手紙が入っていてさくらはやっぱり自分と澪奈とじゃ釣り合わなかったんだと考えてさくらも景山のことを避けるようになったと話す。

宇佐美は自分が景山と一番仲がいいという態度のさくらが気に入らなかった。

クラスのみんなは景山の悪口を言いつづけてさくらは激怒した。

景山は以前さくらが悪口を言われたら怒ると言っていて二人はお互いに約束していた。

さくらは甲斐に飛び膝蹴りを食らわして景山の悪口を言っているやつを絶対に許さないと話す。

でも、一番許せないのは自分だと話して澪奈のこと被写体でしか見ていなかったと後悔した。

さくらは「友達になれない」の文字が涙で滲んでいるのを見て本当は違うことを伝えたかったんだとみんなに告げる。

さくらは澪奈のSOSを無視して澪奈が死んだのは自分のせいだと涙ながらに話した。

柊はそれが答えかとさくらに聞き、柊は残念ながらその答えは不正解だと生徒たちに告げた。

その頃突入隊が学校に潜入してきて、柊は答えを外した場合は誰かを殺すと宣言して生徒が命乞いをするが柊は笑っていた。

柊一颯、生徒に説教する!

生徒が掴みかかるが柊に次々に倒されて、柊が生徒たちに押しつぶされた時に教室にある爆弾を爆破させた。

焦った石倉光多はさくらが死ねばいいとさくらを指差しながら言った。

柊は生徒たちに揃いも揃ってクズだなと叫んで「過去の自分が今の自分を作る」と説教した。

過去から逃げてばかりのお前らがいかに幼稚な考えかがわかると生徒に告げた。

柊は中尾の胸倉を掴み、汚れたナイフで汚れなきナイフを傷つけないようにと叫んだ。

その時教室中に警報が鳴って柊は警察に警告した。

柊は最初に殺す生徒を決めて中尾を倒して中尾にナイフを振り下ろした。

生徒たちが見ると中尾の胸にナイフが刺さっていて血が滲んでいた。

柊が警察に生徒を一人殺したと伝えて、外にいる保護者は混乱していた。

郡司はある男が魁皇高校の校舎を見ているのに気づき男は郡司を見て去っていった。

柊はさくらにパソコンを持っていくように頼んで、さくらは美術室にパソコンを持っていった。

柊は中尾の死体を美術室まで引きずってきて、さくらは引き裂かれた景山の絵を見つけた。

その絵の後ろには景山の笑顔の絵があり柊がさくらにもう戻っていいと冷たく言った。

さくらはどういうことかと考えていて、柊は放送で外にいる人々に語りかけた。

柊はマインドボイスで登録ユーザーに一人100円ずつ支払うように要求してきた。

5000万人に100円ずつ振り込めば50億になると郡司はつぶやいた。

柊はマインドボイスのコメントを見て楽しませてやるとつぶやき相楽文香の写真を見た。

文香は家でニュースを見ていて相楽孝彦は夕食にすると彼女に話す。

柊は文香の写真を見た後、「闘いの始まりだ」と闘いの幕開けを宣言した。

感想

柊一颯が生徒たちを人質に取った時、最初に何となく殺さないだろうなと思っていました。

でも、ラストからいきなりナイフで生徒の一人の中尾の胸を突き刺して胸から血が出た時はびっくりしました。

柊の目的はまだわかりませんが景山澪奈の死の真相を突き止めようとしているのを見てこの人は生徒思いの正義感溢れる教師なのか。

それともただのクレイジー野郎なのかはこの後の物語を見れば明らかになるでしょう。

茅野さくらを演じる永野芽郁の可愛さに見惚れてこのドラマの花になる若手女優さんが多数出演しているのも話題になっていますね💖

今田美桜、福原遥、森七菜など今活躍している女優さんが出演していて2019年最も盛り上がったドラマと言っていいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『3年A組-今から皆さんは、人質です-』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第2話では、柊は景山の誹謗中傷を投稿した「やり逃げX」という投稿者を探してい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする