ドラマ『親バカ青春白書』7話ネタバレあらすじ 美咲の恋は実るのか?

永野芽郁&ムロツヨシ主演のドラマ『親バカ青春白書』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

小比賀家でのシェアハウス生活が続く中、美咲がお酒の席でガタローにキスしたことに衝撃を受けたさくらが豹変した。

日常生活に支障をきたすほどの動揺を覚えて…。

ドラマ『親バカ青春白書』第7話のあらすじ

小比賀家でのシェアハウス生活が続く中、美咲(小野花梨)がお酒の席でガタロー(ムロツヨシ)にキスしたことに衝撃を受けたさくら(永野芽郁)が豹変!

日常生活に支障をきたすほどの動揺を覚えていた。

一方、さくらの異変が自分への気持ちが冷めたためだと思い込む鈍感なハタケ(中川大志)は、失恋の予感に心乱される。

エスカレートする美咲の行動にもやもやを募らせるさくらだが、ついにガタローをめぐる水面下のバトルが勃発!

友情に影がさす中、さくらの異変にいち早く気づいたガタローの母・多恵(高畑淳子)が香川から上京してくる。

さくらは誰にも言えない胸の内を祖母に相談するが……。

一方、娘の心配をよそに順調に新作の打ち合わせを進めるガタローは、美咲に亡き妻・幸子(新垣結衣)とのある共通点を見つけていた……。

男運のなさと向き合いながらもさくらに寄り添う寛子(今田美桜)、YouTuberとして一皮むけつつ美咲への想いを諦められない根来(戸塚純貴)と、青春の悩みがてんこ盛りの小比賀家。

そんな中、多恵の話を聞いたさくらは、優しかった母・幸子の衝撃的な過去を聞き……。

(出典:『親バカ青春白書』第7話あらすじ)

ドラマ『親バカ青春白書』第7話のネタバレ

さくらは祖母の多恵に荷物を送ろうとしていた時にガタローと美咲がキスをしたシーンを思い出す。

酔った勢いじゃなく、美咲が本気でガタローのことが好きだと察した。

一方、尾崎はガタローに大学生活のことを取材して美咲も取材に同行した。

ガタローはどんな人がタイプなのと美咲が聞くと、長髪の黒髪の女性がタイプだと話して美咲は髪をおろした。

ハタケは水族館に行くか遊園地に行くかで迷ってさくらに相談したが、ハタケの話を聞いてなかった。

さくらが夕食の支度をしていると美咲が手伝いに来た。

ガタローが大事な時期だからそっとしておいてと美咲に話すさくら。

美咲はさくらの機嫌が悪いと感じて尋ねると、さくらはガタローになんでキスをしたのと詰問した。

さくらと美咲は火花を散らしていた….。

根来はレポートが終わったとみんなの前で話してやっとYouTubeに集中できると話す。

ハタケはさくらに怒られて落ち込んでいて、さくらと美咲は険悪ムード。

さくらは料理に失敗してガタローは心配した。

美咲はガタローのパソコンを貸して欲しいと言いガタローの手を握った。

二人はそのまま腕相撲を始めて、さくらは美咲と腕相撲をした。

ハタケはさくらに嫌われたんじゃないかと心配になり、寛子と根来が励ました。

寛子はガタローのこと本気なのと美咲に尋ねて美咲はとぼけた。

そんな中、多恵が家にやってきてさくらが悩んでいることを悟った。

美咲は初版本にサインをして欲しいと頼んでガタローは了承した。

美咲が指切りをするのを見て幸子と指切りしたことを思い出した。

さくらは美咲の前に立ちふさがって、美咲とさくらはにらみ合った。

ハタケはさくらが最近自分のことを見ていないと感じてショックを受けていたが、寛子はそんなハタケを彼氏失格だと言い放つ。

さくらは美咲がガタローのことを好きだと多恵に話してガタローもまんざらではないと告げる。

美咲が元ヤンだと言うと、多恵が幸子も元ヤンだとさくらに教える。

幸子と美咲が同じ元ヤンだからガタローが美咲に惹かれているかと多恵とさくらは不安になった。

ハタケは寛子にさくらのことを押し倒す術を教えてもらっている時にタイミング悪くさくらがそれを目撃した。

さくらはハタケに対して怒り、ハタケはさくらが自分のことを見てくれたと大喜びしていた。

ハタケは多恵からさくらがガタローと美咲のことで悩んでいたのだと聞かされて、自分のことしか考えてなかったと反省した。

多恵はさくらにガタローがまたさくらと大学に通いたいと思うようになったのは幸子のおかげだと話す。

幸子が入院している時、彼女は多恵にガタローをちゃんと卒業させてあげたかったと話した。

多恵は故郷に帰っていき、さくらが元気になってガタローは喜んでいた。

根来は美咲に告白したがフラれてフラれ動画を撮っていたと誤魔化した。

ハタケはガタローにさくらを取らないでくださいとお願いした。

さくらにハタケのことがもう好きじゃなくなったのかと話すと、さくらはずっとハタケのことが好きだと言いガタローはショックを受ける。

寛子は根来が本気で美咲に告白したがことに気付いていて、運命の人はいるのかと呟く。

さくらはハタケに謝り、ハタケも抱きつきながらさくらに謝った。

ハタケはガタローがまた邪魔しにくるかとビクビクしていて、さくらは好き同士だったら邪魔しちゃいけないと気づいた。

美咲がソファに座っていて執筆に集中できず、美咲はガタローに抱きついて告白した。

ガタローはずっと好きな人がいると美咲に言い、美咲は幸子と違って生きていると話す。

もうこの世にいなくてもずっと好きだとガタローは言い、すっごく嬉しいと美咲に伝える。

美咲は必死にごまかして涙を拭きながらガタローの前から去っていく。

失恋した美咲にさくらはビールを渡して、「私、ダサいな」と美咲は呟く。

さくらの方が泣いて、美咲は部屋が決まったらここを出ていくとさくらに伝える。

ガタローは幸子の仏壇を線香をあげて手を合わせる。

さくらは夕食を一人で作り、明日から三年生になるお祝いだと話す。

それぞれの道を歩んでいってくださいと乾杯の音頭を取り、みんなで乾杯した。

みんなでさくらの作ったご馳走を食べてガタローは笑顔になるのだったーー。

ドラマ『親バカ青春白書』第7話の感想

さくらは美咲がガタローのことが好きなのに気づいて悶々としていた。

娘にとっては心配だよな、ガタローは美咲と再婚するのか?

さくらは美咲の恋路を邪魔しようと敵意をむき出しにする。

こんなさくらは滅多に見れないから希少…。

多恵はガタローが再婚するとさくらから聞いてびっくりする!

ハタケも変わってるな、結局さくらが自分のことを見てくれたらそれでいいのか。

失恋した分だけ人は成長すると美咲に言いたい…。

まとめ

ドラマ『親バカ青春白書』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

男運のなさと向き合いながらもさくらに寄り添う寛子、YouTuberとして一皮むけつつ美咲への想いを諦められない根来と、青春の悩みがてんこ盛りの小比賀家だった。

そんな中、多恵の話を聞いたさくらは、優しかった母・幸子の衝撃的な過去を聞いた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎