忘却のサチコ第9話あらすじ&感想 幸子、ジンギスカンを堪能!

はじめに

『忘却のサチコ』第9話では、小林がジーニアス黒田先生から桃乃もぎかとの対談をするので替え玉になってくれないかと頼まれて困ってしまいます。

幸子は小林とともにジーニアス黒田先生の家に行って幸子はジーニアス黒田先生をダイエットさせて痩せさせようとします。

だが、幸子たちの前には障害が立ちはだかり幸子は無事にジーニアス黒田先生の対談を終えることはできるのか?

⬇︎前回のあらすじはこちら

はじめに 『忘却のサチコ』第8話では、幸子は有村先生の新作の原稿がなぜか他誌に持ってかれていて幸子から担当を代わった小林と一緒...

キャスト&スタッフ

脚本:大島里美、狗飼恭子(連続ドラマ)、山岸聖太(連続ドラマ)
監督:山岸聖太、石井総一(連続ドラマ)、根本和政(連続ドラマ)
出演者:高畑充希(佐々木幸子)、早乙女太一(俊吾)、葉山奨之(小林心一)、逢沢りな(橋本玲奈)、重岡漠(大野恭助)、上地春奈(岡田友里奈)、ふせえり(佐々木和代)、吹越満(白井智昭)
プロデューサー:木下真梨子(テレビ東京)
制作:テレビ東京

第9話あらすじ

小林はさっきからため息ばかりついていて幸子は何があったのか聞いた。

小林は幸子から担当を引き継いだジーニアス黒田先生とアイドルの桃乃もぎかとの対談の話があると幸子に伝えた。

小林はジーニアスとのLINEを見せて俺の替え玉をやらなきゃ原稿は書かないからなと言われて困っていた。

幸子、ジーニアス黒田にダイエットをさせる

幸子はジーニアスの家に小林と行くことに決めて幸子と小林はジーニアスの説得にあたった。

ジーニアスは今回だけは頼むを土下座をしていた。

小林は桃乃もぎかはジーニアスの熱狂的なファンだと聞いていて容姿の違いについてはきちんと謝罪して対談するのが得策と説得する。

ジーニアスは桃乃もぎかのためにダイエットをすることに決めて幸子も先生のサポートをすることに決めた。

幸子は献立表と夜11時に必ず寝ることとジーニアスに約束させてダイエットの基本は3つと話す。

1つ・バランスのとれた食生活、2つ・規則正しい睡眠、3つ・運動と説明する。

ジーニアスは運動は大の苦手だと話して諦めかけたそのとき、幸子は桃乃もぎかの最新シングルの振り付けを完璧に踊っていた。

この曲は今まさに運動から逃げ出したいと思っている先生への応援歌ではないでしょうかと幸子はジーニアスに言った。

幸子とジーニアスは10曲ものダンスを踊り切って幸子は公園のベンチに座って水を飲んでいた。

小林は桃のもぎかは色々なシチュエーションのラブソングを歌っていると幸子に話して小林が兄に恋心を抱く女心を歌った曲のCDを見せた。

幸子は俊吾が生き別れた兄だという妄想を抱いて幸子は妄想が暴走していた。

幸子は俊吾を忘れるために何か食べたいと小林に言って小林は「アベックトースト」という秋田のご当地パンだと話す。

食パン、ジャム、マーガリンどれもよく知っている味なのに3つ揃うといい化学変化が起こっている。

小林はジャムとマーガリンが寄り添っていい味を出しているから「アベックトースト」というと幸子に解説する。

二週間後、幸子はジーニアスと待ち合わせをしていてジーニアスの体を見てダイエットした体が元に戻っていることに気づいた。

ジーニアスは桃のもぎかが牛丼屋のCMを始めて気がついたら牛丼をたらふく食べていたと言い訳していた。

ジーニアスは対談をキャンセルしたいと言い出して幸子は必死に止める。

幸子は秘策があると言ってジーニアスに鹿のマスクをかぶせた。

ジーニアス黒田、桃乃もぎかと対談する

対談が始まり桃のもぎかが作品のアイデアはどういう時に思いつくのかと質問した。

ジーニアス黒田は桃乃もぎかに見とれてしまって黙り込んでいた。

ジーニアス黒田は緊張して声が小さくなって声がこもってしまった。

桃乃もぎかはジーニアス黒田の作品に元気をもらっているとジーニアス黒田の前で話した。

ジーニアス黒田も桃乃もぎかが有名じゃない頃から追っかけていて作品にも桃乃もぎかをモデルにしていると話すと桃乃もぎかは感激してジーニアス黒田の手を握った。

ジーニアス黒田は大満足で帰って幸子と別れて笑っていた。

幸子、ジンギスカンに衝撃

幸子はジーニアス黒田の一人しゃべりで5時間立ちっぱなしで疲れたとつぶやき幸子はジンギスカンの店に入った。

幸子はカップルと相席になって「マトンジンギスカン」を注文して隣のカップルが「ジンギスカンの店に一人でくるなんてありえなくない?」と笑っていた。

幸子は一人でなんでもできるからダメなのかと反省していて、幸子は自分がハニーちゃんだったらという妄想をしていた。

ハニーちゃんだったら俊吾はそばにいてくれたか考えたがそんなのは自分じゃないと考えるのをやめた。

その時「マトンスライスジンギスカン」が来て幸子はジンギスカン鍋に油をひいて野菜をのせた。

最後にドーンとお肉、溝のおかげで野菜に旨味が染み渡る。

食欲をそそるいい香りに幸子はうっとり、まずはお肉から実食してどのお肉とも違う独特の野性味が噛むたびに湧き出てくる。

思ったよりさっぱりしていてこのたれもほんのり甘くてニンニクも効いていてうまい。

幸子はご飯を注文してご飯が来る間に野菜をいただく。

お肉の脂を吸い込んて無限もやしになって幸子は箸が止まらない。

ご飯が来て幸子はご飯にお肉を乗せて頬張り、口の中いっぱいにお肉とご飯が、お肉と炭水化物の組み合わせに思わずとろける。

幸子の食べっぷりを見ていたカップルの太った女性はお肉5人前を注文した。

幸子「モンゴルの大平原が私を祝福している!」

幸子は編集部に帰ってきて小林は体調不良で対談を休んだことを謝った。

小林は「何か食べに行きません?」と幸子に聞いたが幸子は済ませたと答えた。

小林は野性味溢れる匂いがすると幸子に言って幸子はスーツの匂いを嗅いで幸子は鹿のマスクを小林に見せた。

小林が「何ですかそれ?」と聞くと幸子は詳しくはデザートを食べながらと小林に言って小林は喜んでいた。

感想

幸子がジーニアス黒田先生にダイエットをするように申し出て、二人が桃乃もぎかの曲でダンスをするシーンが何とも言えず面白くて笑ってしまいましたww。

幸子の食べた「アベックトースト」は、秋田のご当地パンということで同じ東北のご当地パンを一度は食べてみたいなあと思う今日この頃です。

幸子はジーニアズ黒田先生と桃乃もぎかとの対談が終わって何かがっつりしたものを食べたくなり幸子は「ジンギスカン」の美味しいお店に入りジンギスカンを心ゆくまで堪能します。

ジンギスカンを本当に美味しそうに食べますね💖

第9話登場のお店紹介

第9話で幸子が対談終わりにジンギスカンのお店に入ってジンギスカンを堪能して幸子はこのお店で自分がもしハニーちゃんだったらという妄想をしますw。

ジンギスカンの美味しいお店を紹介します。

店名:土木土木(ジンギスカン)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の書いたドラマレビューを見て『忘却のサチコ』を好きになってくれたら嬉しいです。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

はじめに 『忘却のサチコ』第10話では、幸子は社会学者の時田カノン先生が恋愛小説の編集者を集めて討論会をすることになって幸子は...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする