ドラマ『MIU404』1話ネタバレあらすじ あおり運転事件の真相

星野源&綾野剛主演のドラマ『MIU404』第1話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となる。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったがのちにとんでもないトラブルに見舞われる…。

ドラマ『MIU404』第1話のあらすじ

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だった。

だが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態になる。

やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集める。

ところが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になっていく。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。

初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

ドラマ『MIU404』第1話のネタバレ

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制になった。

1機捜と4機捜の隊長である桔梗ゆづるは記者会見で機捜=MIUの説明をする。

警視監の我孫子豆治に4機動捜査隊を承認してもらうように言い我孫子はある人物を機捜に入れることを条件に承認した。

桔梗の運転手を所轄刑事だった志摩が務め、4機動捜査隊にやってきた。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)。

志摩は新しく相棒になる候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)とやむを得ずバディを組むことになる。

伊吹がどんな人物かを探ろうと同僚刑事に伊吹のことを聞くがみんな揃って「足だけは速い」と言っていた。

そして、迎えた第4機捜任務初日。

志摩は先に第4機捜に行ったと聞かされて伊吹を追いかける。

伊吹と会った志摩は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く。

伊吹が車を運転していたその時、赤い車が車間距離を詰めてきた。

あおり運転をされて怒った伊吹は妨害をして赤い車を追いかける。

伊吹は乱暴な運転をして赤い車を停めさせた。

赤い車が乱暴な運転をしたせいでおばあさんが転んでしまい伊吹がブチ切れた。

男二人が喧嘩をしていると通報があり陣馬耕平と九重世人の二人が現場に駆けつける。

あおり運転をした男は伊吹が警官だと信じずに喧嘩を売ったが確認がとれてナンバーも控えられたので大人しく帰っていく。

志摩はおばあさんの落とし物を見つけて伊吹が道を譲ってたらおばあさんも転ぶことはなかったと注意する。

第4機動捜査隊に戻った志摩は伊吹のような単純な馬鹿が一番怖いと話す。

隊長として伊吹が隊員として適性がないと判断したら奥多摩に帰すと桔梗から言われたと陣馬は志摩に告げる。

暴行事件の通報があり現場に駆けつけた志摩と伊吹。

一方、交番に一人の少女がやってきておばあちゃんと逸れたと言う。

志摩たちは現場周辺に聞き込みにいき、被害者はカレー店で食事をした後に店の外に出て殴られたとのこと。

犯人は被害者を殴って被害者の体をまさぐって何かを奪い取り逃走したとの証言があった。

電話の内容を聞いていたという目撃者に伊吹が話を聞いたが詳しい内容までは覚えていなかった。

被害者が鍵を手に持っていたとの証言があり近くに車を停めてあったと推理して現場近くに一つしかコインパーキングがなくその方向に犯人が逃走したと志摩は話す。

おそらく犯人は被害者の車を盗むか中にある物を奪おうとしたかのどっちかだろうと志摩は考える。

伊吹のフードにレコーダーを仕込んでいて証言を録音していた。

志摩は自分も他人も信用しないと伊吹に告げてコインパーキングに行く。

そこで志摩たちの車をあおった男の赤い車がありその車に備え付けてあったドライブレコーダーがないのに気づく。

赤い車の運転者で暴行事件の被害者の水島善次郎は白い車に尾行されていてその車を運転していた男が今回の犯人。

犯人は水島の車をあおり運転していてその証拠を隠滅しようとドライブレコーダーを盗んだのだ。

そこまで調べて志摩は捜査情報を所轄刑事に引き渡して伊吹とともに車に乗り込む。

機動捜査隊は所轄や捜査一課が捜査を開始するまでの間に情報を集めて引き継ぎをするまでが仕事なので伊吹はやりがいがないと文句を言う。

自分のことを正義だと言っているやつが一番嫌いだと志摩は伊吹に怒る。

その時、行方不明の通報があり昼間に会ったおばあさんだった。

行方不明になった西田ふみこの孫の千砂が交番に届け出て、このままおばあちゃんが見つからなかったらどうしようと不安に思っていた。

伊吹はふみこを探しに行くがおもちゃ屋で孫のためにおもちゃを買った後の行方が途絶える。

人探しは機捜の仕事じゃないと志摩は伊吹に言い伊吹が暴行事件の犯人の白い車を見たような気がした。

第4機動捜査隊は仮の部隊で上層部から認められなければ解散だと桔梗は志摩たちに言い、彼女は志摩を期待していた。

犯人の白い車のナンバーは偽造ナンバーだったことが判明してあおり運転をしてあおり運転返しをした車を追いかけて車を破壊して回っていた。

水島も犯人の車にあおり運転をされてあおり運転をやり返したから暴行されたことがわかり志摩が不毛な争いだと告げる。

マウントの取り合いは悲劇しか生まないと志摩は呟き、伊吹はやっぱり自分が見た白い車は犯人の車じゃないかと話す。

犯人の車を見た時に何か違和感を感じていてそれが何かずっと考えていた。

その答えはエンジン音だと気付いた伊吹。

その白い車は防犯カメラ映像のエンジン音と同じで、ナンバーは多摩ナンバーで犯人がナンバープレートを変える前に緊急配備をすると伊吹は言い出す。

伊吹を志摩は止め、権力を持っているからこそ警察は慎重に動かなきゃならないと注意する。

緊急配備までしいて間違ったじゃ済まないと志摩は伊吹に怒鳴る。

伊吹が白い車を見かけた場所の周辺に聞き込みに行き、志摩は犯人を見つけても無茶な真似はやめろと注意した。

反対車線に犯人の車と同じ車種の車が走ってきて車を追いかける伊吹と志摩。

陣馬と九重が犯人の車と遭遇して追跡する。

目の前の信号が赤になり通行人が通ろうとしている時に犯人の車が猛スピードで突進しようとしていた。

このままでは大惨事かと思われたその時、志摩が車を犯人の車の前に立ちふさがり犯人は志摩の運転していた車に突っ込んだ。

志摩と伊吹の乗っていた車は吹き飛んで伊吹は犯人の車を走って追いかけた。

志摩も犯人を追跡して伊吹が倉庫で犯人を追い詰める。

犯人は追い詰められて伊吹に攻撃したが伊吹が犯人を取り押さえる。

志摩も倉庫に駆けつけたが伊吹はこんなクソ野郎は撃ってもいいよねと犯人を撃とうとした。

しかし、伊吹が持っていたのはふみこが千砂のために買ったおもちゃを持っていた。

怒った志摩は伊吹を殴り犯人に手錠をかけた。

事件は解決したが車は廃車になり桔梗は大激怒!

犯人は大麻の密売人だったらしくお手柄だったが桔梗は伊吹を叱っていた。

志摩を呼び止めて伊吹に適性があるか聞いた桔梗。

伊吹はふみこと千砂が感動の再会をしたのを見て機動捜査隊は最悪の事態になる前に止められる機捜の仕事は最高と言っていた。

その言葉を聞いていた志摩はとりあえず保留ですかねと桔梗に告げるのだったーー。

ドラマ『MIU404』第1話の感想

第4機捜が今回捜査するのは近年問題になっているあおり運転、志摩と伊吹のでこぼこコンビが事件解決に挑む。

あおり運転の常習者の水島が志摩と伊吹の乗った車を煽って伊吹は激怒して水島を捕まえる。

その水島は何者かに重傷を負わされて、水島にあおられた仕返しにカレー店から出てきたところを襲った。

鍵を奪ってあおり運転の証拠となる映像が収められたドライブレコーダーを奪って逃走した。

この犯人が安本という男で、安本と伊吹の追いかけっこが迫力があってよかった。

伊吹が安本に怒り安本を殺そうとしたけど、手に持っていたのがおもちゃで志摩は怒って伊吹を殴った。

志摩も殴りたくなるよね…。

伊吹はめちゃくちゃな奴だけど志摩は彼のことを少し認めるシーンが印象的💗

まとめ

ドラマ『MIU404』第1話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

第4機捜任務初日を迎える。

初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だった。

犯人は追い詰められて伊吹に攻撃したが伊吹が犯人を取り押さえる。

志摩も倉庫に駆けつけたが伊吹はこんなクソ野郎は撃ってもいいよねと犯人を撃とうとした。

しかし、伊吹が持っていたのはふみこが千砂のために買ったおもちゃを持っていた。

怒った志摩は伊吹を殴り犯人に手錠をかけた。

犯人は大麻の密売人だったらしくお手柄だったが桔梗は伊吹を叱っていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする