ドラマ『親バカ青春白書』6話ネタバレあらすじ 美咲がガタローにキス!

永野芽郁&ムロツヨシ主演のドラマ『親バカ青春白書』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

親バカが高じて二度目の大学生活を満喫していたことを担当編集者の尾崎
に打ち明けたガタロー。

彼は、小説家としての再起をはかるため頭を下げて…。

ドラマ『親バカ青春白書』第6話のあらすじ

親バカが高じて二度目の大学生活を満喫していたことを担当編集者の尾崎(谷口翔太)に打ち明けたガタロー(ムロツヨシ)は、小説家としての再起をはかるため頭を下げる。

5ヶ月後―。

大学2年の冬を迎えたさくら(永野芽郁)たちは成人式を間近に控えていた。

ハタケ(中川大志)との交際も順調なさくらだが、いい雰囲気になると必ず現れるガタローのおかげで未だにキスも未遂のまま。

そんな中、相変わらず美咲(小野花梨)が居候を続ける小比賀家に、顔にアザを作った寛子(今田美桜)が訪ねてくる。

事情を抱えた寛子は、冬休みの間小比賀家に泊めて欲しいと頼み……。 

さらに留年危機の迫った根来(戸塚純貴)が、大量のレポートを提出するために力を貸して欲しいと転がり込んでくる。

流れに乗ったさくらがなぜかハタケまで呼び出し、小比賀家での冬休み青春シェアハウスがスタート!

胸に芽生えた予想外の恋、いつしか生まれた意外な友情、錯綜する人間関係……小比賀を舞台に、めくるめく青春群像劇が繰り広げられる!

(出典:『親バカ青春白書』第6話あらすじ

ドラマ『親バカ青春白書』第6話のネタバレ

ガタローは幸子を成人式に行かせてあげたいと考えたが幸子は家族三人でいられるだけで幸せだと話す。

編集部でガタローはさくらと同じ大学に通っていて片手間で小説を書いていたと尾崎に打ち明けた。

ガタローはさくらと同じ仕事先でバイトをして娘と一緒にいたいと大声で叫ぶ。

なんで言ってくれなかったのか尾崎はガタローに尋ねる。

尾崎はガタローに大学の学生生活を書きましょうと提案した。

一方、さくらとハタケは公園でデートをしていて、さくらの振袖姿が見たいとハタケは話す。

さくらとハタケがキスをしようとしたら、ガタローが突然現れた。

ガタローはさくらに振袖の着付けに行こうと誘い、絶対にキスはさせないとハタケを睨んでいた。

振袖を着たさくらを見てガタローは号泣した。

家で美咲とガタローが笑い合っていると、寛子がやってきて顔にアザができていた。

寛子は彼氏のスマホを盗み見ようとして突き飛ばされたと話す。

寛子が一人になりたくなかったからとガタローは告げる。

寛子と美咲は成人式には出なくて、寛子は家にしばらく泊めてほしいと頼んだ。

そして、根来も家に来てレポートを書くのを手伝ってほしいと懇願した。

さくらはハタケを家に呼んでガタローはものすごく嫌がっていた。

翌朝、ハタケは家の玄関前を掃除していて前田のおばちゃんはハタケをみてキュンとした。

さくらたちはみんなで朝ご飯を食べてガタローたちはバイトに出かけた。

ハタケは前田のおばちゃんにさくらと付き合っていると聞いてショックを受ける。

根来は前田のおばちゃんが持っていて色紙に自分のサインを書いた。

美咲とガタローは楽しそうに帰り、さくらとハタケは二人で歩いて帰った。

みんなは仲良くすき焼きを食べてハタケと美咲はガタローの小説を褒めていた。

根来のレポートをさくらが手伝い、ハタケと美咲はガタローの小説の話で盛り上がっていた。

そんななか、寛子は地元に帰りたく理由が中高でいじめられていたからだとガタローに打ち明ける。

だから東京に逃げてきたと寛子はガタローに言い、ガタローは成人式は俺たちで祝えばいいと寛子に話した。

根来はさくらに美咲には好きな人がいるのかと尋ねて、さくらは根来の恋を全力で応援すると約束した。

ハタケは妻のことを小説に書いてその小説が泣けると美咲に話す。

美咲はガタローにはそろそろ恋人を作ったほうがいいのではないかとハタケに言い、自分がガタローの恋人に立候補すると宣言してハタケは笑っていた。

寛子は彼氏に好きだと言われて付き合ったと話し、ガタローは好かれて好きになるんじゃなくて寛子が好きだと思った人と付き合うようにアドバイスした。

そんななか、ガタローの大学生活を小説にする企画が採用されてガタローはまた小説を書けることになった。

さくらはハタケを部屋に案内してハタケはさくらにキスしようとしたらガタローが飛び込んできた。

ガタローは去り際にハタケの方を見て不気味に笑っていた。

家にやってきた尾崎をさくらたちは快く出迎えた。

美咲とハタケがガタローの小説の感想を言い、さくらと根来が次々と料理を持ってきた。

尾崎はガタローの大学生活のことをリサーチしに来てガタローとさくらのエピソードを話してほしいとハタケたちに提案した。

寛子、美咲、ハタケ、根来はガタローに助けてもらった時のエピソードを話してガタローに小説を書かせてくださいとお願いした。

さくらは母親が成人式の時にお腹にいたから振袖は諦めたとハタケに話して、振袖を着てガタローと写真を撮りたいと話す。

「抱きしめてもいい」とハタケはさくらに尋ね、ハタケは後ろからさくらを抱きしめる。

ハタケはガタローが来ないかと不安になっていたが、ガタローはいなくてさくらとキスをしようとする。

ハタケとさくらがキスをしようとしたら時、ガタローが突然現れた。

美咲はもうレポートは手伝えないと根来に言いに来て根来は美咲に告白した。

ガタローがその瞬間を目撃してその場から立ち去ろうとしてハタケにぶつかる。

人の恋路を邪魔するなとハタケに言うが、ハタケ「あなたにだけは言われたくない!」と怒鳴った。

成人式の日、さくらは熱を出してしまい成人式に行けなくなった。

ガタローはさくらの回復と成人式を祝った。

さくらはガタローに感謝を伝え、ガタローは幸子との思い出を思い出す。

ハタケは酔ってガタローに絡み、美咲も酔っていてガタローにキスをした。

それを見たさくらはぼう然とガタローと美咲のキスを見ていたーー。

ドラマ『親バカ青春白書』第6話の感想

さくらとハタケは付き合っていたが、ガタローがデートのたびに邪魔をしていた。

ガタローもしつこいね、いい加減認めたらどうなの!

美咲だけじゃなく寛子、根来、ハタケがガタローの家に転がり込んできた。

ガタローの家に全員集合だ!

さくらとハタケの恋がガタローのせいで進展しない…。

美咲のガタローへの恋はどうなるのか、根来の恋は実るのか?

さくらはガタローと美咲が結ばれるのが嫌で根来のことを応援してるのか。

ガタローの大学生活が小説になるとは、面白いエピソード満載だからなww

ガタローと幸子の思い出の記憶がラストでフラッシュバックするのがよかった💗

そして、美咲がガタローにキスをしてさくらは唖然とした。

ガタローと美咲はどうなっtちゃうの、そしてさくらとハタケはガタローに認めてもらうことができるのか?

まとめ

ドラマ『親バカ青春白書』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

相変わらず美咲が居候を続ける小比賀家に、顔にアザを作った寛子が訪ねてくる。

事情を抱えた寛子は、冬休みの間小比賀家に泊めて欲しいと頼んだ。

さらに留年危機の迫った根来が、大量のレポートを提出するために力を貸して欲しいと転がり込んできた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎