ドラマ『未満警察』8話ネタバレあらすじ アポ電強盗事件の結末は?

中島健人&平野紫耀主演のドラマ『未満警察』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

連続猟奇殺人犯「スコップ男」とされた父の冤罪を訴える姉弟による警察学校立てこもり事件が心に引っかかったまま、本間快と一ノ瀬次郎は交番での実務実習の日を迎えていた。

ドラマ『未満警察』第8話のあらすじ

連続猟奇殺人犯「スコップ男」とされた父の冤罪を訴える姉弟による警察学校立てこもり事件が心に引っかかったまま、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)は交番での実務実習の日を迎える。

そんな折、制服警官が襲われ拳銃を奪われる事件が発生。その銃を使った強盗殺人事件も起り、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)からも細心の注意をもって交番での実習に臨むよう命じられる。

実習開始早々、近くの民家に暮らす引きこもりの野々村晴至(松尾諭)から、家に強盗が入り母親が拳銃で撃たれたと110番通報が入る。

2人は指導役の先輩警察官のあとを追って現場へ急行する。

するとそこには、銃で撃たれ横たわる晴至の母・野々村玲子(銀粉蝶)と、腰を抜かして震えている晴至の姿があった。

晴至のことを心配した本間が「この状況では隠れるしかなかったと思います。じゃなきゃ晴至さんまで撃たれてました」と声をかけると、晴至は「隠れてない」と連呼しながら2階へ上がり部屋に閉じこもってしまう。

そして事件現場には、刑事の柳田晋平(原田泰造)と稲西結衣(中村ゆり)も駆けつける。

だが、柳田は捜査中にも関わらずどこか上の空で…。

その夜、寮に戻り、晴至に無神経なことを言ったことを反省する本間だった。

同じ頃、立てこもり事件の時から様子のおかしい警察学校の同期・橘冬美(大幡しえり)は、寮の部屋で古い携帯電話を見つめていて…。

ドラマ『未満警察』第8話のネタバレ

男性が多量の出血で倒れたとの通報があり警官が駆けつけると、男2人が警官の拳銃を奪って逃走した。

本間は事件に遭遇するたびに壊れたメガネを見ていて、父親の無実を訴える姉弟の立てこもり事件を思い出していた。

交番実習が始まり本間と一ノ瀬もいよいよ実習をすることになった。

一方、稲西と柳田は女性が射殺された現場に来ていた。

凶器は先日警官から奪われた拳銃が使用されていた。

柳田は本間と一ノ瀬が実習をする交番に電話をかけて2人のことを注意してみてみるように話す。

本間と一ノ瀬は実習先の交番に来たが、警官は2人を部屋に閉じ込めた。

交番に女性が訪ねてきてメンチカツをご馳走になった。

その女性は野々村といって、電話詐欺の注意喚起をするポスターを用意して持ってきてくれた。

女性の息子は野々村晴至と言って引きこもりだった。

野々村家にオレオレ詐欺の電話がかかってきて何事もなく応対した。

野々村は騙されたフリをして警察に通報した。

野々村が玄関に出ると見知らぬ警官が2人いて男たちは家に押し入り銃を発砲する。

男2人組は家で金目のものを探していて不審に思った晴至が二階から降りてきて強盗を目撃した。

交番の警官は野々村が撃たれたと通報を受けて現場に急行する。

警官が現場に到着すると放心状態の晴至がいた。

野々村を意識不明にしたのはアポ電強盗で、本間は晴至に事情聴取をするが晴至は取り乱す。

柳田はなぜ犯人が2人組だと分かったと本間に尋ねる。本間はチラシにあった2種類の靴跡と、拳銃が二丁盗まれていることから2人組だと考えたと話す。

警察学校に戻った本間は警察官としての信用を取り戻すために晴至と話がしたいと一ノ瀬に告げる。

一方、野々村を銃撃した2人組は河東から野々村と晴至を殺せと命じる。

本間と一ノ瀬は交番から抜け出して警官は柳田に報告した。

2人組の男は野々村家に侵入したが、そこに本間と一ノ瀬がやってくる。

そこに柳田が来てピッキングの道具があることに気づき誰かが中にいると察する。

柳田は野々村家に潜入して様子を見て本間と一ノ瀬を中に入れた。

柳田が本間と一ノ瀬に晴至の部屋に案内して、晴至が犯人2人組のことを調べていることを知る。

そんななか、晴至は黒岩から拳銃を奪い本間が晴至の部屋の様子を見て自分の手で復讐するために調べたのだと気づく。

稲西は黒岩から拳銃を奪った犯人の特徴を聞き出す。

稲西は柳田に黒岩から拳銃を奪ったのは晴至だと報告した。

本間と一ノ瀬に晴至が拳銃を奪ったと柳田は話す。

本間が晴至が実弾入りの拳銃だと思って犯人のところに乗り込もうとしていゆとしたら、晴至が殺されるかもしれないと本間は考える。

一方、晴至は男2人組に銃を向けて引き金を引くが弾は入っていなくて男2人組につかみかかる。

そこに、河東がやってきて晴至に実弾の入った拳銃を向ける。

本間は一ノ瀬から男2人組が野々村家に侵入してきたことを伝えられる。

柳田と稲西は犯人グループがいる事務所に押し入って河東を拘束した。

河東がアポ電強盗の実行犯じゃないと気づいた柳田は実行犯がどこにいるかと詰問した。

その頃、実行犯の男はナイフを持って病院に行き息子のフリをして玲子を殺害しようとする。

その時、本間と一ノ瀬が現場に駆けつけて男を倒した。

警官によって男は連行されて、本間は病院に来た晴至に余計なことを言ってすみませんでしたと謝った。

晴至は玲子の病院にきて玲子は晴至を褒めていた。

稲西は本間と一ノ瀬が犯人が口封じのために玲子を殺そうとしたことにいち早く気付いて現場に到着したことを褒める。

その話を聞いた柳田はこのままじゃまずいなと車の中で呟いた。

一方、スコップ男は国枝を拘束して、罪を告白しろと強要した。

片野坂と及川は稲西から国枝が失踪したと報告を受けて、アポ電強盗の時から柳田が心ここにあらずだったと話す。

本間は立てこもり事件の時から時が止まったような気がすると一ノ瀬に話す。

本間と一ノ瀬は同期たちにスコップ男を捕まえたいと告げる。

そんななか、寮の部屋で橘はスコップ男の正体がわかったと誰かに話していた。

本間と一ノ瀬が寮の部屋に戻ると「スコップ男の事件から手を引け」と窓に赤いスプレーで書かれていた。

2人が窓の外を見るとフードを被ってスコップを持ったスコップ男が雨の中立っていた。

そのスコップ男の正体は柳田だった…。

本間と一ノ瀬はスコップ男の正体が柳田だと知って驚愕していたーー。

ドラマ『未満警察』第8話の感想

本間と一ノ瀬は交番実習をすることになり交番に行くが、部屋に閉じ込められてしまう。

無茶をする2人だから余計なことはして欲しくないんだな(`・ω・´)

野々村家でアポ電強盗で玲子が撃たれて晴至は母親の復讐のために黒岩から拳銃を奪う。

晴至は犯人に復讐をしようとするが逆に捕まってしまう。

柳田と稲西によって河東は逮捕されて、ほんまと一ノ瀬で実行犯の男を捕まえる。

それぞれに大活躍しているな、どっちもカッコいいー💕

本間と一ノ瀬は姉弟のためにスコップ男の事件を洗いなおす。

スコップ男の正体は柳田なのか、事件の真相は第9話で明らかになるのか!?

まとめ

ドラマ『未満警察』第8話のドラマれひはいかがでしたでしょうか?

寮に戻り、晴至に無神経なことを言ったことを反省する本間だった。

同じ頃、立てこもり事件の時から様子のおかしい警察学校の同期・橘冬美は、寮の部屋で古い携帯電話を見つめていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする