ドラマ『MIU404』2話ネタバレあらすじ 移動立てこもり事件

綾野剛&星野源主演のドラマ『MIU404』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を持った。

そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走しているという無線が入って…。

ドラマ『MIU404』第2話のあらすじ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。

そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走しているという無線が入る。

容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器を持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。

加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺う。

だが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

ドラマ『MIU404』第2話のネタバレ

伊吹と志摩は任務から戻り話が脱線して言いたいことを忘れることがよくあると伊吹は話す。

伊吹は殴ったことを謝ってもらってないと志摩は言い志摩もなぜメロンパンの車に乗ってるのかと疑問を口にした。

第4機捜に戻った志摩は桔梗から機捜の車は使わせないと叱られる。

第4機捜の分駐所は芝浦警察署のすぐ裏に移転して本部が建設されるまではここから出動することになった。

メロンパンの車でパトロールをしていると伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。

その時、殺人事件の容疑者が逃走したとの通報を受けて前の車の後ろに乗っていた男の袖が犯人の特徴である黄緑色の服と一致した。

伊吹の話に志摩は最初疑ったが桔梗に犯人らしき男が乗った車が前を走っていると報告した。

一方、陣馬と九重は殺人事件があった現場に行き現場検証をしていた。

陣馬は犯人が血のついた手で触った後が現場にあるのを発見する。

ドアノブにだけ血がついていないことを考えると容疑者の加々見祟が犯人ではないのではと九重は陣馬に言うが陣馬は所轄に報告するだけにした。

そんななか、伊吹は前の車を引き続き追跡していた。

加々見は田辺夫婦を人質にとって逃走をしていて、検問に引っかかったので息子のふりをしてやり過ごす。

田辺夫婦の家に陣馬と一緒に来た九重はなぜ志摩が伊吹の暴走に付き合うのか疑問に思っていた。

九重は第4機捜に来る前に志摩のことを調べていて、志摩が過去に相棒を殺して飛ばされたと話す。

志摩が伊吹の運転する車で田辺夫婦の乗る車を追跡していると、陣馬から田辺夫婦の息子は自殺してすでにこの世にいないとの連絡を受ける。

その頃、田辺将司は今日が息子の命日だと加々見に話し生きていればちょうど加々見と同じ年頃だと言い運命を感じていた。

その話を聞いた加々見は逆上して持っていた凶器を振り回す。

本当に人を殺したのと将司の妻の早苗は尋ねる。

走る立てこもり事件の行方は?

加々見は殺してないと早苗と将司に訴えてふたりは加々見の言葉を信じた。

そんな時に、志摩が田辺夫婦の車に駆け寄りバックドアに何か挟まっていると教えた。

帰った時に後部座席を見て加々見が容疑者の特徴と一致していると確認する。

志摩はトランクにボイスレコーダーを仕掛けて中の会話を聞く。

陣馬に容疑者の乗っている車を追跡していると報告した。

加々見は仕事もなくネットカフェでその日暮しをしている時に同級生の岸に仕事を紹介してもらって感謝していると田辺夫婦に話す。

その岸は被害者に解雇されてネットで誹謗中傷していた。

今は山梨の実家にいると桔梗は報告を受ける。

田辺夫婦の車も山梨に向かっていた。

岸が被害者を殴って解雇されてそれを恨んで殺害したと加々見は告白した。

その会話を聞いて伊吹は志摩に自分の無実を証明するために逃げていると告げる。

加々見は無実を証明できるか!

伊吹の話を聞いても志摩は加々見を信じず刑事の仕事は疑うことだと警告した。

その時、桔梗から連絡が入り、田辺夫婦の家の近所にある花屋の防犯カメラに加々見が凶器を使って田辺夫婦を誘拐する姿が映し出されていた。

パーキングエリアに停まった田辺夫婦は加々見をまるで息子のように接した。

将司は加々見とトイレに行った時息子が自殺した時の話をした。

将司の息子は学校でクラスメイトの財布を盗んだ犯人だと疑われて将司にも信じてもらえずに自殺した。

将司は息子がどういう気持ちで自殺したのか未だに分からないと泣き、もしあの時に戻れるなら息子を信じてやりたいと加々見に話す。

加々見はその話を聞き将司の背中に触ろうとしたその時、伊吹が加々見を連行しようとした。

伊吹に気づいた将司は伊吹にしがみつき加々見を逃がそうとした。

志摩も加々見を捕まえようとしたが早苗に邪魔されて加々見は逃走した。

志摩は加々見が犯人だと知ってて逃したのなら犯人隠避の罪に問われると田辺夫婦に警告した。

そんななか、九重から連絡があり岸が東京にいて事件のことを何も知らなかったことが判明する。

岸は犯人ではなかったことが分かり伊吹と田辺夫婦はショックを受ける。

「人は信じたいものを信じる」と志摩は田辺夫婦に言い、犯人が殺してないと訴えるのは自分の犯した罪を認めたくないからだと語る。

志摩の説得で田辺夫婦は加々見の行く先を教えて志摩と伊吹は加々見を追いかける。

一方、加々見は実家に戻ってきて包丁を突き立てながら父親を探す。

加々見の父親は加々見が幼い頃に彼に暴力を振るい自分のしたことを決して謝らない人だった。

その父親と被害者の松村が似ていて、加々見は松村に押さえつけられた時に父親にされたことを思い出して逆上して松村を殺してしまう。

松村を殺してしまった後悔でしばらく会社で蹲っていた加々見は社員が来た時に慌てて逃げたのだ。

加々見は自分の犯した罪を謝罪させるために松村を殺害して、父親を探すが岸から父親が2年前に交通事故で亡くなったことを聞かされて絶望する。

その時、伊吹と志摩が現れて人を殺すのはダメだと訴える伊吹。

志摩は人の命はやり直せないと加々見に語りかけ、加々見は警察に逮捕された。

田辺夫婦が現場に駆けつけて出所した時に旅行に行こうと約束していた。

伊吹と志摩が蕎麦屋で食べていて、志摩は伊吹に殴ったことを謝った。

志摩は人は一度命を失ったら二度と戻ってこない、どんなに願っても…と伊吹の前で呟くのだったーー。

ドラマ『MIU404』第2話の感想

殺人事件の現場から凶器を持って逃走した加々見は田辺夫婦を人質にとって移動立てこもり事件を引き起こす。

加々見が本当に犯人なのか、志摩と伊吹は田辺夫婦の車を追跡しながら調べていく。

志摩と伊吹、田辺夫婦のお互いの車から伝わってくる緊迫感が伝わってくる。

田辺夫婦の車内の会話を聞いて伊吹はすぐに加々見のことを信じたが志摩は疑っていた。

志摩と伊吹の考え方の違いでまたもや衝突してるな!

加々見は誰もいない実家にやってきて父親に自分の犯した過ちを謝罪させようとしたけど、父親はすでに亡くなっていた。

虐待された父親が死んでやり場のない怒りと憎しみを加々見は志摩と伊吹にぶつける。

虐待が引き起こした悲劇だ、加々見は罪を償っていつか田辺夫婦と本当の親子の関係を築ければいいな…。

まとめ

ドラマ『MIU404』第2話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司と助手席の妻・早苗が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺う。

だが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていくのだった。

志摩は人の命はやり直せないと加々見に語りかけ、加々見は警察に逮捕された。

田辺夫婦が現場に駆けつけて出所した時に旅行に行こうと約束する。

伊吹と志摩が蕎麦屋で食べていて、志摩は伊吹に殴ったことを謝る。

志摩は人は一度命を失ったら二度と戻ってこない、どんなに願っても…と伊吹の前で呟く。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする