ドラマ『親バカ青春白書』5話ネタバレあらすじ さくらとハタケの初デート

永野芽郁&ムロツヨシ主演のドラマ『親バカ青春白書』第5話のネタバレあらすじ と感想をまとめてみた。

元カレ騒動以来、美咲が小比賀家に転がり込んで2ヶ月が経った。

ガタローたちは大学2年の初夏を迎えて、家族の一員のように小比賀家の生活に馴染む美咲だが…。

ドラマ『親バカ青春白書』第5話のあらすじ

元カレ騒動以来、美咲(小野花梨)が小比賀家に転がり込んで2ヶ月。

ガタロー(ムロツヨシ)たちは大学2年の初夏を迎えていた。

家族の一員のように小比賀家の生活に馴染む美咲だが、さくら(永野芽郁)は年の差を物ともせず家でもバイト先でもやけにウマが合うガタローと美咲の仲の良さが気にかかる。

ガタローの仕事部屋で小説を読み漁る美咲にただならぬものを感じるさくらは、寛子(今田美桜)とハタケ(中川大志)に相談。

しかし、やけに小慣れた二人の掛け合いを見て、今度は寛子とハタケの関係も気になりだし……。

そんな中、ガタローは最近大学に姿を現さなくなった根来(戸塚純貴)のことを心配していた。

YouTubeチャンネルの動画は毎日更新されているものの、友達からの連絡にも返信を返さない根来はその頃……。

一方、相変わらず恋に奥手なさくらをもどかしく思う寛子は、さくらとハタケを呼び出しある作戦を決行する。

ついに動き出すさくらとハタケの恋!

その時、親バカガタローは!?

(出典: 『親バカ青春白書』第5話あらすじ )

ドラマ『親バカ青春白書』第5話のネタバレ

さくらと寛子はテレビのワイドショーのインタビューで彼氏はいないと話すとキャスターはさくらの父親が以上だと話す。

ガタローと美咲は大学に遅刻しそうになり急いで大学に向かう。

前田のおばちゃんはさくらが相変わらず可愛いとさくらに言う。

美咲はおばちゃんに挨拶をしてさくらは出かけていく。

ガタローはさくらに声をかけてきた男を追い払い、俺の辞書に娘離れの文字はないと宣言した。

寛子も知らない男に声をかけられたとさくらに言い、ハタケと寛子が一緒に大学に来たと知ってさくらは嫉妬した。

ガタローが桑田佳祐の曲をいつも歌ってたとさくらは美咲と寛子に話す。

美咲とガタローが仲良くしているのを見て怪しいと寛子に言う。

鈍いところもハタケの良いところだと寛子はハタケに笑って話す。

ガタローは大学に来ない根来のことを心配して、ハタケが連絡してもスルーされている。

寛子はハタケを呼び出してさくらの前で付き合わないとハタケに言う。

ノリみたいな感じは良くないとさくらは寛子に注意して寛子はなんでダメなのと尋ねる。

さくらはハタケのことが好きだと告白してハタケもさくらのことが好きだと言った。

寛子はさくらとハタケを二人きりにさせて、本当に私でいいのとさくらはハタケに聞く。

ハタケはお父さんを大事にするところと料理が上手いところに惹かれたとさくらに話す。

嬉しくなったハタケはガタローにさくらと付き合うことになったと言い、ガタローはびっくりして絶叫した。

さくらはハタケとのデートに出かけていき、ハタケは今日のさくら可愛いと笑って言った。

二人の前にガタローが現れて二人のデートをことごとく邪魔した。

ガタローはさくらとハタケと一緒にレストランに行き、さくらはハタケに謝った。

ハタケはどんな形でもさくらと一緒にいられることが嬉しいとさくらに話す。

ガタローは根来の動画が更新されてないとさくらとハタケに言い、何かおかしいと話す。

心配になったガタローは根来の家に行くが留守のようだった。

何かあったんじゃないかと心配になるが、根来がガタローたちを部屋の中に入れた。

根来は動画の更新がプレッシャーになって新しい企画を考えようとしたけどうまくいかなかったと話す。

スタッフがいたけど突然辞めると言い出して実家に帰って漁師を継ぐかと暗くなっていた。

ガタローも世の中で売れた小説がデビュー作で根来の気持ちが分かると話す。

さくらはガタローがそんなに根来のことを考えていたとは知らなくてごめんと謝った。

根来の部屋の掃除が終わり、お金が入った封筒が無くなったと言う。

さくらはビデオが録画したままだと気づき、手がかりを探るために映像を確認した。

映像にはスタッフが金を盗んでいる姿がバッチリ映っていた。

ガタローはスタッフの事務所に行って話をつけると告げる。

スタッフの事務所にガタローたちが張り込んでスタッフが現れるとガタローと根来がスタッフの前に現れる。

ガタローは男たちに金を盗む姿が映像に映っていたと言い、一緒に警察に行こうと話す。

男たちは素直に金を返して、根来は警察には言わないから二度と顔見せんなと男たちに言う。 

男たちの一人が一発屋のくせにえらぶってんじゃねぇと叫んだ。

ガタローは一発屋を馬鹿にすんじゃねぇと男二人に叫び、一発も当ててない奴が偉そうなことを言うなと訴える。

もし同じことをしたらこの映像をネットに晒すとガタローは男たちに言い男たちは逃げていった。

ガタローは最近の根来すっごい感じ悪かったと根来に言う。

家に帰って根来はガタローたちに謝りお詫びに魚を捌いて食べさせると言い魚を捌いた。

ハタケは魚を捌いている動画をYouTubeにアップしたらいいんじゃないかと根来に提案した。

根来の捌いたのを見てさくらも捌きたくなり、さくらの作った料理を食べ根来は嬉しさのあまり叫んでいた。

さくらは根来の実家から送られてきた魚を美咲に見せた。

ガタローの作品を全部読んだ美咲はガタローの新作が読みたいと話す。

ガタローは尾崎に連絡して明日話したいことがあるから会いたいと告げる。

美咲はガタローの恋愛小説を見てアドバイスをしてガタローにサインをねだる。

美咲とガタローが楽しく話しているのを見てさくらは不安そうに見ていた。

さくらは母親の遺影の前に座り「まさかね…」と呟いたーー。

ドラマ『親バカ青春白書』第5話の感想

さくらとハタケの恋がようやく実り、二人はお互いの思いを打ち明ける。

美咲はガタローのことが気になりガタローと親しげにしていた。

美咲とガタローが仲良くしているのを見てさくらは焦ってる。

寛子の策略でさくらはハタケの前で告白することになった、結果オーライってことで💓

根来がここまで悩んでいたとは、売れっ子で居続けるのも楽じゃない( *`ω´)

ガタローは根来の気持ちがわかるんだな…。

根来のスタッフが金を盗んでいたとは、ガタローはこいつらにお仕置きをするのかな。

ガタローと根来は共に一発屋だから気持ちが通じ合うのか…。

特技は自分では特技と思ってないんだよな^ – ^♫

まとめ

ドラマ『親バカ青春白書』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ガタローは最近大学に姿を現さなくなった根来のことを心配していた。

YouTubeチャンネルの動画は毎日更新されているものの、友達からの連絡にも返信を返さない根来だった。

一方、相変わらず恋に奥手なさくらをもどかしく思う寛子は、さくらとハタケを呼び出しある作戦を決行する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎