ドラマ『MIU404』4話ネタバレあらすじ 1億円はどこにいった?

綾野剛&星野源主演のドラマ『MIU404』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

拳銃使用による殺人未遂事件が発生した。

被害者は元ホステスの青池透子で、加害者男性も含め現場から立ち去り…。

ドラマ『MIU404』第4話のあらすじ

拳銃使用による殺人未遂事件が発生した。

被害者は元ホステスの青池透子(美村里江)で、加害者男性も含め現場から立ち去る。

通報を受けた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、透子が駆け込んだ付近の薬局店へ急行した。

店主の証言では、透子は店内で銃創の応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って失踪した。

透子が過去に裏カジノ事件に関与していた事を知る桔梗(麻生久美子)の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追ったが…。

ドラマ『MIU404』第4話のネタバレ

第4機捜の志摩、伊吹、陣馬は居酒屋で酒を飲んでいて陣馬は桔梗の夫が事故で亡くなったことを話す。

伊吹は桔梗の夫として立候補しようと志摩に話しタイガーマスク現象の時にランドセルを贈ったことを話す。

その現象を見ていいことをしたい奴がいるんだなと志摩は考えていた。

この世に金がある限り事件が起きると志摩は呟いた。

その時、薬局付近で拳銃による殺人未遂事件が発生したとの通報を聞きつけて志摩と伊吹は現場に向かう。

薬局に来た志摩と伊吹は店員から怪我をして大金を持った女性が上着を買って出て行ったとの証言を聞く。

防犯カメラの映像を確認すると女性はスーツケースに1億もの大金を持っていた。

一方、暴力団の構成員が女性に発砲したとの証言を目撃者から聞く陣馬と九重。

1億円を待っていた女性は青池透子と言って裏カジノ事件で摘発されて逮捕された時に桔梗は面識があった。

殺人未遂事件は組織犯罪対策課と捜査一課に引き継がれて第4機捜の捜査は終わる。

桔梗は透子裏カジノ摘発で逮捕されたが被害者でもあると話す。

透子は裏カジノでギャンブルをしていたが返せないほどの借金を背負わされてカジノで働いていた。

客に上場企業の役員や官僚もいて、賭博開帳図利罪・幇助罪で起訴されたが情状酌量され、執行猶予1年の判決を受ける。

執行猶予が明けてからも身を潜めて暮らしていて暴力団と二度と関わらないと誓った。
 
PCショップACEの店員に透子のことを聞きに来た志摩と伊吹。

透子を探しに二人の男が来たこと、透子が多額の現金を持って店を出たとの証言する。

社長の冴羽にその事を話したら通報しないようにと言って店を出て行ったという。

桔梗は裏カジノの情報提供をした羽野麦を匿ったが裏カジノのオーナー・エトリが捕まらずに怯えていた。

個人的に羽野麦を家に匿い”はむちゃん”と呼んでいた。

桔梗は冴羽克己に事件のことを聞き込みすると言うが隊長の桔梗の代わりに陣馬が行くことになった。

今回の事件にエトリが関わっている可能性が低いと志摩は桔梗に話す。

桔梗ははむちゃんの為だけじゃなく多い方を助けたはずの透子が再び道を踏み外したならどうしてそうなったのか知りたいと志摩に告げる。

腹から血が吹きだす中透子は街を逃げ回っていた。

一億円を手にした透子はどこへ!?

陣馬と九重は暴力団住之江組のたまり場にやってきていきなり構成員に話しかける陣馬。

構成員だと思っていたが組体の刑事だと分かり情報を聞き出そうとする。

PCショップACEは暴力団の資金洗浄を行うフロント企業だと判明してこのショップで契約したSIMカードが犯罪に使われている形跡を桔梗が見つける。

刑事部長の我孫子にPCショップACEが暴力団の金を資金洗浄していた事実を報告した。

その金を透子が横領して逃亡し、その事に気づいた志摩は伊吹に伝えて伊吹は冴羽に直接聞こうと動きだす。

店の前まで来た志摩と伊吹は偶然冴羽が店から出てきて透子を見つけたと暴力団に電話で伝えているのを盗み聞きする。

志摩と伊吹は冴羽の車をまるごとメロンパンの車で追いかける。

透子が高速バスで空港まで向かっていると知り、暴力団も動き出した。

バスの停留所付近の防犯カメラを見ると透子と一緒のバスに透子を撃った暴力団の構成員が乗ったのを発見する。

高速バスを停めれば勘づかれて何をするか分からないと桔梗は言いバスを停めることに反対した。

しかし、我孫子は空港で銃撃戦になるよりもバスの中で発砲されたほうがマシだと桔梗に話す。

犠牲者をなるべく少なくするという我孫子の数の理論に桔梗は納得しなかった。

その時、志摩と伊吹は透子の乗ったバスに追いつき桔梗は無線で構成員が異変に気づく前に拘束するように指示を出す。

バスは指示通りに拘束を降りて伊吹が修理屋に装ってバスの中に入り構成員を拘束した。

しかし、バスの中にはもう一人構成員がいて志摩がバスの中に入ってもう一人を拘束した。

二人の構成員を連れてバスを降りそうとしたその時、冴羽が志摩に拳銃を向ける。

志摩は冴羽の拳銃を握りしめてこのままだと暴発すると冴羽に警告した。

冴羽は怯え切っていて志摩は拳銃を額に押し当てる。

伊吹はとっさに冴羽を蹴り志摩を助ける。

ちょうどその時陣馬たちが駆けつけて冴羽を取り押さえて伊吹は志摩の行動に怒り胸ぐらを掴む。

志摩は助けるのが遅いと伊吹に言い、ふたりは透子のそばに駆け寄る。

しかし、透子はすでに息を引き取っていて伊吹は必死に心臓マッサージをしていた。

志摩がスーツケースを確認すると1億円はどこにもなかった。

今回の事件はエトリとは関係なく住之江組が関与していたことが明らかに。

陣馬が透子の足取りを追いバスに乗り込むまでの4時間の間に誰かに渡したかどこかに隠したかと見られる。

透子のSNSの投稿を見るとPCショップACEの金の流れを見て暴力団が資金洗浄していると気づき少しずつ金を引き出し人生をやり直そうとしていたことがわかる。

志摩は桔梗と透子の話をして透子が誰にも助けを求めずに死んだことで私たちはいつも間に合わないと桔梗は後悔を口にする。

桔梗と志摩のそばに伊吹がいて伊吹は志摩に気を遣った。

透子がどうやって金を運び出そうとしたのか考えて宝石に替えて持ち出そうとしていたことに気づく。

透子が来店した宝石店に来た志摩と伊吹は透子が金を宝石に替えてその宝石をぬいぐるみの目に縫い付けていたことが明らかになる。

問題はそのぬいぐるみをどこに隠したかだが、透子のSNSを見ると何もできない女の子を助けると書かれていてその言葉にヒントが隠されている。

伊吹は透子が宝石をガールズインターナショナルに寄付したことに気づき志摩と共に輸送会社「EXPRESS MAIL DELIVERY」へ行く。

職員が言うには透子がイギリスへ送るウサギのぬいぐるみの荷受けをしたと証言して、透子が最後に一つだけ誰かの為に行きたいと思った。

それに気づいた志摩と伊吹はまるごとメロンの車で悠々と帰っていった。

一方、桔梗は羽野麦に必ず自由にすると約束した。

車の中で伊吹は二度とあんな危険な真似すんじゃねェぞと釘を刺して帰路につく。

ドラマ『MIU404』第4話の感想

元ホステスの青池透子は暴力団から資金洗浄した金を横領して逃走を図った。

しかしその途中で構成員に撃たれて透子は必死に逃げる。

銃で撃たれても逃げる透子の精神力がすごい(´⊙ω⊙`)

透子は暴力団から追われても必死で逃げて志摩と伊吹は透子を追跡する。

透子は奪った金を宝石に変えてガールズインターナショナルに寄付した、最後に人の役に立ちたかったのか…。

透子の気持ちが届くといいな。

桔梗が羽野麦に必ず自由にすると約束したシーンがよかった、羽野麦には透子のようにはなってほしくないという思いが伝わってくる。

エトリという人物が何者なのかこれは今後明らかになるな!

まとめ

ドラマ『MIU404』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

透子は店内で銃創の応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って姿を消した。

透子が過去に裏カジノ事件に関与していた事を知る桔梗の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追う。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする