ドラマ『親バカ青春白書』2話ネタバレあらすじ 雅治ガタローの弟子になる!

永野芽郁&ムロツヨシ主演のドラマ『親バカ青春白書』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

さくらと共にサークル探しを続けるガタローは、新しい出会いと恋愛チャンスに満ちたキャンパスライフに青春ぽさを感じながらも、さくらが変な男と付き合わないか相変わらず心配な日々を送っていて…。

ドラマ『親バカ青春白書』第2話のあらすじ

さくら(永野芽郁)と共にサークル探しを続けるガタロー(ムロツヨシ)は、新しい出会いと恋愛チャンスに満ちたキャンパスライフに青春ぽさを感じながらも、さくらが変な男と付き合わないか相変わらず心配な日々を送る。

一方、「ガタローさんが好きなんだ!」という畠山(中川大志)の衝撃告白が頭から離れないさくらは初恋をこじらせ、畠山相手にドギマギする毎日。

そんな中、畠山が何気なく言った「部屋にお化けが出る」という一言に盛り上がった同級生たちが、動画を撮りたいという根来(戸塚純貴)の提案で、畠山の部屋での肝試しを企画する。

さくらが男の家に上がることに気が気でないガタローは、寛子(今田美桜)や美咲(小野花梨)にウザがられながらも同行することに。

翌日。

わかりやすいさくらの恋心に焦るガタローが畠山にキツく当たる中、講義を終えた一同は畠山の部屋へ。

意外にも立派なマンションに驚く一同だが、激安の家賃を聞いて驚愕!

どうやら畠山の部屋は事故物件だったらしく……。

そんな中、さくらは畠山が秘密にしていた“ある物”を見つける。

畠山による予想外のカミングアウトでガタローをめぐる人間関係は新たなステージへ!

さらに、突然一同を不気味な心霊現象が襲う!

予測不能な青春・ラブ・ホラー・熱血騒動が、ガタローの親バカで加速する!

(出典:『親バカ青春白書』第2話あらすじ)

ドラマ『親バカ青春白書』第2話のネタバレ

さくらは天文同好会の先輩に2人が出会ったのは奇跡だと言われて彼女の手を繋ごうとした。

先輩が手を繋ごうとした時、ガタローが邪魔しに来た。

寛子は先輩とグランピングデートをする約束をしていた。

雅治がガタローのことを好きだと分かってもさくらは雅治に手を振る。

食堂でさくらは炭酸水を振って開けて、雅治がさくらの炭酸水を飲んだ。

雅治の故郷が星空が綺麗に見えると話して夜にお化けが出ると話す。

雅治の実家におばけが出るという話を聞いて美咲は興味津々。

美佐は雅治の実家に行って肝試しをしようと提案した。

家に帰ってきたさくらの顔を見て前田のおばちゃんは誰かに恋をしていると直感した。

ガタローに前田のおばちゃんが話しかけて、さくらが恋をしていると話すとガタローはさくらが恋なんかするはずないと言い切る。

ガタローたちは雅治の部屋に遊びに来て、雅治の部屋が事故物件だと知り怖がる寛子。

さくらはガタローが書いた小説を見つけて雅治はガタローの大ファンだと明かす。

雅治がガタローの大ファンだという意味でガタローのことを大好きだと知って寛子と共に喜ぶさくら。

ガタローは雅治が自分の大ファンだと知って喜び、雅治は小説の文節まで覚えていた。

さすがにガタローも気持ち悪いと雅治に話し、雅治はガタローの弟子にしてほしいと頭を下げて頼んだ。

その時、お風呂場のシャワーが突然落ちて寛子たちは怖がる。

ガタローは雅治に弟子はとらないと言い、今は自分の大学生活を満喫するように告げる。

根来はカーテンが動いた気がするとみんなに言い、さくらも気配を感じていた。

遅れて美咲がやってきてそれ以降何も起こらずガタローはさくらに帰ろうと言う。

ガタローは幸子との話を思い出して、幸子はさくらが生まれた時にさくらにもし好きな人ができたらさくらのことを信じるしかないと話す。

尾崎の知り合いに霊媒師がいてその人に頼んで雅治の部屋の除霊をしてもらうことになった。

ある日、霊媒師が雅治の部屋にやってきて意味のわからない霊媒を始める。

突然熱いとの言い出したりルービックキューブをしたりとどう見てもインチキな霊媒師は霊媒をして去っていく。

雅治はさくらにガタローにどうしても弟子入りしたいと打ち明ける。

霊媒師の駐車料金を代わりに支払いガタローが戻ろうとすると、霊媒師はさくらと雅治のことについて話をする。

一方、雅治はさくらにこれまで何をやっても普通な人生を送ってきて普通じゃないガタローに弟子入りすれば何かが変わるかもしれないと考えていた。

さくらにガタローを説得してほしいと雅治は頼んでさくらも了承した。

霊媒師は娘さんの恋路を親が邪魔するものではないと助言するがガタローは聞き入れない。

その夜、さくらは弟子入りすることを雅治が真剣に考えているとガタローに言い、ガタローはさくらと雅治がイチャイチャしている姿を想像して絶叫した。

大学でガタローは雅治に弟子入りを許す条件としてあっと唸らせるようなことをしろと言う。

雅治は畑で野菜を1人で育ててみせると宣言して野菜作りに取りかかる。

野菜作りに没頭する雅治、ガタローは死んだ畑で野菜を育てることは絶対に不可能と断言した。

一生懸命雅治は畑を耕し続けてようやく芽が出て喜ぶ。

しかし、雅治は熱中症で倒れてさくらたちが駆け寄る。

大学病院に搬送された雅治は医者から熱中症と聞かされて炎天下で畑仕事は絶対にダメだと注意される。

さくらはどういうことかとガタローに詰問してガタローはさくらと雅治の恋を邪魔したかったと話す。

しかし、さくらは雅治の弟子入りを勧めていただけで、ガタローは雅治がさくらとの恋愛を認めてほしくて畑仕事をさせたのだ。

雅治の病室に来たガタローは雅治に謝り雅治が普通という言葉にコンプレックスを感じていたけど雅治のこと普通じゃないと話す。

さくらはガタローが自分の恋路を邪魔するために雅治に畑仕事をさせたのだと知り「何やってんの、クソ親父!」と叫ぶ。

その言葉にガタローはショックを受けて塞ぎ込む。

夏休みの最後にさくらたちは海にいき、さくらはお母さんの星を見つけたかったとガタローに話す。

ガタローはお母さんの星はあるとさくらに言い、みんなは海へと向かうのだったーー。

ドラマ『親バカ青春白書』第2話の感想

さくらは雅治に恋をして、ガタローもそれに気付いてさくらと雅治との恋の成就を阻止しようとする。

父親にとって娘の恋の相手はいつだって気になるもの^ – ^

ガタローたちは雅治の部屋にやってきて雅治の部屋が事故物件だと知る。

ガタローはさくらに恋人ができることを嫌がってる、父親としては当たり前の反応か ʅ(◞‿◟)ʃ

弟子入りの条件として雅治が1人で畑で野菜を育てろと言う。

ガタローは融資無理難題をふっかけて雅治を諦めさせようとしているのか!

そこまでしてさくらとの恋路を邪魔したいのか。

まとめ

ドラマ『親バカ青春白書』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

畠山による予想外のカミングアウトでガタローをめぐる人間関係は新たなステージへ突入する!

さらに、突然一同を不気味な心霊現象が襲った。

予測不能な青春・ラブ・ホラー・熱血騒動が、ガタローの親バカで加速していた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎