海外ドラマ『名探偵ポワロ』24話ネタバレあらすじ スズメバチの巣

デビッド・スーシェ主演の海外ドラマ『名探偵ポワロ』第24話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

夏祭りの会場で、ポワロは旧友の息子ハリスンと婚約者のモリーに出会った。

会場には彫刻家のクロードもいたのだった。

彼はモリーとの婚約を解消し、今は良き友人としてつきあっているということで….。

海外ドラマ『名探偵ポワロ』第24話のあらすじ

夏祭りの会場で、ポワロは旧友の息子ハリスンと婚約者のモリーに出会う。

会場には彫刻家のクロードもいた。

彼はモリーとの婚約を解消し、今は良き友人としてつきあっているという。

その後、モリーの車が、ブレーキがきかず立木に衝突する事故がおきる。

そのブレーキはハリスンが直していた。

さらに数日後、ハリスンの家に招かれたポワロは、庭でスズメバチに刺されてしまう。

ハリスンは巣の始末をクロードに依頼していた。

海外ドラマ『名探偵ポワロ』第24話のネタバレ

ジャップ警部は妻のことを待っていたがいつまで経っても来ない。

ポワロは待ちくたびれてタクシーを止めた。

ヘイスティングスを呼んだポワロ、三人はタクシーに乗ってヘイスティングスがモデルの女性が車で運転しているのを目撃した。

モデルのモリーは婚約者のハリスンの家にやってきた。

庭にはスズメバチが飛び交っていた….。

ヘイスティングスは祭りでモリーを見かけて写真を撮ろうとしたが消えてしまった。

夏祭りの会場には彫刻家のクロードがいた。

モリーとハリスンに会ったクロードはハリスンからスズメバチの巣の駆除を頼まれる。

ハリスンは旧友のポワロを祭りの会場で見かけて声をかける。

ハリスンの父と旧友のポワロはハリスンが作家だとヘイスティングスに紹介した。

ポワロはモリーにお茶の葉占いを始めた。

ポワロはとても危険なものが二人の前途に立ちはだかっていると予言した。

ジャップ警部は入院することになりポワロは占いが的中したとヘイスティングスに告げた。

クロードはハリスンの庭でスズメバチの巣の駆除を始めた。

水曜日の夕方に出直すとクロードはハリスンに伝えた。

モリーはハリスンにキスをして車で出かけていった。

ポワロはヘイスティングスが撮った写真を見て悪い予感がしていた。

ハリスンがポワロたちとレストランで食事をしている時にモリーから電話があった。

モリーは道で事故を起こしてハリスンに電話で伝えた。

ハリスンはポワロたちを家に招待してポワロは庭にいるスズメバチに刺されそうになる。

ハリスンは彫刻家のクロードがモリーの元婚約者でクロードはモリーのことを諦めてくれたと話す。

ポワロたちはハリスンの家を後にして、ポワロは違和感を抱いていた。

モリーの車のブレーキがなぜ効かなくなったのかポワロは不審に思い、クロードがピエロ姿で祭りの日にモリーにキスをしたことをヘイスティングスに話した。

ポワロは薬局でスズメバチに刺されたことを話して、店の女性が薬を探している隙にポワロは手がかりを探す。

ポワロはクロードの住所を女性から聞き店を出ていく。

クロードのアトリエに来たポワロはモリーとの関係を尋ねた。

クロードは今でもモリーのことを愛しているとポワロに話して、ハリスンを傷つけたかったけどできなかったと告げた。

ポワロはクロードのアトリエの棚に青酸カリがあったと言い、薬局の購入者リストにクロードの名が載っていたとヘイスティングスに話した。

モリーが出演するファッションショーに来たポワロはそこで怪しい老紳士を見かけて追跡する。

モリーは老紳士と一緒に会場を出て行き、一緒に車に乗り込んだ。

ベッドに寝ていたモリーは泣いていた。

ポワロはヘイスティングスが撮った老紳士の写真を現像してジャップ警部に見せたが犯罪者ではないと断言した。

ジャップ警部は病院で老紳士を見かけてポワロに報告する。

ポワロは推理を働かせて解決の糸口を見つけた。

ハリスンのもとに来たポワロはクロードがいつやってくるのか尋ねる。

恋敵のクロードが毒を持ってやってくるとポワロはハリスンに警告した。

クロードは何千匹のスズメバチを殺そうとしていてスズメバチには危険を知らせるポワロはいないとポワロはハリスンに語る。

クロードのアトリエに何者かが侵入した…。

ポワロはハリスンの家に行きモリーがハリスンのもとから去ったと察した。

カップの中に青酸カリがあるとポワロは見抜き、モリーとクロードの関係が終わっていなかったとハリスンに話す。

モリーとクロードは再会して恋の炎が再び燃え上がった。

ハリスンはクロードが家にやってきた時にカップに青酸カリを入れた。

老紳士がハリスンの担当医でその医師からあと2ヶ月の命だと告げられた。

医師がモリーに伝えて彼女は泣いてクロードに抱きついた。

モリーとクロードが愛し合っている姿を目の当たりにしたハリスンは二人に自分の前から消えるように言い放った。

ハリスンは青酸カリを飲んで自殺を図った。

彼は自殺をした後クロードがハリスンの家から出た事実でクロードを自分を殺した殺人犯として逮捕させて絞首台に送るのが目的だった。

しかし、ポワロはクロードのアトリエに侵入して青酸カリを洗濯ソーダにすり替えたのだ。

ハリスンは命拾いしてポワロに感謝を伝えてポワロは笑顔で去っていくーー。

海外ドラマ『名探偵ポワロ』第24話の感想

モリーとハリスンは仲がいいな、庭にはスズメバチの巣が…嫌な予感がする。

クロードはモリーのことが好きみたいだ、ハリスンと婚約してるのが面白くないみたい!

ポワロは占いもできるのか、趣味の範疇だろうが…。

ポワロの言う危険なものってなんなんだ?

ポワロの悪い予感が当たらなかったらいいけど…。

ポワロの違和感は的中するのか。

ドクロの杖を持った老紳士は何者なんだ!

ポワロのおかげでハリスンとクロードが人殺しにならずに済んでよかったヽ(*^ω^*)ノ

事件が起きる前に事件を解決するなんて探偵としてポワロは最強じゃない?

まとめ

海外ドラマ『名探偵ポワロ』第24話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ハリスンは青酸カリを飲んで自殺を図った。

彼は自殺をした後クロードがハリスンの家から出た事実でクロードを自分を殺した殺人犯として逮捕させて絞首台に送るのが目的。

しかし、ポワロはクロードのアトリエに侵入して青酸カリを洗濯ソーダにすり替えた。

ハリスンは命拾いしてポワロに感謝を伝えてポワロは笑顔で去っていった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする