ドラマ『MIU404』3話ネタバレあらすじ いたずら通報事件

綾野剛&星野源主演のドラマ『MIU404』第3話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。

西武蔵野署の刑事・毛利と向島によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであった…。

ドラマ『MIU404』第3話のあらすじ

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。

西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。

これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

ドラマ『MIU404』第3話のネタバレ

女性からの通報があり強制わいせつの疑いがあるとのことで陣馬と九重が現場に急行して容疑者を追跡する。

桔梗が甘い声で電話してるのを志摩と伊吹が後ろから聞いていた。

伊吹はずっとニヤニヤしていて、志摩に彼女がいるのかと尋ねる。

答えない志摩に彼女がいないと決めつける伊吹。

その時、陣馬と九重が第4機捜に戻ってきた。

110番通報がいたずら電話だったと陣馬は怒りながら志摩に話す。

陣馬と九重は西武蔵野署の刑事・毛利と向島からイタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであると聞かされる。

その遊びを実際に行い警察に通報して警察から逃げきれたら勝ちというゲームを犯人は楽しんでいると告げる。

容疑者の男はこれまで警察に捕まったことがないほど足が速いと聞き伊吹は興奮していた。

伊吹は犯人と対決しようと犯人が出没しような場所までメロンパンの車で走っていた。

いたずら通報の犯人は陸上部?

真木カホリが公衆電話から通報して元陸上部の勝俣奏太が警察から逃げる犯人役になる。

伊吹と志摩が現場に到着して、奏太がふたりの前に現れて伊吹が彼を追いかける。

伊吹は必死に追いつこうとするが追いつけずに逃げられてしまう。

奏太からいつの間にか成川岳に交代していて、伊吹を振り切って浮かれていた。

伊吹は公園でしょげていて、志摩がそんな伊吹を笑っていた。

第4機捜に戻った伊吹は犯人が複数してリレーで交代してたから逃げられたと言い訳のようなことを言って九重は信じなかった。

志摩は現場で4人組の犯人を目撃したと伊吹たちに話す。

4人組は防犯カメラが設置されている「みまもり自動販売機」の前にいて志摩は防犯カメラの映像を確認すると話す。

伊吹が眠った時、志摩は九重に伊吹のことを意外と買っていると言い何かのスイッチで罪を犯すこともあると語る。

正しい道に戻れる事もあれば戻れない時もあると志摩。

その時が来るまで誰にもわからないと志摩は装置を動かしながら話す。

一方、私立バシリカ高等学校にいた岳は先輩たちの不祥事で陸上部が廃部になって1人泣いていた。

私立バシリカ高等学校に来た毛利と向島はいたずら通報の犯人が陸上部の生徒だという疑いがあり陸上部がないかと確認したが陸上部はすでに廃部になっていた。

桔梗は私立バシリカ高等学校の校長が何か隠しているから調査するようにと志摩たちに指示を出す。

志摩たちは聞き込みを始めて、周辺校の女子生徒はバシリカ高等学校の陸上部には関わらないように先輩から言われたとの証言を得る。

彼女たちの先輩の大学生は陸上部からトローチ型の薬を売りつけられそうになったと話す。

その薬が“ドーナツEP”だと話を聞いてすぐに気づいた陣馬。

ドーナツEPとはMDMAの粗悪品で安値で流通されているので若者にも手が出しやすく一度口にしたらやめられなくなる。

桔梗は廃部前の陸上部の部員名簿を無理やり出させると決意した。

そんななか、バシリカ高等学校の校長・藤下は陸上部の部員名簿と岳と奏太の賞状を破棄した。

桔梗はいたずら通報をした子供たちを正しい道に引き戻すことこそ警察の役目だと話して伊吹は桔梗のことが好きだと話す。

伊吹は犯人の子供たちはまたやると言い、理由は”走りたいからだ”と告げる。

その頃、私立バシリカ高等学校にいた岳たちはもう一度走ろうと決意を固めていた。

いたずら通報事件の結末は!

いたずら通報があり、伊吹たちは現場に向かう。

伊吹が犯人を追跡して、九重が犯人たちを次々と逮捕する。

岳たちは散り散りに逃げて、伊吹たちは追いかける。

一方、虚偽通報をしたカホリは強制わいせつ事件の犯人である亀田に襲われて通報をする。

しかし、警察からは信じてもらえなかった。

声に緊迫感があり通報が本物だと知った警察は伊吹たちに報告してカホリが襲われた現場に向かわせる。

奏太は伊吹たちにどんな罰でも受けるからカホリを助けてくださいと泣きながらお願いした。

カホリが担がれて運ばれた可能性があると志摩は手分けしてカホリを捜索した。

志摩はカホリの落とした靴を発見して伊吹に報告した。

亀田がカホリに襲いかかろうとしたその時、伊吹が亀田に飛び蹴りして志摩も合流して亀田を確保しようとする。

亀田はスタンガンで伊吹に襲いかかり伊吹が間違って貯水プールに落とす。

伊吹が落ちそうになって志摩の腕を掴み一緒に貯水プールに落ちてしまう。

それを見た亀田はスタンガンで2人を感電させようとしたその時、陣馬が駆けつけて亀田を確保する。

奏太たちは保護観察処分になって、岳1人が逃走していまだ行方不明だった。

桔梗は薬を売ったのは陸上部の元部員で岳たちの先輩だったことを突き止めて何が何でも捕まえると決意した。

デートに行くと桔梗は言い第4機捜を出ていき、これから彼氏とデートに行くのかと想像して浮かれている伊吹に志摩は桔梗に小さい息子がいることを話す。

そんな中、岳は1人ドーナツEPを売った陸上部の先輩と再会して先輩と二人で叫んだ。

先輩は岳にドーナツEPを見せて一緒に気持ちよくなろうと話すのだったーー。

ドラマ『MIU404』第3話の感想

いたずら通報事件の捜査で伊吹と志摩は犯人を捜索する。

犯人は私立バシリカ高等学校の陸上部の生徒であると判明して伊吹と志摩はいたずら通報の現場に行き、元陸上部の岳たちと追いかけっこをする。

岳たちがいたずら通報をするのはとにかく走りたいからだな。

こういうことでしか自分の実力を証明できないとは悲しい>_< 伊吹には岳たちの気持ちが分かるのか、同じタイプの人間だから? 伊吹は奏太たちを追跡しているその時、陸上部のマネージャーだったカホリが強制わいせつ事件の犯人に襲われる。 必死で通報したけど、警察に信じてもらえない、「オオカミ少年」ならぬ「オオカミ少女」だな(`・ω・´) カホリは亀田に襲われるけど、伊吹と志摩が助けに来て亀田は逮捕された。 伊吹と志摩がカッコいい💕 ラストシーンでまさかの菅田将暉登場⁉️ 最後に菅田将暉が出るとは思わなかったなー♪(v^_^)v

まとめ

ドラマ『MIU404』第3話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

れまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)。

伊吹は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げた。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入る。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする